“ Blood Brother ”

テーマ:

勝 新太郎という人間的に大きく、深い親父と毎晩の様に飲み歩き、朝方六本木の勝プロに戻って来ては、二人で色んな話しをしながらまた飲む、というローテーションが出来上がってたある時、

 

「ピピ、(親父はこう呼んでた!)人間の出会いって不思議なもんだろ!お前と俺は歳は勿論、生まれた場所も育った環境も違うのに、こんなに親しくなれるんだよ!きっと、同じ様な感性、バイオリズムで生きてきてる奴って直ぐに一緒に遊べるんだよ!、付き合いってのは永さじゃないんだ!」


って言ってたが、昨年12月15日に逝ってしまったCOOLS memberのマチャミ(玉川 雅巳)もそれに近いものがあった。

 

そのマチャミの告別式が終わった夜、詩とメロディが湧いてきて
直ぐに出来上がったのが、『 Blood Brother 』という歌だった!

 

 

“ Blood Brother ”

Hey Brother ! 淋しいよ  お前が消えた  この街は
Hey Brother ! 毎日が     青春だった  表参道
                お前は  今  はるか遠く  天国までの  永いHighway
                愛を乗せ  走り出した  戻ることない  一人の旅
Hey Brother ! やりきれない  小さくなる  背中がにじむ
Blood Brother  いつまでも  俺らはずっと  忘れないよ

Hey Brother!無邪気に  「ボス、みんな〜!」最高だよと
Hey Brother!はしゃいでた  笑顔が似合う  ダチ思いの奴
               少年のまま  ヤンチャなままの  お前はいつもheroだった
               そんなお前が  bedの上で  もがき苦しみ  溢した涙
Hey Brother ! どうしようもない  何も出来ない  無力な俺
Blood Brother「戻れるからまた走ろうよ!」と言ったじゃないか

Hey Brother ! 叫んでも  振り返らず  去って行くのか
Hey Brother ! ちょっとだけ  のんびりゆっくり  走って行けよ
             イラつかずに  待ってろよ  俺らが行くまで 追いつくまで
             待てずに先に  着いたなら  溜まれる店を見付けといてくれ
Hey Brother ! あの頃みたいに  朝が来るまで  バカやろうぜ
Blood Brother  皆んなでまた  夢の中を  駆け抜けようぜ

 

 

 

マチャミ〜!
12月15日原宿クエストホールに聴きに来いよ!

【緊急告知】

テーマ:

既に公開中の2018/12/15(sat)原宿クエストホールでの水口晴幸 with Normal Partsの公演情報ですが、チケットの入手方法がわからないとoffice、スタッフ、水口本人へ、お問い合わせが届いております。
わかりにくく大変ご不便お掛け致しました。

 

※当日は、スタンディング(椅子のご用意もございます)ビュッフェ+フリードリンクとなっており、事前お申し込みが必要となりますので必ず(ripple2016@pitpirockway.com)此方へメールにてお申し込み下さい。
宜しくお願い致します。
office ripple

 

チケットのデザインが出来上がりました!
永久保存版!是非ゲットして下さい!

“ そうだったのか!”

テーマ:

このストーリーは実に興味深いです!

 

実は、昨夜マチャミの娘(紗楽)から電話があった時、表記された“ マチャミ ”の名前に驚いた事を書いたけど(※)、

ちょうどその時間帯に今回のフライヤーを頼んでた人が、何度データをPCに転送しても送れなくて、翌日にしようと思い最後にもう一度挑戦してみたら転送出来て、それをコピーする為用紙をセットして何枚か試し刷りをして、取り出したフライヤーを見て驚いたんだと今日、後日談として聞いて俺も驚いたと同時にマチャミらしいなって思った。

 


 「30枚くらいコピーしても、マチャミさんの顔だけが真っ白に擦り切れてしまって誰だかわからない状態なんです。」と。
俺も見せてもらったけど、確かに30枚ほどマチャミの顔だけが真っ白に擦り切れている。
と、娘から電話が来て「家族で話たんだけど、あの写真良いと思って送ったんだけど変えませんか?」
って!


 「実は、こんな事があって変えようかと思ってた!」
 「凄いストーリー…!」
マチャミが紗楽を使ってメッセージしてきたんだ!絶対!
…!
という事で、こちらの写真に変更しました。

 

 

< 追伸 >
因みに、下に描かれているCOOLS メンバー達のイラストは北海道に住んでる、マチャミも仲良くしてたイラストレーター岡崎氏
が描いたもので、このフライヤーをデザインしてくれたのは、俺の “ The Working Class Band “のドラム担当の熊野がやってくれたものです。

 

ありがとう。

 

(※)この部分は水口晴幸Official Facebook Pageのコメント欄に本人が投稿した文章の事です。