世界の富豪の「習慣」

88%がビジネス教本などを1日30分以上読む
86%が読書家である
81%が「To Doリストを必ず書く」
  • 24 Mar
    • 日本の未来

      世の中が厳しく、ストイックな世の中になっている。タバコ、未成年の喫煙、浮気政治家の不正、遊び、早見優など線路立ち入り残業やブラック企業に対して、厳しくなっている。なぜこんなストイックな世の中になっているのか。経済が縮小し、財布のひもをしめているのも原因。お金がないとストレスがたまる。それで皆が癒しをもとめ、癒し産業が全盛だ。また科学が世の中を少し変えている。ドローンの登場、AI,それらが、今までの人間の仕事を次々に奪い雇用を奪う。安全神話も崩壊してきている。終身雇用、年功序列はとっくに壊れた。科学はどんどん進歩している。技術はどんどん進歩している。そして、我々日本人も価値観が変化している。このストイック&癒しブームは一時的なものなのか。それとも、完全なパラダイムシフトが起きているのか。中世の世界の再来か。働くことは、悪とされていた中世。一生懸命働くよりは、神に祈るのが、正しいとされていた世の中。その時、何が流行っていたかが重要。まったく同じ価値観がくる。我々がぼんやりと、何を信じればいいかわからない時代。次にくるのは、中世の価値観。時間あまり、金なし、資源なしの時代。時間は豊富にある。金は少ない。資源も少ない。人口も少ない。情報は膨大にある。この時に、どのようなパラダイムになるのか。抽象画が流行る。宗教が流行る。自分オリジナルを皆作りたがっている気がする。大量生産大量消費から、ニーズが変わってきており、少量生産、消費者のニーズ、選択肢が多くなっている。その次は、自分で作る時代。ティファニーが、自分だけの時計を作ることを提案している。自分だけのオリジナルがキーワードになっている。「体験」というものは、キーワード。自分オリジナル、宗教、抽象画。金なし、資源なし、時間あまり。ネタ消費、動画、ゲーム、欲求の減少。未来や、これからの価値観を提示するのが一番価値がある。ビジョンを示すのが、一番価値がある。なぜならば、皆迷子だからだ。時代の迷子、時代の移り変わりの時期に何を信じ、どこに向かって進めばいいかわからない。金を信じ、がむしゃらに働くことが正義。モーレツはビューティフルという価値観。これは、終わりを告げている。バランスを極めたものが、最高のビューティフル。バランスは、ビューティフル。バランスこそ、ビューティフルだ!モーレツがビューティフルからバランスがビューティフルの時代へ!遊び、仕事、家庭、すべてバランス。そのバランスの比率が完璧な人が美しいのだ。では、どのようなバランスが美しいのか。国の世話にならない、借金大国の日本からお金を借りないというのは重要。健康はキーワードになってくる。健康な人は、ビューティフル。フィジカルにもメンタルにも、クールである。タフな人は、恰好いい。健康であるということは、その人自身のためだけではなく企業のため、国のため、将来の日本のためでもある。病気になってから慌てるというのではなく予防というのがとても重要。よく眠れているかどうかというのは、重要。浅いつながりで、人とつながっている感がありストレスがたまりやすい。実は、性感マッサージは最強のシステム。たった1万円で、宇宙旅行にも似た体験を味わうことができる。今まで見たことのない景色、次元上昇を味わえストレスがなくなり、明るく活発で、人間本来の野性味を取り戻すことができる。今、宇宙旅行は5分で1000万円。それが、茅場町のお店なら60分7000円。1400回くらい宇宙旅行が体験できる。行かない理由は一切ない。やらずに批判するのは、最悪である。一回やってから、いいのか悪いのか自分の目で確認すべきだ。熱帯魚を飼っている。ブラックエンゼルと、ショーベタ一匹ずつ、他は小さい魚数匹。癒されたいので飼っているわけだが以外と癒されない。ケンカするからだ。弱ると、徹底的に攻撃し、追いかけまわし死に至るまで攻撃していく。気づいた時は、急いで隔離するが隔離するのが、遅れた場合は、死んでしまう。これがストレスになる。そしてペットロスのような症状が出る。動物界の普遍の法則なのだろう。あまり関係のない弱った人間を助けるのは、人間の特別な感情かと思う。そういう意味で、今の職場には驚いた。今までの自分は、泳げないものは沈めばいいと思っていたからだ。そういう考えで生きてきたので、人間について根本から間違った解釈をしていた。今の時代は、将来の予測がたてずらく何が起きるか全く分からない、不安定な世の中であると思う。大手企業がバタバタと突然死のようにつぶれ、強い生き物というよりもむしろ、時代に適合した、生き物だけが生き残っているような時代のニーズに合わせて、コロコロ変わっていける生き物、企業が生き残っている。富士フィルムのようなカメラメーカーがアナログカメラメーカーから、医療メーカーになったようにガラリと変わったものが、生き残る。ストレス発散のはけ口を求めハロウィンイベントでは、皆変わりたがっている。斜めから見ているが、自分も海外旅行いった時は社交的になる。変わりたいわけだね。変わりつづけないといけないというのはストレスでもある。明日が分からない、年金がもらえるのかわからない財布のひもをきつくしめ、長期的に悲観するのはダメ。長期的には楽観、短期的に悲観が一番いい。洋モノのAVを見てもわかる通り、非常に快楽に対して積極的。日本は、受け身。どっちがいいか、悪いかではない。タフな人は、それだけで恰好いい。間違っていても、批判されても、そこにたちつづけることができる。それは、バランスがとれているということでありバランスこそ、正しいわけ。タフな人、心身ともに健康な人は、バランスがうまくとれている。様々な業界で、現在人手不足の状態。東京オリンピック前らへんから、日本経済はおそらく下降してくる。建築業、関連産業から、多くの人が放出されるから。変わり続ける時代変わり続ける人間関係に変わらないものそれこそが最も価値があるものだと思う。それは、性感マッサージである。

