「カーネーション」(再放送)第55回~第10週「秘密」 | 日々のダダ漏れ

日々のダダ漏れ

日々想ったこと、感じたこと。日々、見たもの、聞いたもの、食べたものetc
日々のいろんな気持ちや体験を、ありあまる好奇心の赴くままに、自由に、
ゆる~く、感じたままに、好き勝手に書いていこうかと思っています♪

「カーネーション」 
第55回~第10週 「秘密」

 

 

※無断転載対策のため、不本意ですが、

しばらく、注意喚起させていただきます。

 

こちらの記事は、「日々のダダ漏れ」 の

記事です。ご覧になっているブログ名が

「日々のダダ漏れ」、以外のブログ名は、

記事を無断転載しているブログです!!

↓ オリジナルのブログはこちらです♪

「日々のダダ漏れ」

 

 

昭和16年(1941)12月8日

 

<小原家>

ラジオ) 「臨時ニュースを申し上げます。

 臨時ニュースを申し上げます。

 大本営陸海軍部、12月8日、午前6時

 発表。帝国陸海軍は、今8日未明、西

 太平洋において、アメリカ、イギリス

 軍と、戦闘状態に入れり」。

勝) 何やて!?

昌子) えらいこっちゃ!

ラジオ) 「今8日未明、西太平洋におい

 て、アメリカ、イギリス軍と、戦闘状態

 に入れり」。

糸子) 終わるどころかまた始まりよった。

 

**********

 

昭和16年12月8日、

大東亜戦争ちゅう戦争が始まりました。

 

男性) おい、こっちやこっちや!

 はよ来い、はよ来い!

栄作) アメリカさんと戦争するとはのう。

 ほんまに勝てるんけ?

保男) 何言うとんじゃい!

 日本には連合艦隊かてあるし。

栄作) あるな。

 

これは、あれと一緒やな。

男が一旦勝負にのぼせだしたら、

ちょっとやそっとじゃ収まれへん。

 

(回想・子どもの頃)

(将棋崩しをしている勘助と糸子)

勘助) あ~ん、もう~。

糸子) へっへ~ん。

善作) お~い、お前ら

 お父ちゃんらと一回代われ。

糸子) え~嫌や!

 うちら今山崩しやってんや。

善作) ええさかい一回代われ。

 一回だけや!

糸子) もう~一回だけやで!

善作) よ~し、よしよしよし…。

(将棋を始める善作たち)

善作) 今度こそなあ、お前、

 負け酒飲ましちゃら。

栄作) へえへえ、言うときや~。

保男) 善ちゃん口ばっかし。

糸子) 一回だけやで? 絶対やで!?

善作) 一回だけや。一回だけや。

栄作) だ~はっは~!

 まあ、こんなもんや~ハハハハ!

糸子) 終わった?

奥中) ほな、今度わしとやろや!

善作) お~来い来い。

糸子) え~? 終わるどころか、

 また始まりよった。

 

糸子) ああ~!

 戦争なんて何がおもろいねん。

 

こっちははよまともな商売したて

うずうずしてんや。

勝つなり負けるなり、

どっちゃでもええさかい

さっさと終わらんかい!

 

澤田) ごめんください。

一同) ごめんください!

(「大日本国防婦人会」の

 たすきをかけた婦人たち)

 

い…今、口に出して言うたっけ?

頭ん中で思ただけやっけ?

 

一同) おはようございます!

糸子) お…お…おはようございます。

 ご苦労さんです。

澤田) 今朝のニュース、

 お聞きになった事と思います。

 いよいよ、アメリカイギリスとの

 戦争が始まりました。我々女性

 も、家庭を戦場と心得、銃後の

 守りに当たりましょう!

糸子) はい! もちろんです!

澤田) ところでどうゆう事ですか、

 その格好は?

 何でモンペやないんですか!?

 この期に及んでまだ悠長に着物やな

 んて、不謹慎と言わざるをえません!

 そんな事では、銃後の守りは務まり

 ませんよ!

 

**********

 

糸子) ああ~!

昌子) はい、先生。出来ました。

(モンペを履いている昌子)

糸子) えっ?

(糸子の分を差し出す昌子)

糸子) おおきに。

昌子) せやから「はよ履いといた

 方がええですよ」って言うたのに。

糸子) 「そんな事では、銃後の

 守りは務まりませんよ!」。

 くそ! あのおばはん、鬼の首でも

 取ったような顔でぬかしよって…!

