Pi坊日記ブログ『舞うごつよかばい』

Pi坊日記ブログ『舞うごつよかばい』

作曲家・シンガーソングライター・ゴスペル指導・ヴォイストレーナー・食いしん坊
音楽家のPi坊による日々のあれこれや、音楽のお仕事についてのエッセイブログです。

2020年は本当に大変な1年でしたが、僕の指導するゴスペル隊は感染対策を講じながら、なんとか集まれるメンバーで歌ってきました。

もちろんステージなどは一切中止ですから、発表の場はありませんでした。

ですが、そんな1年でもどうにか歌ってきた軌跡を残そうと、去年はリモートでの撮影を行い、作品を作ることにしたのです。

 

第二段は、

シニアゴスペル・横浜ジーバーズ

今宿サンライズゴスペル

笹野台サンライズゴスペル

元町いぶし銀ゴスペル

の4団体合同クワイヤによる作品です。

 

それぞれの距離を超えて、歌声が一つに重なりました!

すごい時代!楽しい時代!

曲は、このコロナ禍に癒しを送る【You Raise Me Up】をゴスペルバージョンにアレンジしました。

 

《You raise me up, so I can stand on mountain》

《You raise me up, to walk on stormy seas》 

私たちゴスペル隊も、僕のような音楽家も、どの方もどの職業の方も、誰かが肩を貸して支えてくれるからこそ、山のいただきのように足場が不安定な世の中も、荒波のような世間も生き抜くことが出来ています。 

批判や中傷だけが渦巻く悲しい日々ですが、決してそのことを忘れないようにしたいものです。 

 

アメリカの実業家ヘンリー・J・カイザー氏の言葉 『困難は作業着を着た幸運だ』と言いました。 

このコロナ禍の困難の先には、きっと幸運が待っている。

このコロナ禍の困難の先で《To more than I can be(私はもっと強くなれる)》 

僕はそう信じます。
 

最後に、大変な状況の中で一所懸命、一期一会で歌ってくれたメンバーに心から感謝します。

可愛い愛弟子たちよ、愛してる♪

 

●リモート第一段

国立P&Pゴスペルと市川Vosky Of Soulの合同クワイヤで歌う【カントリーロード】

 

●Pi坊&Pi坊ファミリーゴスペルで歌う【辛夷の花】

 

2020年は本当に大変な1年でしたが、僕の指導するゴスペル隊は感染対策を講じながら、なんとか集まれるメンバーで歌ってきました。

もちろんステージなどは一切中止ですから、発表の場はありませんでした。

ですが、そんな1年でもどうにか歌ってきた軌跡を残そうと、去年はリモートでの撮影を行い、作品を作ることにしたのです。


第一段は、国立P&Pゴスペルと市川Vosky Of Soulの合同クワイヤによる作品です。

東京、千葉を超えて、歌声が一つに重なりました!

曲は、ジブリでお馴染みの【カントリーロード】を、ゴスペルバージョンにアレンジしています。

 

この歌の歌詞にある、 

《この道 故郷へ続いても 僕は行かないさ》 

《帰りたい帰れない さよなら》 

 

故郷は“コロナ以前の世界”に置き換えられるかもしれません。

もう帰りたくても帰れない状況になってしまいました。 

オーラの泉で有名な江原啓之さんが、今年の初頭にこんなことを言ってました。

「あきらめることも大事。いっそ仕切り直す。そうすれば楽になることがたくさんある。」

 

過去にとらわれず、思いきってサヨナラと手を振って、新しい世界へ飛び出せば、きっと未来は開ける!

《強い自分を守って》、一緒に歩いていきましょう!

 

このリモート動画が、世の中で苦しんでいる方々のお耳に届きますように。 

誰かの元気と笑顔の源になりますように。

 

最後に、大変な状況の中で一所懸命、一期一会で歌ってくれたメンバーに心から感謝します。

本当にありがとう!

さすが愛弟子たち!

大好きよ♪

 

★リモート動画第2段も現在制作中!

こちらは、さらに倍の4団体合同で歌っています。

どうぞお楽しみに!