      245
      テーマ:
  • 08 Mar
    • 【2017年3月】現代社会とマジックミラー号

      どもー!ヨムログ管理人メッキーですメッキーときて、ピンときた方、そうです、ドラクエです。ドラクエのメッキーから、とりました。私は、大のドラクエファンです。このブログ「ヨムログ」は日々のたわいのない備忘録から読書の記録までいろいろと書いています。基本的なスタンスは、「先を読む」です。*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~では、本日の話題は、人手不足の話題から。ルミネが12店舗で、営業時間を短縮するらしい。どうやら人手不足が主な原因とのこと。外食産業で広がった営業時間短縮の動きは、アパレル業界に広がった。いなげや、すかいらーく、ロイヤルホスト、イオン、阪急百貨店など、営業時間を短縮し始めている。ヤマト運輸でも、料金値上げのニュースが連日報道されているがこの原因も、人手不足だ。どうやら、日本は現在人手不足らしい。その裏返しで、アルバイトの時給が全産業で上がっている。平均、1.5%上昇で1時間993円とのこと。経営者は、泣き、労働者は、少しだけ笑うという構図。人手不足と関連があるのが、AI.今まで人の感性でやってきた分野まで、AIが仕事できるようになり、AIが将来我々の仕事を奪うんではないかそんな気もしてくる。最近では、「東ロボくん」が、東大入試を突破した。長文読解が苦手で、数学、世界史で点数をとり、東大入試合格レベルまで点数をとれたという。千原ジュニアが、大喜利ロボットと対決したり、AIは、少し脅威になってきた。100年前の近代化の時に起きた、ラッダイド運動の再来だろうか。ラッダイド運動は、近代化による機械の登場で仕事を奪われた労働者たちが、ぶちきれて、機械を壊して回った運動のこと。100年前と同じ現象が起きてるね。この先、AIは我々にどのような影響をもたらすのだろうか。ある人は、我々の仕事を奪うという。ある人は幸せにするという。今現時点では、なんとも言えないね。政治、国際のニュースでは、連日騒がれているのがトランプ大統領の政策。イラクを除くイスラム圏の入国を制限している。日本では、2020年の東京オリンピックに向けてイスラム圏の人たちの観光に対応しようと既にいくつかのところで、取り組みははじまっている。デパートに、礼拝堂を設置したり、イスラム人でも安心して食べられるレストランを設置したり。東京ミッドタウンは、東京で一番早くイスラム人を意識したデパート作りをする。イスラム圏の人工、半端ないからね。近い将来、間違いなく、世界1位でしょう。そこを取り込むのは、商売人としての基本だよね。同時に、リスクもとらざるを得ないんだけどね。東京ミッドタウンは、六本木にあり六本木といえば、外国人が多くいる街として有名だ。そこでは、北朝鮮や韓国や、いろんな国のスパイが多くいて諜報活動をしているらしい。アルカイダも何十人か活動しているらしい。あながち、「私の友人の友人は、アルカイダだ」といった政治家の発言は、的をえていて、それだけこの東京という地域は危険なんだってことだよね。商売のチャンスであると同時に、危険因子も同時に呼び込むことになるわけだから怖いっちゃあ、怖いね。それに対して、トランプはまったく真逆。堂々と、移民やイスラム国を締め出していて、貿易に関しても、TPP離脱とかで、完全に保護主義のような感じ。そして、この動きは、世界に広まりそうな気配もある。これって、1920年代頃の、ブロック経済と似てないかな。世界各国が、自分の利益だけ考えて、輸入をしなくなった結果悲劇の戦争が起きてしまった。その反省から、保護主義、ブロック経済は戦争を招くという結論を得てGATTやWTOが生まれて、自由貿易が最近の流れになったと思ってた。100年前の世界の流れじゃないのかな。イギリスもEU離脱したしね。自国のことをメインに考えれば、それは保護主義にいきつくんだろうけどヨーロッパ中心に世界にこの流れが広まらないといいね。AIの話と、保護主義の話とふたつしたけどこの流れって、100年前の流れとまったく同じだなと思った。歴史は繰り返すだね。おそらく古いものから、新しいものへ時代が変わるときは似たような現象が起きるのだろう。古い人は、新しい人、こと、ものに抵抗を示し対立は生まれる。古い人は、新しい人、こと、ものを壊そうとする。100年以上前の明治維新でも、日本の改革者は全員、殺されちゃったわけだしね。新しいことやると、抵抗が半端ないわけだよね。今は、ちょうど物事が変わっていく時期なんだね、きっと。100年前の近代化の時は、近代化によって、機械の登場で、モノがどんどん増えていく時代になった。今は、モノだらけの世の中になったよね。皆、モノはもつようになった。今は、IOEとかで、そのモノをすべてネットにつなげようという動きになっている。