グーグル革命の衝撃☆

テーマ:

こんばんは、龍司ですビール


最近、

NHKスペシャルで放送されたグーグル革命の衝撃キラキラという番組が

かなり話題になっているようです。


この番組に関しての感想を

tomiya社長 をはじめ 多くの方が ブログで書かれていて、

その注目度の高さを実感しました。


私もこの番組を見てみまして、、

内容は、

Google(グーグル) が検索サービスを軸として

私達の生活の中に深く浸透し始めていて、

人々が Google に大きく依存した生活をするように

なってきている様子」を描いたものでした。


その番組の一部を紹介します♪

↓↓↓



ワインユーザーとしての視点で見ると、、、

私自身もGoogle 愛用者でして、

調べたいことがあると、すぐにググりますし(笑、

出かける時はGoogle MAP(グーグルマップ) で調べますし、

出先でGmailを使ったり、、、

本当に快適です(^^


ワイン一方、ビジネスとしての視点で見ると、、、

Google のビジネスモデルのスゴさに気づきます。

世界中の多くのユーザーがGoogle で検索すればするほど、

Google には、「それぞれのユーザーがどんな人で何を求めているのか」を

把握できるデータが集まるわけで、

このデータは、広告主から見ても魅力的!


そこで、Google はユーザーから依存されるだけでなく、

多くの広告主からも依存されるようになりますしね(^^

これからも 加速度的に成長していくことでしょう☆


ワインさらに、既存の事業者の視点で見ると、、、

Google は、かなりの脅威なわけで、

破壊される事業者も多いと思われます。。。


中途半端なポータルサイトなどは

存在意義がなくなってしまいますしね


ただし、すべてのサイトが生き残れないのか、というと

そうでもないでしょう。


たとえば、

「群馬に出かけた時、レストランで美味しい食事がしたい!」と思った時は、

ググるよりも、tomiya社長 のブログをチェックしたり、

tomiya社長 に質問した方が、

美味しいレストランを探せる可能性は高いと思いますし(^^


Google 全盛の時代にも

生き残れる事業機会はたくさんある、と私は思います


この点に関して
佐々木 俊尚氏の最新刊、
次世代ウェブ グーグルの次のモデル にも
詳しく書かれてました
↓↓↓

現状、Google で検索してもズバリ的を得たページが出ないこともあるわけですし、

得意なジャンルに特化して的確にユーザーのニーズに応えられる事業者には

まだまだ活躍のチャンスが多いと思います。


nanshukanさん も御存知のように、

求められてるのは、ニューミドルマン

でしょうしね☆

虹


さてさて、

お話が長くなってしまいましたが、

私個人的には、これからもGoogle の圧倒的なパワーを楽しみたい!

と思ってます(^^


Google がもたらす社会の変化に関しては

いろいろとレポートしていきますね☆

タバコ