新年あけましておめでとうございます。

皆さまのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

 

昨年は、コロナ禍において音楽業界のみならず、どの職種の皆さまも、どなた様もご苦労の多い1年でした。

そんな中、素晴らしいご縁に恵まれ、たくさんのご支援をいただき、音楽家として生かしていただいたこと、本当にありがたく感じています。

感謝を胸に、皆さんに音楽を通じて微笑みのある毎日をお届け出来るよう、精進して参ります。

 

本年も何卒よろしくお願いいたします。

 

愛を込めて

2021年元旦
Pi’sful World Music

Pi坊

 

去年お会い出来なかった皆さん、そして支えてくださる皆さんに歌いました♪

コロナ禍を機に、森の生活を初めて5ヶ月が経ちました。

 

山の中のポツンと一軒家は静かで穏やかで、音楽にもゆっくり向き合えて、改めて引っ越して良かったなと思っています。

とは言え、自然と隣り合わせで住うのは、良さだけではありません。

落ち葉は掃けども掃けども積もるし、先日は近所に猪も出たそうです!怖い!

自然は決して休ませてはくれないと日々実感中です。

総じて全てがマメになりますよ。絶対にサボれないもの。

林間学校とか、学生時代は「なんのために行くわけ?」と全く意図を感じられずにいましたが、このマメさを学ぶためだったのね。

 

季節感も、都会の比ではありません。

森の夏はさぞや涼しいだろうと期待していましたが、ちっともそんなことはなく、むしろ湿気が多くて大苦戦でした。

「箱根には美術館がたくさんあるけど、実は湿気が多く、物を保管、展示するには向かない土地だ」と言われてますが、こうして住んでみると、本当にそうだなあと頷けます。

除湿機フル稼働、蚊取り線香の使用量は前年比の450%くらい!

実に実に、夏らしい蒸し暑い夏でした。

 

蚊はもちろんのこと、夏に家の中に登場したものを羅列すると、

蜘蛛、ゲジゲジ、ムカデ、ひぐらし、カマドウマ、蛾、クワガタ、カブトムシ。

そして果てはサワガニ!

カニが台所を歩いてた時には、思わず笑いました。

人間の適応能力とは恐ろしいもので、意外とこんな状況にも慣れるし、戦えるようになります。

 

とある夏日、うちの前に一台の車が停まっていて、どこかの営業かしら?と思い、

「あのう、どなたですか?」

と尋ねたら、乗ってた女性の方が、

「す、すみません、勝手に停めちゃって。く、く、車の中に大きな蜘蛛がいて・・・キャア!あ、あれです!ヒャー大きい!た、助けてー!どうしようどうしようどうしよう!!!」

と、大パニックになっていたので、手ではたいて追い出したら、すごくすごくそれはそれは感謝されました。

僕がちょっと成長してワイルドになったのか、ただ田舎のおっさん化してしまったのか。

どちらにしても、

「あ、怖さの感覚が変わったんだなぁ」

と思いました。

猪はダメだと思いますが。

 

と、夏の余韻に浸っていたら、先日急に11月並の寒さになった日があり、これがまた寒いこと寒いこと!

慌てて、ストーブの準備をして、あ!まだ灯油を買って無かった!と気づき、

「と、と、とり急ぎコタツを出そう!」

と、ひとしきり大騒動でした。

そしたら、こないだはまた夏日に逆戻りなんだもの・・勝手よね、秋って。

 

最近は、ノコギリ片手に山を歩き回って、家の周りの木々を切り倒しまくっています。

湿気対策、そして日差しをもっと確保したい。

我が家の周りは竹林なのですが、背が高いから日差しを遮るのです。

風が吹けば、そよそよと涼しげに・・笹を落とすしね。(そしてまた掃き掃除をしなければならない)

竹って、思っていたよりもずっと長くて、ずっと重いのです。

 

ご近所さんも、年間100本はくだらないほど切るそうで、

「日々竹と戦うのよっ!!」

と、熱くおっしゃっていました。

 

でも、やること満載の日々はとても充実。

毎日クタクタになるから、よく眠れるし、ちょーっとだけ痩せた。

自然のトレーニングジムだと思ってます。

山に少しずつ手を入れて整えていくのは気持ちがいいし、何より自然は美しいです。

森の生活初心者にも、その見事を存分に見せてくれます。

四季を楽しみながら、まぁ20年計画くらいでのんびりやろう。

歌も山生活も、まだまだこれから!