モノをすべてネットにつなげて、快適で便利な生活にしましょう、みたいなそれが全体としての流れになっている気がする。モノをすべてくっつけて、スマホひとつで操作できたとしてそれが幸せにつながるか、どうかは分からないけどモノや、ネットの登場が我々の生活を快適にしてくれたのは事実。快適で便利な生活に潜むデメリットは、はかりしれないと思う。DSや、PSPやスマホやウォークマン、個室でパソコン、漫画。。最低限お金があれば、別に人と接する必要がなく昔の王様、国王様びっくりの生活を送れるようになっている。牛丼やラーメンなんて、水戸黄門よりめっちゃ食ってるし秦の始皇帝よりも、おいしい食事をしている。その結果、コミュ力が落ちるのは当然じゃないかと思う。一人で十分快適な生活がおくれるなら、わざわざ人と面倒くさい付き合いをしなくても生きていけそうだから、閉じこもってスマホでドラマ見ていたほうが、楽しかったりするし。人と喧嘩したり笑ったりして付き合うのは、エネルギーがいるのだ。一人なら、エネルギーがいらずに楽しめることができる。エッチだって、一人でやったほうがよかったりするのだ。動画も無数にネット上に転がっていてTENGAやペペローションを使って、一人で性欲を始末したほうが経済的にも良かったりするのだ。その結果、当然対人能力は減少する。弱弱しい人間が量産されるのだ。ストレス耐性の弱い人間が量産され、ストレス耐性の弱い人間は、少しのことでもストレスがたまるから常にストレス発散のはけ口を求めている。ベッキーを批判して、ストレスを発散し、タレントの不倫を批判し、深々と頭を下げるのをみて、精神を浄化させて、生きている。ハロウィンで変身したりして、自分じゃないものになりたがり変身し、誰かを攻撃し、または癒し産業にどっぷりつかって生きている。誰かを攻撃し、返信し、マッサージやペットやアロマやその他いわゆる癒し産業に癒され、ストレスを発散して生きているわけだ。ストレス発散に失敗したものは、不眠になり鬱になりメンタル業界に金を落としていくようになる。モノがあふれた結果でもあるが一番の原因は、金がないこと。金がないから、ストレスたまるわけだ。金がないから、しょぼくなるわけだ。勢いがなくなり、草食動物が増え、引きこもりが増えるのだ、きっと。金があれば、そこまでストレスはたまらないだろう。金はたまらない。ストレスはたまる。性欲はたまる。だから、シフトオンデマンドの変態チックなシリーズが売れるんだろう。マジックミラー号とかさあんなのが売れるのは、やっぱ正常な社会じゃないよ。異常者がうじゃうじゃいるってことだろうね。ソフトオンデマンドが売れること自体、日本人の精神状態が、いよいよおかしくなってきてるってことだろう。タイトルみてたら爆笑だもの。トイレの清掃にきたおばちゃんに勃〇チン〇を見せるとかさマッサージ中に、勃〇チン〇みせて、興奮するとかさなに、それうけるんだけどさそれ、最近 R1優勝したアキラなんちゃらとなんか「横からの防御率は0%」とか言ってるけど、露出狂じゃん。ソフトオンデマンドで、「アキラなんちゃらの真似をして、女子社員の前で踊ってたら失敗して、そしたら女子社員が興奮した」なんてタイトルのシリーズが出てきそうあんなのが、堂々と受けるってのも日本人、いよいよやばいんじゃないのって思っちゃうね。どんだけストレス溜まってんだよって思う。話がそれちゃったけど金がないってことは、ストレスなんだなって思うね。分かっていてお小遣い稼ぎに、副業なんかコツコツはじめて逆に稼げなくて、ストレスになるっていう。。そういう人多そうだねこれからの日本社会はどう考えても、下降局面に突入するわけだから金がへり、ストレス溜まる世を生きていかなくはいけないわけだ。資本主義の便利さにどっぷり浸かりストレス耐性がなくなってしまった我々がこのストレス社会を生きていかないといけないわけだ。将来の約束もなにもないような大手企業があっさりと数か月後にはなくなっているかもしれないような芸能界のような、安定のないこの世の中を生きていかないといけず本当、これからの世の中を生きていく人は大変。しかも、これからの世の中のルールを、つまり政策をきめているのが老人たちという、この矛盾。っシルバー民主主義ていうね。。。腹立って仕方ないわけですよ。それはもう、ソフトオンデマンドで、マジックミラー号を借りてストレス発散するしかないでしょ!!安いし。というわけで、いろいろ考えた結果「ソフトオンデマンドで、マジックミラー号を借りよう」が結論になりました。長文、ありがとうございました。ヽ(゜▽、゜)ノ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□本を読み、先を読み、暮らし見つめる                          ヨムログ管理人   メッキー 

