メンバー紹介、演出家の明野原という人物 | 演劇集団プラチナネクスト 稽古場ブログ

演劇集団プラチナネクスト 稽古場ブログ

演劇集団プラチナネクストは、文学座が開設した「プラチナクラス」の卒業生が立ち上げた演劇集団です。


テーマ:

長山です。いよいよ本公演まで10日を切ってしまいました。

劇団あけの明星のメンバーを順に紹介することにします。

まず一番は演出の明野原。

メンバーは彼を「あけの」とか「主宰」と呼びますが、もちろん「あけの明星」の語源でもあり名付け親でもあります。

すなわち主宰は創立者であります。他の創立メンバーで現在残っているのは私長山と照明チーフの杉崎のみとなりました。

つまり明野原と長山の学生劇団メンバーを中心に、当時私の妻だった杉崎を裏方に引っ張り込んで起ち上げたのでした。

明野原は演出家としての技量はともかくとして、劇団の精神的支柱であります。今回の公演でも突発的な事件が起こりますが、最後は彼の決断によって無事に公演の初日を実現しました。

これまで主宰は確信がなくてもとりあえず言いっ放すという得意技で数々の危機を切り抜けて参りました。後は我々メンバーが何とかするという奇妙な信頼関係が成立するのです。

ま、すなわち明野原はそう言う意味での「人格者」であります。

(文責:長山)

プラチナネクストさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス