iTunes  

こんにちは、龍司です。

本日、ついにアップルコンピュータが、日本国内で音楽配信サービス、

「iTunes Music Store」を開始すると発表しました!

都内で開かれた発表会でアップルコンピューター CEOの

スティーブ・ジョブズ氏が「アップルは日本を愛している」とコメントし、

「iTunes Music Storeによって、

日本でまったく新しいデジタル音楽生活が始まる」

とアピールしたそうです。

CNET Japanの記事はこちら


記事によると、本日からスタートするとのこと。

100万曲のラインアップを用意し、

先日お話した エイベックスなどの15社以上が楽曲を提供するそうです

7月15日の記事はこちら

楽曲の料金は、全ラインアップのうち90%が1曲150円、

残りの10%が1曲200円。

(料金は今後、100円程度まで値下げされるでしょうね。)

 

iTunes Music Storeはアメリカでは2003年4月にサービスを開始しており、

音楽プレイヤーのiPodと併せて爆発的なヒットとなっておりましたが、

日本でのサービスが業界からの反発もあってか、

なかなかスタートされない状態でした。

∞最前線通信でも4月13日6月7日7月15日

3回にわたってお話してまいりましたが、

本日ようやく記念すべきスタートとなり、

日本での音楽生活のあり方がかなり変わりそうです。


あとは、まだ楽曲を提供していないレコード会社の問題だけですね。

アーティスト側は積極的に配信したいと仰っている方が多いのに、

レコード会社側が渋っているケースも多いようです。

なぜなら、彼らの存在意義が脅かされるからかもしれません・・・

レコード会社を「中抜き」してアーティストとiTunes Music Storeが

直結することが可能ですしね。


私も早速活用してみまして、後ほど感想をお話します!


追加(8月4日)・・・

早速、iTunes Music StoreでColdplayの「X&Y 」を購入しました。

以前から買おうと思っていたのですが、コピーコントロールCDだったので

iTunes Music Storeで買えるようになってから買おうと思ってたんですよ。

ダウンロードして即、iPodへ! 今、聴いてます。

ついでに、Rolling Stonesの新曲「Rough Justice」もダウンロードしました。

手続きもアップルらしくシンプルでカンタンでした。


P.S. 

自分のパソコンのiTunesの画面上に、

世界中の様々な場所の異なるレーベルの曲が集まってくる。

iTunesというひとつの画面でまとめて処理できる・・・

私は、iTunesは音楽の入手方法・扱い方を画期的に変えるものであると同時に、

ITが軸となり既存のモノを扱うスタイルを象徴しているとも感じています。