      119
      テーマ:
  • 13 Dec
    • 【書評】黒幕 | 巨大企業とマスコミがすがった「裏社会の案内人」, 伊藤博敏

      この本は、実在の情報フィクサー石原俊介の生涯を描いた本である。自分は、少しこういうアンダーグラウンドの世界に興味はあるが情報を切り売りして、生活するのは、大変だと改めて感じた。最新のアンダーグラウンドや、政財官暴報の情報を仕入れて企業の顧問になったとしても、顧問料は決して高くなく割に合う仕事ではないなと感じる。情報を売って、生活する人は、つくづく大変だと感じた。イトマン事件や佐川急便事件など、有名な企業や、銀行や、暴力団や、政治家が登場しその中心に情報フィクサーがいるという構図は面白い。この本で学んだ3つのこと①政治、財界、官僚、暴力団、報道これらを中心に、世の中は回っていると感じた。②暴力団をバックにすると、情報はとりやすいし、発信しやすいと感じた。逆になにかトラブルがあった際、自分を守ってくれる存在は必要。③情報をもっているプロに近づき、謙虚に弟子になることが大切だと感じた。黒幕 巨大企業とマスコミがすがった「裏社会の案内人」0円Amazon

      166
      テーマ:
  • 26 Nov
    • 六本木ヒルズのクリスマスイルミネーションを紹介

      今回は、2016年の東京六本木ヒルズのイルミネーションをご紹介します。毎年、なんと約700万人もの人が訪れている六本木ヒルズのイルミネーションスポット。中でも人気なのが、約400mのけやき並木のイルミネーション。そのほかにも、いろいろなスポットがありますので、紹介したいと思います。↓ 夜の六本木ヒルズ↓ 六本木ヒルズの東京シティビュー  コーヒーを飲みながら都内を一望。  ここでは、「星空のイルミネーション」というイベントもやっており  都会の夜景にリアルとバーチャルの星たちが見えます。↓ 毛利庭園イルミネーション毛利庭園の池の周囲を取り囲む光は、とても幻想的!人もそれほど多くなく、意外と穴場かもしれませんよ。↓ウェストウォークにある雪だるま。近づくと表情が変わるんですよ!↓ 66プラザイルミネーション六本木ヒルズの玄関口で、巨大なツリーがお出迎え。幻想的な雰囲気で、クリスマス気分を盛り上げてくれます。、ちなみに、このエリアはサントリーとのコラボで世界5大ウイスキーを楽しめるイベントも開催しています。6↓ けやき坂 Galaxy イルミネーション白色と青色のLEDによる“SNOW&BLUE”、赤色のLEDで彩る“CANDLE&AMBER”の装飾が時間によって、交互に変わります。約120万球のLEDが、夜のけやき坂を彩ります。2つの表情が楽しめるってロマンチックですよね!                     ↓ウェストウォークにある8メートルの 巨大なクリスマスツリー。時間ごとに輝き方が変わります。幻想的ですね。今年は、六本木ヒルズでイルミネーションを楽しんでみるのも、いいですよね。

      63
      テーマ:
  • 25 Nov
    • 【書評】トランプ思考 | ドナルド・トランプ, 月谷 真紀

      トランプが大統領になっちゃいましたね。。。彼の勢いは、相当なもので、多くの人が驚いたと思います。彼は勢いの人ですね。安部首相が、すぐにトランプに会いにアメリカに行った直後にトランプは、TPPは離脱する予定といってのけました。大胆ですよね。保護主義を鮮明に打ち出してる感があります。さて、このトランプは、エッセイを書いてます。エッセイをまとめたものが、トランプ思考 という本です。興味を引いた文章を引用しますね。トランプ思考1,404円Amazon一年前の二○一五年六月、は二〇一六年大統領選挙への出馬表明した。当初は泡沫候補と見られていたが、予備選挙が始まってみればあれよあれよという勢いで多数の州を制す予想外の快進撃。共和党の有力候補を大きく引き離し独走状態に入った。無視できない存在となってくると、共和党内や大手メディアからは大統領には不適格な人物であるとして次々と批判の声が上がった。ところがトランプの勢いは止まらない。彼は、こう書いてます。勢いをどうやって作り出すか?彼は、科学的に論理的に勢いを作り出してるんですね!勢いの作り方について、書いていますので興味のある方は読んでください。

      10
      テーマ:
    • 【書評】脳神経外科医が教える病気にならない神経クリーニング

      最近、疲れ気味だなと感じる方へ。若返りのやり方とコツを、神経の視点から書いた本です。肩こりや首こり、疲れなどは、すべて神経からきているとこの本は言っています。では、どうすれば、その神経をクリーニングできるのか。そのやり方とコツをこの本ではギュギュっと凝縮して書いてます。それでは、一番響いた文章を引用します。脳神経外科医が教える病気にならない神経クリーニング0円Amazon劇的に若返る「顔もみ」「姿勢正し」クリーニングとは神経を若返らせるためには,神経の通り道をきちんと確保して、適度な刺激を与える必要があります。そのために私が注目しているのが、「顔」と「姿勢」だということは序章でお伝えしました。では、なぜその2つが神経若返りのカギを握っているのか少し確認しましょう。まず、「顔」にはたくさんの神経が集中していましたよね。体の中でもっとも感覚が鋭く、複雑で繊細な動きをするのが顔です。そもそも顔には目や鼻、口といった重要なセンサーが集中しているので感覚神経が集まっているのも当然のことといえます。それだけではなく、顔には眼輪筋や小頰骨筋、大頬骨筋、咬筋など、さまざまな筋肉が集中しています。その数なんと30種類以上です。ポイントは、顔と姿勢らしいです。さて、どのようにして、顔と姿勢を直していくのか。それが気になった方は、ぜひ、本を読んでください。脳神経外科医が教える病気にならない神経クリーニング

      7
      テーマ:
    • 【書評】齋藤孝の 学び力

      齋藤孝の 学び力 斉藤孝の本って、パワーをもらえるというか元気になる本が多いですよね。この本も、パワーを非常にくれて勉強しようかな、仕事を一生懸命に頑張ろうかなという気になる一冊になっています。学ぶ上で大事なポイントを5つに絞ってわかりやすく解説してあるのも、とてもいいですね。さて、自分が一番響いた文書を引用してみます。齋藤孝の 学び力1,296円Amazon概念化力知識や体験から「型」を抽出学び力の本質の最後は、概念化力という言葉でまとめたいと思います。この力を得ることが、学びの最終的な目的といっていいでしょう。いままで得てきたいろんな知識や体験は、そのままバラバラの形にしておけばそれ以上の意味を持ちません。それらを整理し、取捨選択し、自分のなかで体系化したりエッセンスを抽出したりする。そうして何らかのルールとして確立させていつでも取り出して応用できるようにしておく。エネルギーを費やして得た知識や体験を、「自分の型」に加工して所有する力。それが概念化力というものです。自分が学んだことを、ひとつの概念に落とし込む。そうして、すぐに取り出せる状態にしていくということですね。ほかにも、何点か学ぶやり方とコツが書かれているのでぜひ、興味のある方は読んでみてください。

