普通なら

「成功体験」は

・やったー!嬉しい!

・やればできるじゃん!

などプラスの感情を得ることによって

[行動を促進]させるとても良いことなのですが



ダイエットにおいては、

「成功体験」のせいで

ダイエットが失敗してしまうことがあります。

 


------------------------------------------
初めましてこんにちは。
「太らない習慣づくり」をシステム化して
体型のストレスに苦しむ人を救いたい
山口功です。
――――――――――

今回は
そんな【偽の成功体験】に惑わされないように
適切な判断をして
ダイエットを成功させよう
という話し
------------------------------------------

▼【偽の成功体験】とは


いきなり結論。





【偽の成功体験】とは

 



➤「短期」で「少量」の「体重減少」


そして



➤「健康を害する恐れのあるもの」

 


の片方あるいは両方です。



たとえば


(例①

▶状況
最終目標は10㎏痩せることという目標を立ててダイエットを始めた。

▶体験
糖質制限ダイエットを始めたら1週間で3㎏体重が落ちた

とか

 

 



(例②

▶状況
ダイエットを始めてから、4ヶ月ほど、
5㎏痩せた状態で停滞期になった。
もう1ヶ月、体重が変わっていない。

▶体験
思い切ってカロリーを500kcal落としたら
2日後から体重がするすると落ち始めた。

とか

これが【偽の成功体験】です。






------------------------------------------
➤なにが【偽の成功体験】だったのか


―――――
まず情報として、

人間の身体というのは

「慣れ」というものがあります。



※「慣れ」という表現も事実をゆがめるので好きではありません



下の記事でも書いたように

摂取カロリーを下げれば

消費カロリーも下がります

 

 

 





ということで

さきほどの二つの例では

なにが【偽の成功体験】なのかというと

 



「短期」で「少量」の「体重減少」という結果を



▶「糖質制限をした」=「体脂肪が落ちた」

▶「停滞期にカロリーを落とした」=「体脂肪が落ちた」



という誤認をしてしまったということ。



また

両方とも健康に害を及ぼす可能性があることです。

 

 

-------------------------------------------

➤例①の[糖質制限パターン]の誤認


糖質制限をしたら1週間で3㎏も痩せたよ!!!



この偽の成功体験の認識には

[2つ]大きな誤認があって、



ひとつは

▶「糖質制限をした」=「体脂肪が落ちた」

の「体脂肪が落ちた」の部分。





なぜか人間は

体重が落ちると

痩せたと勘違いしてしまう。




体重は



゛体脂肪の量だけ"を測れるものではないのは



みーんなわかっているはずなのに



なぜか体重が減ると



「痩せた!」と喜んでしまう。




いっぱい食べると、のど乾くでしょ?



いつもより食べない日はあんまり水飲まなくない?





糖質減らしたぶんだけ

「脂肪以外のなにか」が減ったことを

「体重が落ちた」と勘違いしてしまうのが

ひとつめの誤認。

 

 



ふたつめの大きな誤認は

▶「糖質制限をした」=「体脂肪が落ちた」

の「糖質制限をした」の部分。





糖質制限もちゃんと痩せます。

でも、

「糖質を控えるから」「痩せる」が正解なのでしょうか?






正解は


糖質を控えることで、



「カロリー収支がマイナス」になったから「痩せる」



がほとんどの場合正解です。



思考が浅いと

結論を見誤ってしまう。



ということで

①糖質制限パターンの誤認は

▶「体重」=「体脂肪(太った・痩せた)」

▶糖質制限【だから】痩せた

でした。

 

----------------------------------------------------

➤例②の[停滞期にカロリー落とすパターン]の誤認


まずこれだけははっきりと書かなければならない、、、



停滞期には

「カロリーを上げましょう」

「ちょっと好きなもの食べましょう」


あと

「絶対あせっちゃいけない」





というのを踏まえて[実例]をお伝えします。

 

 



 



あるハゲ男が、1日の消費カロリーを計算したら

[推定消費カロリー]が【2,800kcal】程度でした。

 



ハゲ男は

1日の[摂取カロリー]を【2,000kcal】に設定して食事をしました。





ハゲ男は順調に体脂肪を落としましたが

2ヶ月ほどで体重が落ちなくなります。

[停滞期]です。




ハゲ男は

「2,000kcalで痩せないということは

1日の消費カロリーが2,000kcalぐらいになっているのか!



