“ Blood Brother ”

テーマ:

勝 新太郎という人間的に大きく、深い親父と毎晩の様に飲み歩き、朝方六本木の勝プロに戻って来ては、二人で色んな話しをしながらまた飲む、というローテーションが出来上がってたある時、

 

「ピピ、(親父はこう呼んでた!)人間の出会いって不思議なもんだろ!お前と俺は歳は勿論、生まれた場所も育った環境も違うのに、こんなに親しくなれるんだよ!きっと、同じ様な感性、バイオリズムで生きてきてる奴って直ぐに一緒に遊べるんだよ!、付き合いってのは永さじゃないんだ!」


って言ってたが、昨年12月15日に逝ってしまったCOOLS memberのマチャミ(玉川 雅巳)もそれに近いものがあった。

 

そのマチャミの告別式が終わった夜、詩とメロディが湧いてきて
直ぐに出来上がったのが、『 Blood Brother 』という歌だった!

 

 

“ Blood Brother ”

Hey Brother ! 淋しいよ  お前が消えた  この街は
Hey Brother ! 毎日が     青春だった  表参道
                お前は  今  はるか遠く  天国までの  永いHighway
                愛を乗せ  走り出した  戻ることない  一人の旅
Hey Brother ! やりきれない  小さくなる  背中がにじむ
Blood Brother  いつまでも  俺らはずっと  忘れないよ

Hey Brother!無邪気に  「ボス、みんな〜!」最高だよと
Hey Brother!はしゃいでた  笑顔が似合う  ダチ思いの奴
               少年のまま  ヤンチャなままの  お前はいつもheroだった
               そんなお前が  bedの上で  もがき苦しみ  溢した涙
Hey Brother ! どうしようもない  何も出来ない  無力な俺
Blood Brother「戻れるからまた走ろうよ!」と言ったじゃないか

Hey Brother ! 叫んでも  振り返らず  去って行くのか
Hey Brother ! ちょっとだけ  のんびりゆっくり  走って行けよ
             イラつかずに  待ってろよ  俺らが行くまで 追いつくまで
             待てずに先に  着いたなら  溜まれる店を見付けといてくれ
Hey Brother ! あの頃みたいに  朝が来るまで  バカやろうぜ
Blood Brother  皆んなでまた  夢の中を  駆け抜けようぜ

 

 

 

マチャミ〜!
12月15日原宿クエストホールに聴きに来いよ!