      4
      テーマ:
  • 24 Nov
    • 【書評】シリコンバレーで起きている本当のこと  第2弾

      シリコンバレーは財政難!さて、以下引用文です。悲惨な惨状を、ぜひしってください。 ルポ シリコンバレーで起きている本当のこと 1,296円 Amazon 財政難の自治体、ボロボロのままの道路 シリコンバレーを車で走るとすぐに気づくのは、ガタガタの道路だ。路面はつぎはぎだらけ。車体が上下し、高速道路上に突然開いた穴に、タイヤをとられそうになっ たこともある。雨が降ると大量の水が道の片側にたまり、車は巨大な水たまりを避け つつ進むしかない。高速道路の道路標識が半分落ちかけて斜めにぶらさがっていたり、 上下に交差する道路のコンクリートがはげ落ち、鉄骨がむき出しになったりしている 場所もある。 最新のスマートフォンやアプリを使いながら、ボロボロのインフラの町を行き来す る人たちの姿は、なんとも皮肉な光景だ。 シリコンバレーの地元自治体は、慢性的な財源不足に悩んでいる。 「道路は全米で最悪のレベル。公立学校に使う金も、ホームレス対策にも金が足りな い。世界最先端の地域のはずなのに、こんなことがあっていいはずがない」 これが、シリコンバレーの実態!!驚愕!人気ブログランキングへ

      テーマ:
    • 【書評】ルポ シリコンバレーで起きている本当のこと | 宮地ゆう

      シリコンバレーで起きている本当のこと一言で言うとシリコンバレーの光と影です。早速、引用してみます。ぞっとしますよ。読書日記 ブログランキングへ ルポ シリコンバレーで起きている本当のこと 1,296円 Amazon 乗客の半分がホームレスの24時間パス「ルート22」 莫大な富を生み出す1方で格差が広がる世界最先端の街が見せるも2つの顔。それを象徴する存在がある。「ホテル22」。地元の人たちにそう呼ばれる24時間運行の路線バスだ。シリコンバレーの「企業城下町」をぬうように走る。 本当の名前は「ルート22」だが、ホームレスの人たちが乗って夜を明かすため、 「ホテル22」と呼ばれるようになった。 2015年2月のある平日午後11時すぎ、シリコンバレーの南にあるサンノゼ市内 のバス乗り場に行ってみた。気温は10度。暖かいジャケットを着てきたが,吹きさら しのバス停では、体がしんしんと冷えてくる。午後6時ごろには、隣接するショッピグセンターの買い物客や仕事帰りの人たちで賑わっていたが、この時間になると人気はない。眩しいほどのライトが、がらんとしたバス乗り場を照らしている。 あ そのうちに、どこからか現れた2人の黒人男性がバス停に並んだ1人は色が褪せ たジーンズにジージャンという上下そろいの格好で、手には小さな黒いバッグを持つ。シリコンバレーは、貧富の差が激しくこのように、ホームレスの町でもあるのだ。衝撃的なルポですね。

      1
      テーマ:
    • 【書評】バーのマスターは、「おかわり」をすすめない 飲食店経営がいつだってこんなに楽しい理由

      バーでのお話。非常にためになる話がギュギュっと詰まっているのですが自分的にためになったのはものの違いをわかる為の、やりかたとコツの話。これは、凄いためになる話ですね。さて、早速引用してみますね。バーのマスターは、「おかわり」をすすめない 飲食店経営がいつだってこんなに楽しい理由1,728円Amazonバーテンダーに一目置かれるには、カクテルを飲んだ後に「ここのマティーニは少し甘いんですね」とか「レモンピールの香りが爽やかですね」とか、味や香りについて的確に表現するのが効果的です。でもそんな表現、素人には無理でしょと思いますよね。バーにいったら、ひとつの飲み物だけを注文する。マティーニだったら、マティーニ。ジントニックだったら、ジントニック。そうすると、店の違いがだんだんわかってくる。こうやって、だんだん違いがわかってくる。これは、ものの違いをわかるためのひとつのコツですね!ものの違いをわかるための、コツ!

      テーマ:
    • 【書評】入社1年目から差がついていた! 仕事ができる人の「集中」する習慣とコツ 石井貴士

      入社1年目から差がついていた! 仕事ができる人の「集中」する習慣とコツこの本は大変わかりやすくて、自分は実践しています。どうのようにして集中するか、集中状態にもっていくか。それには、やりかたとコツがあるようです。そのやり方とコツを、わかりやすくかいてあるのでぜひ、読んでほしいです。入社1年目から差がついていた! 仕事ができる人の「集中」する習慣とコツ1,404円Amazon集中状態が続いたら、終わった後に、反動でグッタリしてしまいます。もちろん、「完全燃焼」という言葉もあるように、翌日に響くくらい頑張るのもいいのですが、それでは、仕事ができる人とは言えないのです。日々ハイパフォーマンスを出して仕事をしなくてはなりません。そのためには,毎日,時間を決めて、ゾーンに入るようにすると、体になじみます。今日は午前中がゾーンで、明日は午後がゾーンだぞというのは、ダメです。毎日、決まって「この時間がゾーンだ」となれば、ゾーンに簡単に入れるようになります。私は,今となっては、ゾーンタイムの習慣をつけたので、簡単に, 4時間もの間をし続けることができるのです。もちろん、最初は、ゾーンタイムを4時間とっても、その中の30分しか集中状態に入れないということは、よく、ありました。しかしいずれ、15分、30分、1時間、90分と延びていくのです。自分は、ゾーンタイムは、朝の7時から11時。ゾーンアイテムは、ホットコーヒーとノート。さあ、集中力を身につけて、仕事でいいパフォーマンスを発揮しましょう!入社1年目から差がついていた! 仕事ができる人の「集中」する習慣とコツ