じゃあ[摂取カロリー]を【1,500kcal】に落とそう!」

と考え実行します。






ハゲ男はまた痩せ始めました。

「よしよし、いいぞー。

さらに摂取カロリーを落とせば痩せるんだな」

と【成功体験】をします。




しかしまた1ヶ月ほど経ったところで

[停滞期]がやってきます。




「前回の停滞期では[摂取カロリー]を下げれば

また痩せたんだ。

今回もそうするしかない!」

 





これの繰り返しで、

ハゲ男は最終的に

1日【1,000kcal】まで食事量を落としました。





結果、

ハゲ男はきっちり絞りきり

 



初のボディビル大会(新人戦)で見事優勝を飾りました。

 



しかし

彼は「健康」を失い



大会前の2ヶ月ほどは「抑鬱状態」になり



普通の生活を送ることさえ困難で



1日の行動は筋トレを行うのが精いっぱい。



ボディビル大会に出ることだけが支えになってしまう



という非常に不安定な状態になってしまいました。



そしてさらにハゲが増してしまいました。







そうハゲ男は私です。



人間は食べないと不健康になります。



「食べない(摂取カロリーを下げる)」=「痩せた」



という【偽の成功体験】が



どんなときでも「摂取カロリーを下げる」から「痩せる」



という誤認に繋がった



という僕の実例でした。







長くなったので簡単にこの状態の解決策を解説すると

元々【2,800kcal】消費していたものが

摂取を【2,000kcal】にしたことで

消費も【2,000kcal】ぐらいに下がった。



そしたら[摂取(食事)]を下げるのではなく

[消費]を戻す策を立てなければならない。



[消費]を戻すには

身体が元気になるような方法を取ること。



[摂取]を上げる(食事を増やす)ことがてっとり早い。




元々の【2,800kcal】まで戻しても


太ることはないのだから
※消費が下がった状態からは少し太る感覚があります。



【2,800kcal】まで戻しても

なんなら1日だけならもっと食べても大丈夫。





加えて

食べれないストレスも代謝異常の原因になるので

いつも制限していた「食べたいもの」を食べることも有効。




です。

------------------------------------------
▼まとめ


ということで

ダイエットでの【偽の成功体験】は

とんでもない[誤認]を生むし

健康を害する恐れがあるので

逆効果になってしまうよ

というお話しでした。

 

------------------------------------------

どうかハゲ男のように「健康」だけは害さないように願っています。

・ホームページ
・料金表
・ご連絡
などは下のリンクツリーよりどうぞ

https://linktr.ee/piecefitness

#ダイエット
#習慣
#パーソナルトレーナー
#パーソナルトレーニング
#ボディメイク
#成功体験
#習慣づくり

 

 





自己肯定感が低い。

自己肯定感ひくひく人間。





完璧主義で

すぐ人のせいにして

なにやってもうまくできなくて

なーんか人生に光が見えなくて

ただ日々与えられたことを適当にこなすだけの毎日。








なにかを頑張ろうとすると

空回りして周りの空気を乱すから

「頑張るってだせぇよな」

なんて言って一生懸命やることすらやめた。





楽しみと言えば

酒飲んではしゃいで嫌なことを忘れる。

好きな漫画を読む。

欲しい服いっぱい買って発散する。

なんていう

生産性の無い「目の前の快楽」だけ。







こんな自分ていやだなー

変わりたいなー

とか思いつつも

別になにか行動を起こすわけでもなく。

なにをすればいいか考えるわけでもなく。





なんとなく過ぎ去る日々のなかで

環境が変われば自然と周りも変わるんじゃないか

みたいな何の根拠もない自分勝手な未来予想


とか


別に俺は嫌われ者だし、ぜんぜん友達とかいらないし

みたいな強がりというか

諦めというか

自己防衛。



そんなのが昔の自分。







【行動】しなければなにも変わらないのに

[周りの環境]のせいにして

[なにをすればいいか]を真剣に考えない。



そんな自分が変われたのが

「ダイエット」に成功したから。

そして

「太らない習慣」を身に付けられたから。



実は

「ダイエット」の成功や

「太らない習慣づくり」の成功には

【嫌いな自分】を変える力がある。








なにか

[困難なことを成し遂げる]

