ピンクのうさぎダムめぐり

ピンクのうさぎダムめぐり

ダムめぐりなど日常の記録。

1月28日(火)竜門ダムの見学会に参加しました。

10日程前に福岡に来たばかりでしたが、再び滋賀から九州にきました。(*^。^*)

今回はうさのDAYZに乗って行きました。

10年に1度の点検放流と言う事で、10年後は見る事ができないかもと思い、思い切って参加しました。

27日の夜7時にブラbさんを迎えに行き出発です。休憩を3回程挟み、9時過ぎに竜門ダムに着きました。残念なことに小雨が降っていました。

管理所1Fは資料館です。

竜門ダムは滋賀県の永源寺ダムと同じロックフィル+重力式コンクリートのコンバインダム(複合ダム)です。

竜門ダムおなか探検は毎年行われています。うさは初めての参加ですが、今回デラックスです!!

ロンロン館で受付でした。

受付をして、また昼のチキンカレーを予約している方は先に支払いました。

見学会までに少し時間を待ってからスタートしました。まず職員様から竜門ダムの概要説明を

聞きました。

竜門ダムは、滋賀県の永源寺ダムと同じく、ロックフイルダム+コンクリートダムのコンバインダム(複合ダム)です。このコンバインダムで日本一だそうです。

永源寺ダムとは逆にロッフイルがダム湖側にカーブしているのとコンクリートダムの部分との割合がかなり少ない様でわかりにくいですね。

大分県の下筌ダムとこの熊本県の竜門ダムが導水路で繋がっていると聞き驚きました。( ゚Д゚)!!

竜門ダム管理所1Fは資料館になっていて、頂けるパンフレットがいくつかあり、その中でも62ページのコピーしてホッチキスでとめた物がとても詳しいものですが、さすがにそれをブログに載せれないので

抜き取り載せますね。

複合ダム日本一に、日本で初めて一度に1Mずつ締め固める施工法を採用。

 

うさは思うのですが、各地のパンフを見るとよく地元の方しかわからない表現あるある。

福岡ヤフオクドームなど40杯とか、うさは行った事ないから広さはわかりません。

各地で〇〇ドーム何個分と似た表現を使われていますね(^-^;

 

治水・利水の多目的ダムです。

ダム湖には、ボートのコースがあり秋にはフェスやダムおなか探検(竜門ダム見学)を電話予約にて開催しておられます。

また、地域に開かれたダムにも選ばれていて、昨年10月に熊本で全国連絡協議会現地交流会が開かれました。それを記念して地域に開かれたダムカードを制作して頂けました。

そして、今回10年に1度の点検放流の見学会に合わせて、地域に開かれたダムのカードも戴けました。このイベントがかわきりと言っておられたので、今後のイベントでも配布かもしれません。

ロンロン館で概要説明を聞いてから、ダム天端を歩きました。

 

左岸側下流に利水放流設備や発電所があります。

第2利水放流設備から水を放水していました。

まるで、武家屋敷のような建屋でした。(工事中)

 

木の型枠の跡です。プレキャストでない事がわかりますね。

外にでました。直下から放水をみました。バルブからなので、あえて放流といわず放水と呼びます(#^^#)

位置の高さから言うとオリフィスのように思いますが。放流管でコンジットゲートです。

クレストの非常用洪水吐き(自然越流)に並びわずかな高低の差で常用越流頂があり、

良くあるダムは、クレスト、オリフィス、コンジットとある程度高さを変えて設計されているのですが、

ちょっと珍しいと思いました。この点もまたぜひ詳しく尋ねてみたいと思いました。

 

天端へ戻る時、下に降りた時と同じ様に監査廊からエレベーターを使う方と

フーチングの階段を登り天端へ行く方と別れました。

うさは、体力が落ちて来てるけどフーチングを登りました。雨降っていたので、階段に水が溜まって

いるカ所が多くて、靴をぬらしてしまいましたが、なんとか登りきりました。

天端で見学会は終わり、ロンロン館に戻り、チキンカレーを戴きました。

竜門ダムカレーでないのが残念でした(^^;

この日はチキンカレーのみですが、こちらでは竜門ダムカレーをされているそうです。

 

 

次回、機会があれば食べたいです。(#^^#)

そして、この日はダム湖の噴水は見られませんでしたが、1月17日にもうさは

竜門ダムに立ち寄っていた時に噴水を見たので紹介しますね。

ダム管理所

1F資料館

また、ゆっくり見に訪れたいですね(^-^)

午後からは、仲良くなった福岡のダム友のやぐちさん(ペンネーム)とブラbさんと

熊本のダムめぐりをしました。

 

2020年1月19日福岡の旅 3日目は、合所ダムの見学会に参加しました。

http://damnet.or.jp/cgi-bin/binranA/All.cgi?db4=2436

 

Aコースに当選する事ができました。

こちらの主催 一般社団法人うきは観光みらいづくり公社さんは

年に何回かダムの見学会を開いて下さります。他にもいろいろ楽しいイベントを開いています。

そして、合所ダム職員様のおかげで見学会が開かれました。

 

見学会は初めに管理所で受付けをして部屋に入り、ダム概要の説明を聞きました。

あとで気づいたのですが、Aコースは管理所に集合で、Bコースは直下の別道でした。

うさがBコースだったらまたあわててたところです。きちんと確認は大事だと反省です。

Aコースなので、管理所で良かったです。

Aコースは管理所でダムの概要説明からスタートです。Bコースは監査廊見学だったようです。

文章を読んで行くと試験湛水期間が5年もかかっている事がわかり、質問をすると

左岸上流放流設備当たりの強度に問題が見つかりグラウチングをしなおしたりした為だそうです。

そーう言えば、先日 安威川ダムの展望台資料館の職員さんと話ていて、八ッ場ダムの試験湛水中

台風19号が来て、数日でサーチャージになって完成が間に合っていて良かったですね、と言うと

職員さんが、本当は一揆に貯めないで、少しずつ水を貯める方が良いのだけどねと言っておられた事は、こんな例があるからかも知れない。大滝ダムの例もあると思いました。

 