      テーマ:
    • 【書評】安売り王一代 私の「ドン・キホーテ」人生 (文春新書) 作者: 安田隆夫 第2弾

      すみません。。ドンキホーテ第2弾です。やはり、この本は面白い!さすが社長、サービス精神旺盛で、話が面白い。この社長の、商売のやりかたとコツ、真似れるものはまねてきましょう!ドンキ名物「圧縮陳列」と「POP洪水」について語っています。さて、超面白い文章を引用しますね!安売り王一代 私の「ドン・キホーテ」人生 (文春新書)864円Amazon仕入れた商品は段ボールに積み込まれ、トラックで次々と店に到着する。もちろん店舗と別に倉庫を借りたり、従業員を雇ったりする余裕などどこにもない。だからすべて、私一人で十八坪の狭い店の中に、商品を押し込まねばならない。時には三十坪分くらいの商品を一度に仕入れることもあったから、置き場がなくてもう大変である。商品は棚という棚にぎっしりと突っ込み、棚の上には段ボールを天井まで積み上げた。通路も商品と段ボールに占拠され,売場はまるで迷路のジャングル状態になった。ただし箱を積み上げるだけでは何を売っているのかが分からない。私は段ボールに小窓を開け、商品を説明した手書きのPOP (商品説明広告)を棚という棚に貼りまくった。これが今でも ドンキ名物 となっている「圧縮陳列」と「POP洪水」の始まりだ不思議なことに、圧縮陳列を始めてからのほうが、お客さまの受けが良くなった。掘りだし物がないかと期待感をもって丹念に見て回ってくれるし、値付けもイイカゲンだったので、実際に掘り出し物は多くあった。なんか面白いですよね。場所がないから、ところ狭しとダンボール積み上げて、POPを張りまくる。こういうのが逆にうけたんですね。マイナスをプラスに変えた、その発想、さすがですね!

      テーマ:
    • 【書評】靴下バカ一代 奇天烈経営者の人生訓:越智直正(著) : 日経ストア

      タビオって知ってますか?靴下屋ですね!この本は、靴下専門店の全国チェーン「靴下屋」を一代で築いた、タビオ創業者の話。この本を読むと、この社長が、本当に靴下にほれ込んでいるのがわかります。そこで、印象に残った文章を一部抜粋しますね。すごい面白い発想で、本質をズパっとついてきます!靴下バカ一代 奇天烈経営者の人生訓1,944円Amazonもう亡くなりはったけど俳優の高倉健さんの顔と、僕の顔の違いをみなさんは説明きますか。顔のデザインは僕とそっくり。微妙にしか違わない。どちらも目は2つ。鼻の大きさはちょっと違うけど、数センチも違わへん。ほんの数ミリの世界です。ただそんなわずかな差でも積み重なると、僕と健さんの顔くらい違ってくるんですわ。靴下作りもそれと同じです。「靴下なんてどれも同じ。どれを履いてもそんなに変わらない」と思うかもしれん。でも、少しの違いでもこだわり抜けば、健さんと僕のくらい、商品に差が出るのです。その差を生むのが、靴下屋の心です。だから、いい靴下を作るには常に靴下のことを考えていないといけない。いろいろな靴下を見て,協力工場の職人と話して。昨日も今日も明日も、靴下、靴下、靴下。若いときから、ずっとそう。ほかに能がないから必死でんがな。靴下バカ一代 奇天烈経営者の人生訓面白い発想ですが、本質を突いてますね。微妙な小さいところを、こだわりをもって大切にしている。それが、大事なんですね。また、この人も、仕事のことを四六時中考えてますね!これは、商売で成功する人の共通点なんですね。

      テーマ:
    • 【書評】ターゲット ゴディバはなぜ売上2倍を5年間で達成したのか? ジェローム・シュシャン 著)

      ゴディバのチョコレート。高級ですよね、敷居が高くてお店に入るの勇気がいりますよね。自分には、なかなか縁がないと思われるゴディバですがそのゴディバが、なぜ売り上げ倍増したんでしょうか。この売り上げ増加のやり方とコツについて、いろいろ詰まっています。あと、このフランス人社長は弓道にはまってます。すべてたとえが弓道です。そして、弓道の精神から学んだ日本人の心をもとに、老舗ビジネス、イノベーションにも言及し、仕事上の悩みや葛藤の解決法も探っていきます。面白いですね!ターゲット ゴディバはなぜ売上2倍を5年間で達成したのか?1,404円Amazonさて、そのヒントのうちのひとつを抜粋したいと思います。私が社長に就任する以前も、ゴディバは毎年、バレンタイン限定チョコレートの中身とッケージを変えていました。でも、そのことに気づくお客様はあまりいませんでした。品の印象を大きく左右するパッケージデザインも、社内のデザインチームが手がけていので、毎年、似てしまっていたのです。そこで、私はパッケージデザインを、世界中の有名なアーティストたちに依頼することしました。見た目が大胆に変われば、中身のチョコレートも変わっていることに気づいもらえると考えたのです。最初の2年は、TIME誌で現代を代表するクリエイター100人に選ばれたスペインの世界的デザイナー、ハイメ アジョンさん2014年は、カラフルでスタイリッシュなイラストが人気のフランス人イラストレーター、ナタリー·レテさん。そして、2015年は、世界のデザイン賞を総なめにするベルギー·アントワープの新進気鋭のデサインユニット、スタジオヨブ。2016年は、エルメスやロクシタンなどのデザイン,かけたイラストレーターのシャーロット·ガストーさん。このようにして、毎年パッケージをガラッとオシャレなものにすることによって品物も違うというイメージを与え、売れていくというカタチになります。こういう売り方のコツがギュギュっと凝縮してますのでぜひ、読んでみてください。