という行動は

実はすべて繋がっていて

「手段」が違うだけで

「方法(メソッド)」や「仕組み」はだいたい同じ。



例えば

「ダイエット」を成功させるための「手段」は

▶運動

▶食事




「夜更かしをしない」を成功させるための「手段」は

▶〇〇時にスマホを切る

とか

▶〇〇時にお風呂に入る

とかになる。



でもその方法(メソッド)は

▶目的を明確にする
(それを達成しなければならない理由)


▶どうすれば目的を達成できるのか考える
(思考力)


▶目標を設定する
(効果的な目標設定術)


▶やり遂げる力を育てる
(考え方を変える)


▶今すぐできる小さなことから行動し始める
(後回しにしない技術)


▶行動と結果の振り返りをする
(データベースを作る)


▶目標や計画を修正する
(トライアンドエラー)




だいたい同じなわけです。







つまり

なにかひとつでも

[困難なことを成し遂げる]

ことができれば



それはもう

他でも同じことをすれば良いだけになるので

「今よりも、人生がうまくいく」ようになるのです。



自分に自信もつきます。

他のこともやり遂げることができるようになります。

するとどんどん行動できるようになります。

思考力も上がるので、なにをすればいいのかが分かってきます。

自分のことを好きになれます。







「人生のすべてがうまくいくのか」

と言われればそうではない。



とても偉大な成功者

というのは

思考のレベルも

技術のレベルも

それはもうトップクラスで、

僕の想像にも及ばなくて、

きっと「人生の成功者」になるためには

そこまでいかないといけないんだろうけど、



「ダイエット」

というのは割とそのレベルが高くなくても

成功できるものだと思っています。



経済を動かすわけでもなく

人を動かすわけでもなく

個人で解決できることだから。



なにより

なにもできない僕ができたから。

これは個人の感想です。







僕は

世間のみんなより

最初のスタートラインが下過ぎたから

まだまだ未熟で

できないことばっかりで

毎日教わることばっかり。



だけど

自分ができることに自信を持ってるし

うまくいかなくても落ち込むことも少ないし

できないことはできるようになるように頑張れるし

なにより

いろいろなことはできなくても

「自分にしかできないこと」に一生懸命になって

毎日充実してる。

自分のことが好きになれてる。





だから僕は

昔の僕と同じように

▶ネガティブ

▶自分のことが嫌い

▶なんか人生うまくいかない、つまらない

そう感じている人に

僕の得意な

「ダイエット」



これからもっと得意になりたい

「太らない習慣づくり」

を通じて



➤あぁ人生って楽しいな!

➤いろいろと前向きに考えられるようになってきた!

➤自分のこと、好きー!

ってなって

人生をもっともっと豊かなものにしてもらいたい。

って願っています。





僕が勝手に思っているだけで

他の人からしたら

お前に心配される筋合いはねぇよ!

って感じでしょうけど、

いちおう現時点の僕の【人生の意味】のひとつは「コレ」なので

毎日がんばれてます。


 ー---------



勝手に自分語り

自分に酔っちゃってるブログでした。

・ホームページ
・料金表
・ご連絡
などは下のリンクツリーよりどうぞ
https://linktr.ee/piecefitness 






痩せたいのに痩せられないんですか?

僕もすごいその気持ち分かる。

 

 

 



そんなアナタは

ぜひ!

自分の本当の【欲望】に気づいてあげて!

これが[太らない習慣づくり]の第一歩です!





僕が習慣づくりのために参考にしている書籍、

大平信孝先生の著書で

さんざん【欲望】の重要さについて書いていますが

特に「本気で変わりたい人の行動イノベーション」で

強くそのメッセージを感じます。

 

 



[ダイエット]

[太らない習慣づくり]でも

【欲望】に気づき

【欲望】に忠実になることがとても大事

というか、ダイエットはそこからがスタートです。

 

――――――――――

初めましてこんにちは。

「太らない習慣づくり」をシステム化して

体型のストレスに苦しむ人を救いたい

山口功です。

――――――――――

今回は、

ダイエットに失敗する人は

➤自分の【本当の欲望】を知らない

そして

➤【本当の欲望】に気づくためには?

というおはなし。

 

 

本気で変わりたい人の行動イノベーション|大平信孝著

より一部引用

――――――――――
▼ダイエットが出来ない人



ダイエットって難しいですよねー。

でもですね、

これって

自分の【本当の欲望】に気づけていないから

難しいと思うんです。

 





って言うと



私はいつも【欲望】に忠実に

➝「食べたいものを」

➝「食べたいときに」

➝「食べたいだけ」

食べているよ!

 



【欲望】に気づいているよ!

