第45回親子スクール~階段と切取~ | pico2015futsalのブログ

pico2015futsalのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
昨日のブログでも掲載させていただきましまが
 
シュライカー大阪やってくれましたね!
 
(↑小曽戸選手のゴールを含むハイライト)
 

 
いよいよ今夜はFリーグプレーオフ第2戦。
 

2/17(日)18:00kickoff
シュライカー大阪 VS 立川・府中アスレティックFC


AbemaTV生中継!

 https://abema.tv/video/episode/38-199_s22_p1

場所:駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場

 


 

このあとAbemaで生中継も!

 

小曽戸さんからキラリファミリーも


ご招待いただけてます(^^)ウツルカナ♪

 

頑張れシュライカー!


 

 

【約束を果たす時 ~夢の実現~】

 (↑1日で2500超えアクセス数だったブログはこちら)

 

 頑張れ小曽戸選手\(^^)/

 

 
さて。
 
今日 2/17(日)は
第45回親子スクール
今回もたくさんの仲良し親子が県内外から

ご参加いただけました\(^^)/

毎回評判を聞いて遠方からはるばる

ご参加いただけるのは

本当にありがたいです。


おや?

 
親子スクール開始前

普段は一番下でお兄さんお姉さんに

遊んでもらっているキラリキッズU-6生

元火曜MIXスクール生の愛娘と

遊んでくれています(*^.^*)


 
年下の子達がいると本当に驚くくらいに

お姉さんになるからまた面白い。

そしてまたさらに可愛い。

こうして子供達ながらに色々な大切なこと

受け継がれていくのでしょう\(^^)/



と、いうわけで

 
いよいよ親子スクールスタート!

残念ながら強風のため施設内にて。



今回も【親子の距離感】こだわっていただきます。

『パーソナルエリア』

普段からこんな距離感で対話していますか?

これくらいの距離間で遊んでいますか?

 (↑アイスブレイクに恒例【5タッチゲーム】)


子供達が求めているのは
《親との一体感》
だからこそ幼少期には
ボディーコミュニケーション
ハンドコミュニケーション
そして
コミュニケーション(言葉のキャッチボール)
が必要となるのです。

 
我が子に対して何かを

やらせるのか
見守るのか
教えるのか
伝えるのか
気付かせるのか

おそらく正解不正解はみつからない。

でも楽しいから何回も挑戦できる。

できなかったことができるようになると嬉しい。

嬉しいからまた楽しい

誉めてもらえるとまた嬉しい。

はい。嬉しいからまた楽しい

とにかく大人は誉めてあげることから。
 
 
《子供は鏡》

人の悪い部分だけを指摘する大人になるより

人の良い部分をみつけて真似できるような

立派な大人へと成長してもらうためにも

まずは親御様が我が子の良い部分を常にみつけ

言葉にして誉めてあげることから\(^^)/


何回お手て叩けるかな?
 
目の前に大好きなパパママがいるからこそ

安心してチャレンジができるのです♪


 
 
さりげなくボディーコミュニケーション(笑)

《思い出の共有》

こうして共に過ごした時間は

一生忘れることはないでしょう。

手で身体で言葉で脳裏にやきつきます。


 
子供達にはみんな無限の可能性が!

とにかく誉めてあげましょう。

楽しい嬉しいは何より大切な時間の使い方。


 
パパママ頑張って(笑)

普段しない動き方・身体の使い方

遊びのなかでこそ身に付くものです。

 
何より笑顔が1番ですよね(*^.^*)


子供達が1番見たいものって知ってますか?

それは『親の笑顔』だそうです。

親が笑うから子供も笑顔になるのですね。




さぁ少しずつ難しい遊びにチャレンジ!

《難しい = できたら嬉しい = 楽しい》

子供達が1番集中できる脳の状態って

「あとちょっとでできる」時だそうです♪

簡単すぎても退屈で飽きてしまうし

難しすぎても諦めてしまいます。

 
【階段】
➡️簡単な場合自分でもっと難しいことを想像し
    その場に踏みとどまることなく現状に満足せず
    どんどん先(未来)へ上っていく
  
キラリキッズスクールでは皆が自己調整し

どんどん自己流・オリジナルへと【階段】

応用させていってくれます。



言われたことをそのまま無難にこなすのではなく

常に「このままでいいのか?」現状否定し

スポーツはもちろん学校でも社会でも

どんどん突き進む人間に育ってほしいですよね。


 
あら凄い(*^.^*)b

自然と笑顔が増えていきます。

同時にじつは親子の距離間を離すメニューに!

…もちろん親子の距離感はそのままに♪


 
大好きなパパママが見えなくなったらどうかな?

視野外から見守れるようになっても

心の距離感は変わらずにいられるかな?



 
とにかくいっしょに楽しみながら(^o^)




2歳達も頑張ってます(笑)

例え大人目線で飽きてるようにみえても

子供達は他の事に興味が湧いただけ!

どんどん脳は進化しています。

安心して見守ってあげてください(*^.^*)


 
 
 
どんどん【階段】していきますね。

頼もしくなりました(^o^;)

 
 
素晴らしい\(^^)/


 
楽しい時間は過ごせたかな?

 
 
【階段】とは逆に難しすぎた場合は

ただ諦めるのではなく

【切り取り】
…できなかった部分だけ切り取り部分的に練習
   できるようになったらまた改めて合体

 
「授人以魚 不如授人以漁」

 

魚をとってあげても一食にしかなりません。


しかし釣りの仕方を教えてあげれば


一生その子は食べていけることでしょう。



 
教えられたなんてきっといつか

忘れてしまうかもしれない。

でも自分でみつけた答えは

きっと生涯忘れることはないでしょう。



 
【今】自分ができること

【今】楽しいことを全力で。


 
すべては
《未来(さき)のための現在(いま)》


 
 
 
 みんなお疲れさま(*^.^*)

楽しかったかな?


今頃家に帰って「言葉のキャッチボール」で

想像と記憶。また親子で楽しんでるかな?


大切なスポーツへの入口。

フットボールに興味をもっとくれたなら

コーチは凄く嬉しいです(  ̄▽ ̄)


ぜひまたキラリに遊びにきてね\(^^)/

 

pico2015futsalさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