静子) 姉ちゃん!

 オハラ洋装店の店主が、

 なんちゅう言葉遣いや!

昌子) 先生かて

 履いたら絶対気に入んで。

糸子) あんなあ、昌ちゃん。うちは

 洋装店やろ。洋装店には洋装店

 の意地ちゅうもんがあるやろ!?

 戦争やからて何でこんな不細工

 なもん履かなあかんねん! そも

 そもな、モンペっちゅう名前が気

 に食わん。

 

ちゅうて、散々文句言うてた

うちでしたが…。

 

**********

 

<小原家・二階>

(モンペを履き、大股で歩いたり

 足を上げたりしている糸子)

 

いっぺんにモンペが気に入りました。

 

糸子) こら楽や。

 

**********

 

<店>

(「モンペお作りします」「国民服

 お誂へします」の貼り紙)

客) 中になんぼでも、

 重ねてはけるしな。

糸子) 中にな。

客) せやで~。

 ちょっと、見ちゃってこれ。

糸子) いや!

客) うちの秘めたる、

 おしゃれ魂や。

糸子) 勉強なるわ~。

客) ハハハハハ!

糸子) ほんまやなあ、「戦争やから」

 言うて、いじけてたらあかんな。

 戦争中は戦争中の、

 おしゃれ魂見せちゃらんとな。

客) うん。そやで、小原さん。

 あんたが頑張らな。

糸子) ほんまやな。うん!

 

**********

 

<安岡家>

(野菜を載せたザルを持って家に入る糸子)

玉枝) 堪忍なあ、

 いつももらうばっかしで…。

糸子) ううん。うっとこかてお客さん

 からもうたもんやし。このごろは

 みんなお金ないさかい、

 物で払てくれるようになってな。

玉枝) おばあちゃんにも、

 よろしゅう言うといてな。

糸子) うん。

(店を見る糸子)

(パーマネントの機械に

 布がかけられている)

糸子) あれ? パーマ機どないしたん?

八重子) ああ、ちょっと、目隠しや。

糸子) 何で? 「供出せえ」言われたん?

八重子) まだ言われてへんけど、

 いずれはせなあかんやろなあ。

糸子) せやけど商売道具なんやし、

 大目に見てもらいよ。うちかて、

 ミシンやらアイロンやら、

 鉄のもんなんぼでもあるけど、

 死んでも出す気ないで。

八重子) おんなじ商売道具でも、

 ミシンとパーマ機は、ちょっとちゃうよ。

 パーマはなあ、それでのうても、

 風当たり強いさかい。女の洋髪

 なんか、今日本で一番無駄で、

 アホなもんやと思われてる。

糸子) いや、そんな事…。

八重子) 何で買うてしもたんやろ?

 あともうちょっとだけ待って、

 時代の流れ見といたよかった。

 高い月賦だけが残ってしもた…。

 そやけどな、糸ちゃん、

 勘助ちゃんな。

糸子) え?

八重子) 昨日からまた、お菓子屋

 さんに働きに行ってんやで。

糸子) えっ、ほんま?

八重子) 「家でじいっと籠もっちゃあ

 たかて、余計に気ぃふせぐやろ」

 ちゅうて、泰蔵さんが勧めたんやし。

糸子) ほんまけ?

 ああ、よかった! そうか。

 

**********

 

(菓子屋をのぞく糸子)

 

勘助は、

やっぱしボ~ッとしちゃあたけど、

そいでも前とおんなしように、

菓子屋の店先に座ってる。

そんだけで、ずっとずっと、

元気になったように、

うちには見えました。

 

それがあんましうれしかったもんで、

もっと元気にさしたろて思てもて。

 

**********

 

<夕方>

勘助) ほな、また明日。

女性) うん、また明日。

糸子) 勘助!

 

ちょっと、

先を急ぎ過ぎたんやと思います。

 

糸子) 寒いし、コーヒーでも飲みに

 行かへんか? おごったんで。

勘助) いや…ええわ。

糸子) あ、いやいや、そやけど、

 待っちゃったんやで。

 あんたとコーヒー飲みたあて。な?

 

**********

 

<カフェ・太鼓>

糸子) 去年の夏か、

 平吉も出征しよってな。

勘助) ふ~ん。

糸子) 見送りにも行ったけど、

 あんたん時ほど、派手やなかったで。

 やっぱしあんたの頃が一番、

 派手やったわ。うん。

(ドアが開く音)

糸子) あ、来た!