って。

思っちゃうのですけれど。

それって【本当の欲望】なんでしょうか?







もしそれが【本当の欲望】なのだとしたら

本当に自分が望んでいることなら

食べた後に「後悔」をしないのではないでしょうか?

 









きっと、心の奥の方にある【本当の欲望】は

▶「綺麗な身体でいつも気持ちい良い気分でいたい」

▶「理想の身体になって、みんなから褒められたい」

▶「醜い身体でいるのは不快でしょうがないから嫌だ」

そう願っているのではないでしょうか。







しかしこの【本当の欲望】に気づけないと

▶「現在の体型でも良い」理由探しをして

現状を受け入れ、

(まぁいいか)と妥協してしまう。



言い方を変えれば

「現状に満足している」状態。



「現状に満足」していれば

現状が変わることなど絶対にありえません。


現状の体脂肪はそのままです。

 





痩せたいのに痩せられないのであれば

あなたには

▶「絶対に痩せたい理由」

▶「痩せなければならない理由」

が無い(見つけれてない)んです。



そしてその「理由」は

【本当の欲望】に忠実になることで生まれます。

 







それでもまだ

【本当の欲望】は

「好きな時に」「好きなものを」「好きなだけ食べる」

ことだと、

そう思ったなら

もう理想の身体は手に入れていますよ。。。

 

 



そんなあなたにとって、

「痩せて綺麗な身体」

なんて世間の風潮が生み出した幻想です。

「体脂肪がたっぷりついた身体」が

【本当の理想の身体】です。

 

 

―――――――――――

▼本当の欲望に気づくために



本当に痩せたいと願っているのなら

まずやることは

【本当の欲望】に気づいてあげることです。





【本当の欲望】に気づくためには

[毎朝][毎晩]

「本当はどうしたいの?」

と自分に問いかけてあげてください。



1分だけ、

たった1分ずつだけ

「本当はどうしたいの?」

で出た答えをどんどんメモしてください。







大人になると

自分の「心」に蓋をして生きています。



社会生活を潤滑に送るためには

「心」で願っていることを抑えて

「頭」で考えている

➝〇〇しなければならない

➝〇〇すべき

という経験則に基づいた行動が必要になる。



「頭」で考えて行動することは

社会生活を送るためには必要かもしれませんが

【本当の欲望】を知るためには邪魔になる。



「頭」だけで考えていることは

「心」を殺してしまっています。



大人はこの「頭思考」が沁みついてしまっているから

[自分が本当はどうしたいのか?]

という「心思考」ができない。

子供にはできることが、大人はできない。

 





▶「仮面ライダーになりたい!」

▶「リカちゃん人形になりたい!」←?

▶「お花屋さんになりたい!」

子供なら簡単にできる

心から「好き」なものになりたいと願うことは

大人になると

▶「いやいや仮面ライダーって・・」

▶「仕事はどうするの」

▶「悪の組織なんてどこにあるの」

という過去の経験から、現実をみてしまうからできない。





世の中の大人たち。

子供の心を取り戻そう!

なんてことは言わないけれど。



痩せたいけど痩せられない大人たち。

どうか「心の声」を聞いてあげてください。

[毎朝][毎晩]

▶「本当はどうしたいの?」って。

▶「痩せてなにを手に入れたいの?」って。

▶「痩せてなにを達成したいの?」って。



そこから

【本当の欲望】に気づいてあげてください。



どうか

【目先の欲望】ばかり優先せずに

心の底から望む

【本当の欲望】に気づく努力をしてあげてください。







もちろん

それでもダイエットは難しい。



だいたい、

「痩せたい」と願うときは

【生理的(本能的)欲求】が満たされているとき

つまり【満腹】のときで、

【空腹】になると本能が顔を出すから。



だからダイエットは難しい。



でも

だからこそ

【本当の欲望】に気づいてあげなければ

難しいダイエットなんかできるはずがない。



【本当の欲望】こそが

あなたの「行動」を突き動かすエネルギーになるから。

「頑張ろう!」としなくても

勝手に行動できるようになるから。

 





あなたがまず頑張ることは

自分の【本当の欲望】に気づくこと。

 

 

――――――――――

熱い気持ちがあふれ出して止まらない、

上から目線で偉そうな、

長くてウザいブログでした。
 

 

・ホームページ
・料金表
・ご連絡
などは下のリンクツリーよりどうぞ

https://linktr.ee/piecefitness