      1
      テーマ:
    • 【書評】「ザクとうふ」の哲学 | 鳥越 淳司, 夏目 幸明(構成)

      あのザクとうふを開発超成熟産業に一石を投じた相模屋食料。6年間で売上4倍と進撃を続ける業界No.1企業のやりかたとコツを書いた本。うむ。。。。読んでみたが、なかなかうまく飲み込みづらかった。ためになる箇所もあったので、そこを引用する。「ザクとうふ」の哲学1,512円Amazon商品開発のポイントはいくつかありますが、まずはやっぱり「四六時中考える」ことでしょう。たとえば、夏になると冷や奴が一気に売れます。薬味をのせて醤油をかけて、おとうふをペロッと食べる。それだけで食べてもおいしいですし、お酒にも合います。でも、絹や木綿が変わっていなかったように、冷や奴もまた、ずっと変わっていませんでした。もちろん、商品はいろいろあります。たとえばトッピングを変えたりとか。でも、あるとき、「変えられるのってトッピングだけなのかな?」「それも飽きられてるんじゃないかな?」と考えたのです。たとえば、「食べ方を変えることはできないかな」などと考えていました。「冷や奴をごはんにのせてしまう」というようなことです。そんなとき、ふと「結びつく」きっかけがあったのです。仕事で、ふりかけやお茶漬けのメーカーさんと話していたときです。昔のお茶漬けのCMで、どなただったか、イケメンの俳優さんが、扇風機の前でガーッとお茶漬けをかきこ3んで「うまい!」というようなCMがありましたが、あのCMを思い出したのです。そして、ヒット商品を開発した。商売について、四六時中考えるのが、重要らしいです。うむむ。なかなか、取り入れ難い。。。しかし、商売のやり方とか、コツもいろいろ書いていたので読みたい方は、読んでください。

      テーマ:
    • 【書評】安売り王一代 私の「ドン・キホーテ」人生 作者: 安田隆夫  (文春新書)

      安売り王一代 私の「ドン・キホーテ」人生 (文春新書)ドンキホーテといえばあのところ狭しと並んだ陳列方法と価格の安さ。今では、知らない人はいないほどの知名度を得ている。さて、ドンキホーテがここまで成功できた社長のやり方とコツはなんだろうか?この本には、彼のやり方とコツ、そしてトライアンドエラーの壮絶な体験が詰まっている。ぜひ、彼の成功したやり方、コツ、考え方を知りたいかたは読んでいただきたい本である。カラオケ、弁当屋など90種類以上も業種を経験したり、魚に以上にこだわったりと、いろいろ読むべき箇所はたくさんある。その中でも、一番面白かった文章を引用してみる。安売り王一代 私の「ドン・キホーテ」人生 (文春新書)864円Amazonすっぽりと抜け落ちているのが、いわゆる「夜の経済学」である。コンビニもドンキも、夜十時以降のナイトマーケットの発見と開拓で、この二十数年間、一人勝ちのような成長を謳歌することができた。じつは、ナイトマーケットこそ、日本の流通業界に残された最後の大金鉱脈である。日本の小売業総販売額は約百四十一兆円(2014年実績)だが、そのほとんどはデイマーケットだ。しかし私は少なくともその二割強、三十兆円程度は夜間売上に移行する可能性があるとみている。ところが、今も昔も経営者や評論家は「昼の経済」しか語ろうとしない。「昼は善 夜は悪」みたいな思い込みもあるのだろう。しかし、飲食でもレジャーでも、多くの人が夜間に消費活動をしていることもまた事実なのだ。じつにもったいないことである。このように、彼は夜のマーケットで、一人がちを収めたのだ。ブルーオーシャンを見つけ、そこで勝ち組になれた。これは、商売で勝つひとつのコツかもしれない。

      テーマ:
    • 【書評】400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術/佐藤オオキ

      この人、すごいですね!自分なんか、1つの仕事でもアップアップなのに400のプロジェクトを同時に進めてしまうそうです。天才ですよ、天才!その膨大のプロジェクトを同時に進めてしまう、やり方とコツは?その秘密がギュギュと詰まった一冊です。400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術1,296円Amazonさて、気になった文章を一部、抜粋します。私がいつも同じような服を着て仕事をしているのも、ロスを避けるという思考があるからです。一般に、デザイナーはビジネスシーンでもラフな恰好をしている方が少なくないようで仕事をしていると こだわりの強そうな個性的なスタイルの人を見かけることもあります私はいつも白いシャツに黒のズボン。ネクタイを締めていることも珍しくありません。仕事で着る服は白いシャツが30枚、黒いジャケットやズボンが20着くらいあって、それを順番に着ています。ちなみに、黒い靴下とアンダーシャツはすべてユニクロ 2週間分を2セット用意し、海外出張と日本で2週間ずつ着て、順次洗濯しながら回していますこうした方法をとっている理由の一つは、「今日はどの服を着ようか」と考える時間もより有効に活用したいと思うから。もう一つは、そもそも私は自分の能力や才能にす自信があるわけではないからです。デザイナーにかかわらず、自分のオシャレよりも、自分の仕事のデザインに集中する。この選択と集中、見事ですね。これが、佐藤ナオキという天才のやり方とコツですね!