 

★東京都の芸術文化活動支援事業

「アートにエールを!東京プロジェクト」に参加しています!

https://cheerforart.jp/detail/3441

 

YouTubeのチャンネル登録もよろしくお願いします!

Pi坊のさしより音楽ば!

発声練習他、作曲法など音楽のお役立ち記事を随時掲載中!

note『Pi坊の音作務』

未だコロナウイルスの第二波が心配な状況下で、これから寒い季節も到来しますが、今後止まってしまうことも視野に入れつつ、今は今出来ることを出来るだけ精一杯、細心の注意を払いながら進めていくより他にありません。

私たちは、出来うる限りの感染対策を行い、活動を再開しています。

 

今週は、市川Vosky Of Soulのレッスンでした。

例年であれば、この時期はクリスマスコンサートに向けて絶賛練習中のはずですが、今年はリモート動画制作に向けて練習を進めています。

いつも前向きに明るく、次々と面白い案を出してくるメンバーたちです。

きっとコロナ禍にあっても、諦めず、また面白いことを考えてくるんだろうなぁ〜と、ワクワクしております。(内心ドキドキ?笑)

 

入り口では、スタッフが待ち構えて検温を行っておりました。

検温の関所です。

その下には、電動式(手で押さなくても良いタイプ)の消毒液も設置してあり、ウイルスの侵入を防いでくださっています。

コロナ禍で仕事が大幅に増えたであろうスタッフ陣たちの細やかな努力に、本当に頭が下がる想いです。

 

ここの稽古場はもともとかなり広く、ソーシャルディスタンスは確保しやすい状況です。

それに加え、隣の部屋も、その隣の部屋も、全てのドアを開け放して、換気を最大限に行っております。

他の部屋ではレッスンを行なっていないので(たぶん意図的に組み替えていただいたのですね!)、例えば一部屋ごとにパートごとに別れて密を回避する、なんてことも今後は出来そうです。

 

講師の前にもアクリルシート。

アクリルシートはメンバーの表情が見えにくく、発声などでは苦戦することもありますが、これも安全のため!

 

最近、市川までは首都高で通っています。

首都高って、僕みたいな田舎モンにはたまらなく都会を感じるのよね〜♪

毎回ディズニーランドの横を通る時、「きゃー!シンデレラ城!!見て〜!」

毎回お台場を通る時、「きゃー!フジテレビ!!見て見て〜!」

と、1人はしゃいでおります。(笑)

もうすぐ都会に出て20年も経つのに、まだ相変わらず九州の田舎の男でしたばい。

コロナ禍レッスンのちょっとした楽しみになっています。

 

《市川Vosky Of Soulでの感染対策取り組み》

・入室の際の手洗い、消毒徹底

・検温の実施

・ソーシャルディスタンスの確保

・マスク&フェイスシールドの着用

・講師の前にアクリルシートを設置

・随時換気を欠かさない

・床、ピアノ、椅子の消毒作業

・荷物を床に置かない

 

他にも、取り入れられる方法は、どんどん試していくつもりです。

公演はしばらく無理だとしても、コロナによって貴重な交流や成長のチャンスを無にしたくはありません。

 

呼気を伴う、歌やダンスなどは、私たちも含め、どの団体も大変だと思いますし、再開への躊躇もあるはずです。

「こんな素晴らしい方法があったよ!」と発信しながら受信しながら、みんなで助け合って文化活動を進めていければと考えます。

皆さん、共に頑張りましょうぞ!

 

★エッセンシャルワーカー、ソーシャルワーカーを応援する

【神奈川県マグカル開放区 バーチャル開放区】に参加しています!

https://kaihouku.pref.kanagawa.jp/?virtual=2483

 

 

★東京都の芸術文化活動支援事業

「アートにエールを!東京プロジェクト」に参加しています!

https://cheerforart.jp/detail/3441

 

 

YouTubeのチャンネル登録もよろしくお願いします!

Pi坊のさしより音楽ば!

発声練習他、作曲法など音楽のお役立ち記事を随時掲載中!

note『Pi坊の音作務』