合所ダムの農林水産省管轄のダムです。

今まで、1度も見学会を開いていなかったそうです。初めての見学会に参加できた事に感謝です。

 

傾斜コア型のロックフィルダムです。(傾斜遮水型)

以前建設中を見学した、市野新田ダムもこの型です。

https://www.city.kashiwazaki.lg.jp/sangyo_business/nogyo/nogyoyodam/13495.html#container

 

傾斜コア型の場合下流側の透水性ゾーン幅広くとり先行して盛りたてることができます。

1門500トン、3門で1,500トン放流できますが、今までの最高は550トンの放流と言っておられました。

今回の見学会の為に水を多めに溜めておいて下さり、放流見学をする事ができました。

 

 

 

 

 

 

 

では、見学中の写真を紹介いたします。

操作室、ダムコンを見せて頂きました。

顏(^-^; 職員さんだから良いかな・・・。

管理所屋上からダムを見降ろしました。

ラジアルゲートの上を超えそうな水位ですね

管理所から外に移動しました。

取水設備室を見学しました。

ゲート横の階段を降りました。

下の広場にはBコースの方が下から放流を見学していました。

Aコースは監査廊には入れませんでしたが、放流を横から間近に見れて良かったです。

天端に上がり放流が止まるのを見て、管理所に戻りました。

管理所前で、記念カードを頂き見学会は終わりました。

後日、ウキハコさんからアンケートメールが届きました。

現在、合所ダムはダムカードがありません。

このカードそのままダムカードとして発行できそう・・・。

 

次に見学したダムは1月28日竜門ダム見学です。今年は九州の年?

2月28日~長崎県五島に行く予定。コロナ収まってくれないかなぁ・・・(>_<)

 

 

2020年1月18日は小石原川ダム(建設中)の見学会に参加しました。うさは2度目の参加です。

午前・午後と2回の開催で午後の部に参加しました。あいにくの小雨日でしたが、バスでの移動で

降りた時は小雨程度でしたので、濡れる程ではありませんでした。

 

2017年11月11日に見学会に参加して依頼です。

前回の時にブログで紹介していなかったようで、この機会に2017年の話から書いていきたいと思います。

まだ掘削が終わったばかりの時でした。

この時は午前の部に参加で朝倉総合事務所に9時40分集合でバスに乗り、10時出発のツアーでした。

福岡県朝倉市には他に利水の江川ダム・治水の寺内ダムがあり、小石原川ダムが完成したら、

ダム3兄弟ですね(*^。^*)

今回同様、江川ダムで休憩をはさみ、利水トンネルを通過して建設現場に行きました。

 

2017年11月11日

 

走っているバスの窓ガラス越しの写真ばかりで、ピントがずれていますが💦・・・。

利水トンネルに車で入りました。完成したら通る事ができないところです。

利水トンネルを通過してダムサイト工事現場展望へ移動です。

大分川ダム建設で重機を無人にしてタブレット操作で動かす事を試験的に初めて、小石原川ダムも行う話をされました。

最後に大型重機の見学をしました。皆さん、おおはしゃぎでした(*^。^*)

うさとブラbさんも重機に乗り、写真を撮りあいました。

 

 

三角コーンもBigサイズでした(*^。^*)

そして、バスに乗って朝倉総合事務に戻り見学会は終わりました。

 

それから約2年2カ月後の2020年1月18日、小石原川ダムへ2回目の見学をしました。

朝倉総合事務所は工事中で、近くの運動公園が集合場所でしたが、手紙に入っていた案内図を良く見ていなかったのと後ろの座席の荷物に入れていて集合場所が変わっている事に気が付かず、事務所に行って少し早目に待っていて、誰も来ないのに気が付いてあわてて運動公園に行きました。

焦りました(苦笑)(;^ω^)

バスが2台停まっていて、皆さん受付をされていました。雨が降ってきました。

昼間晴れ間が出て晴れてくれると思ったのですが・・・。

バスの中でダムの概要説明を聞きました。

そして、江川ダムでトイレ休憩をして小石原川ダムに向かいました。

今回は新しく建設された道路の橋の上を歩く予定でしたが雨降りの為バスの中で窓から景色を

眺めました。 

ダムが見えてきました。試験湛水に入ったばかりです。

洪水吐は、殿ダムと同じカスケード型減勢方式です。

新しい管理所も完成していました。

地質上、カスケード型減勢方式にして、放流する流水の勢いを減勢してダム下流河道への影響を配慮しました。

リップラップがめちゃめちゃ綺麗でした。

 

取水設備です。

左岸ダムサイト管理所横で皆さん写真を撮りました。うさも望遠レンズで撮りました。

完成したら、ダム天端を歩きたいです。

バスに乗り、行きと同じく江川ダムでのトイレ休憩を挟み運動公園駐車場にもどりました。

解散後、駐車場で職員さんと見学会で仲良くなった友達とダムトークを30分位立ち話をして(笑)

17時位まで、すっかり体も冷えたので、宿泊先に帰りました。

サーチャージか竣工式に訪れたいと思いました。

次の日19日は合所ダムの見学会でした。

つづく。