      テーマ:
    • 【書評】『リッツ・カールトンで実践した 働き方が変わる「心の筋トレ」』高野登 | 新潮社

      リッツ・カールトンで実践した 働き方が変わる「心の筋トレ」皆さんは、おもてなしのやり方やコツをご存知ですか?わからなければ、プロに聞きましょう。蛇の道は蛇です。というわけで、こちらの本を紹介させて頂きます。リッツ・カールトンで実践した 働き方が変わる「心の筋トレ」0円Amazon接待や、おもてなしのやり方、コツ、心の持ち方が書いてます。さて、響いた文章を引用します。多くの人は、人に好かれたいと思っているものです。人に好かれるためのマニュアル的な本も、世の中にはたくさんあるようです。しかし、その通りにやれば必ずうまくいくかというと、なかなかそうはいきません。人に好かれたいというのは、言葉を変えると、人に認められたい人に受け入れられ!いということだと思います。どうすれば認められ、受け入れられるか。そのためにはどんな感性を磨く必要があるのでしょうか。世間では、「人は見た目が9割」と言いますが、私は10割だと考えます。すなわちその人となりは見た目で判断されているということですね。では見た目とは何でしょうか。それはその人の外面すべてを指します。リッツカールトンの元支配人がいう言葉は、重いですね!見た目が10割ですよ、10割!!!ふむふむ。このほかにも、著者はいっぱい本をだしてます。儲かる秘訣、おもてなしのやり方やコツなど、彼の人生がいっぱい詰まっているのでぜひ、彼の本をいろいろ読んでみてはいかがでしょうか?リッツ・カールトンで実践した 働き方が変わる「心の筋トレ」

      テーマ:
    • 【書評】何もできなかった僕が バク転だけで10億円稼げたわけ | 矢部 大 |総合法令出版 

      【書評】何もできなかった僕が バク転だけで10億円稼げたわけさあ、この本はタイトルのとおり何もできない男が、バク転ひとつで社会的成功者になったというストーリーである。さて、彼が成功できたコツのひとつを引用しよう。何もできなかった僕が バク転だけで10億円稼げたわけ1,296円Amazonこれだけは、絶対に誰にも負けないというものを見つけよう皆さんは上司や先輩から「仕事は습懸けでやれ!」みたいなことを言われることがあると思います。そんなとき多くの人は、「自分だって命懸けで仕事をしています」と口では言うのですが、本当に命懸けでやっているのかというと疑わしいものです。スポーツ選手や格闘家など文字通り命懸けで仕事をしている人はかっこよく、輝いて見えます。だから人気も出るわけです。何も物理的に命を懸ける仕事でなくても、その仕事に対して真剣に全身全霊で打ち込んでいる人、つまり頭で考えるのではなく体で感じて動いている人、いわゆるバカになって突き進んでいる人は、同じく誰が見てもかっこいいと感じます。でもそういう人はあまり多くは見られません。なぜか。僕たちは子どもの頃からまんべんなくいろいろな分野を学ぶという教育を受けてきたせいで、何でもバランスよくそつなくこなすことは比較的得意ですが、一つだけ突出した強みを持つということが難しくなっているためではないでしょうか。本当に命がけで何かをやると、魅力もでるし、社会的にも成功する確率が高くなる、ということですね。ふむふむ。。。。そのほかに、いろいろい社会的成功を収めるためのヒントが詰まっていました。ぜひ、社会的成功をつかむための、やりかたとコツをつかんでいきましょう。

      テーマ:
    • 新日本プロレスV字回復の秘密(KADOKAWA)

      1999年の小川、橋本戦から2000年代にかけて続く新日本プロレスの低迷。そこから、V時回復した新日本プロレスの秘密とは?その秘密がぎっしりと詰まった一冊です。さて新日本プロレスのライバルは?それはディズニーランド。以下、文章を引用しますね。新日本プロレスV字回復の秘密1,404円Amazonディズニーランドに行くとしたら、東京駅から京葉線で向かう途中でついワクワクしてないといけない。新日本プロレスだって試合会場に着いた途端、ワクワクするような環境じゃないと。体育館手前の物販ブースあたりから、プロレスモードになっているような環境作りが理想だ。プロレスもディズニーと同じ非日常空間なのだ。ファンが受け取りたいのは、現実離れした肉体を持つレスラーが織りなすファンタジーなのである。お客さんを不快にさせないためにも、キャストである新日本の社員は、会場でしっかり声を出さないといけない。<会場で迷っているファンがいないようにしないとダメだ。なのにそういった現場の指導も、かつての新日本にはなかった。新日本プロレスのライバルは、ディズニーランド。棚橋弘至選手・中邑真輔選手・オカダ・カズチカ選手、飯伏幸太選手などスター選手は、キャストの一員で、最高のエンターテイナー。それもとっても大事だが、細かい戦略もぎっしり書かれている。どうやって、V時回復したのか?ぜひ、お手にとってごらんください。イヤァオ!!!!

      テーマ:

プロフィール

ヨムログ管理人メッキー

性別:
男性
自己紹介:
読書本おすすめブログ ヨムログです。 私たちは「あれは読んだよ」というために 読むのである。

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。