サエ) ああ、久しぶりやなあ、

 糸ちゃん!

勘助) 勘助、覚えてるか?

サエ) 覚えてる、覚えてる!

 なあ、久しぶりやなあ!

 戦地行っちゃってんて?

 よう無事で帰ってきたなあ。

糸子) あんた今軍需工場で

 働いてんやて?

サエ) そうや。ダンスホールなんか

 とっくに閉鎖されてしもたよって、

 踊り子みんな今工場勤めやで。

 はあ~しんど。

(体を震わせている勘助)

サエ) ちょっとすんません!

 コーヒー頂戴。

糸子) 勘助?

サエ) どないしたん?

勘助) うっ…。

(吐きそうになりながら店を

 飛び出していく勘助)

糸子) 勘助?

 勘助、大丈夫か!?

サエ) え?

糸子) ちょっと子ども見ちゃって。

 勘助~!

(勘助を追いかけて店を出る糸子)

 

**********

 

<河原>

 

(勘助を追いかけて走る糸子)

 

(草むらにうずくまり、号泣している勘助)

 

**********

 

<夜・小原家>

(食事をしている一同)

昌子) 先生? 先生!

糸子) え?

昌子) うどん、全部落ちてますよ。

糸子) あ…。

 お代わりよそてくるわ。

 はい、直子。お父ちゃんに

 おぶ飲ましてもらい。

(戸をたたく音)

勝) 誰か来たで。

 

**********

 

<店>

(表にずぶ濡れで立っている玉枝)

糸子) おばちゃん…どないした?

玉枝) 勘助に何した?

糸子) え?

玉枝) 糸ちゃん。

 あんた勘助に何してくれたんや?

糸子) 勘助が、どないかしたんか?

玉枝) さっき、

 2階から飛び降りようとしよったわ。

(勘助のもとへ行こうとする糸子)

玉枝) やめてくれ!

糸子) え?

玉枝) 糸ちゃん。あんた金輪際、

 勘助に会わんといてんか!?

糸子) 何で…?

玉枝) あんなあ、糸ちゃん。

 世の中っちゅうのはな、みんなが、

 あんたみたいに強い訳ちゃうんや。

 あんたみたいに勝ってばっかし

 おる訳ちゃうんや。みんなもっと

 弱いんや。もっと負けてんや。

 うまい事いかんと悲しいて、自分が

 みじめなんも分かってる。そやけど、

 生きていかないかんさかい、

 どないかこないかやっとんねん。

 あんたにそんな気持ち分かるか?

 商売もうまい事いって、

 家族もみ~んな元気で。

 結構なこっちゃな!

 あんたにはな…

 なあんも分かれへんわ!(泣)

 どないか働きに出れるよになった

 のに…。ここまでうちらがどんだけ

 神経すり減らしてきたか、あんた

 には想像もつけへんやろ!?

 今の勘助に、

 あんたのずぶとさは毒や!

 頼むさかい、

 もううちには近づかんといて。

(立ち去る玉枝)

 

**********

 

玉枝の中の人の鬼気迫る演技がすごい。


あんなあ、糸ちゃん。
世の中っちゅうのはな、みんなが、
あんたみたいに強い訳ちゃうんや。
あんたみたいに

勝ってばっかしおる訳ちゃうんや。

みんなもっと弱いんや。

もっと負けてんや。
うまい事いかんと悲しいて、

自分がみじめなんも分かってる。

そやけど、生きていかないかんさかい、
どないかこないかやっとんねん。
あんたにそんな気持ち分かるか?

 

セリフに、説得力がありすぎるのがつらい。

糸子を見ていると、自分が生き残れる気が

しない。反対側にいると…思い知らされる。

 

今の勘助に、
あんたのずぶとさは毒や!
頼むさかい、
もううちには近づかんといて。

 

きつい言葉だけど、分かり過ぎてつらい…。

糸子の生命力は、ずぶとさは時に毒になる。

眩しくて、光が強すぎて、きつい毒になる。

そういう居たたまれなさを感じられるよう、

そういう風に、ずっと描かれてきたしね…。

糸子が悪いわけではないし、糸子のような

人も必要なのだけれど。きついわ、ホント。

 

 

「カーネーション」関連ブログはこちら↓

「カーネーション」関連ブログリスト
「朝ドラ」関連ブログリスト

 

ランキングに参加しています。
ポチっとしていただけると、嬉しいです♪
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

taaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.