福岡講演「発達障害と呼ばないで」

長崎講演「発達障害とお薬の危ない話」

終了しました。

 

 

福岡講演は述べ70人の方が来てくださいました。

ありがとうございました。

 

一人芝居の企画は、

精神的にも肉体的にもヘヴィーでした…。

「誰だよ、これやるって言ったの…私だよ…」なんて一人ツッコミを入れながら、

日々を過ごしていましたが、

 

「でも、向き合わなければ、

そして、伝えなければ未来はない」

 

と思って、やりました。

 

 

終わってほっとしています…。

 

 

でも、まだまだ、これから。

 

本当に、本当に、

今の10倍、1000倍、良くなって、

今の自分には想像できないレベルでがんばらなければいけません。

 

今の自分の延長線上に、未来はないのです。

 

 

自分の事業の拡大もそうですし、

この活動についてもそうです。

 

絶対にもっと良くなって、世界を変える。

 

そんな事を誓った3日間でした。

 

 

あなたが、今日、生きている事に感謝します。

ありがとう。

 

また会いましょう。んじゃっ。

 

10月15日は長崎講演です。

長崎は二度目です。

 

講演で、

 

「先生に、発達障害かも、と言われた…」

「保育士に、言われた…」

「検診で、言われた…」

 

というお母様たちの体験を聞かせていただく事があります。

 

早く支援を!というつもりで、

善意のつもりで、言っている方ばかりだと思いますが、

その先にあるものを、知る方は少ないようです。

 

私も、知りませんでした。

 

まさか、人を良くするための医療現場で、このような事があるなんて…。

 

調べて、色んな人の話を聞いていると、どうも、ごく一部の事例ではないようです。

今では多くの人が、気軽に飲んでいる精神薬をというものを知って行くたびに、

日本で何が起こっているのか…愕然とするのです。

 

怖くなる人もいる、傷つく人もいる…私だって、過去の体験をあまり言いたくない…

だから、この事は、私の胸にしまっておこうと思いました…が、

これから先の未来を思うと、勇気を出して、真実を話さずには、いられません。

 

ここでは、真実をお話します。

断薬へのハードルもあります。後遺症の話もあります。

「もっと早く知っていればよかった」と、涙ながらに言ったお母様の、本当に辛いお話も…。

 

本当の支援を考えておられる方、

子どもに関わるお仕事をされている方、

現場にいらっしゃる方、

お母様、薬を飲んでいる当事者、断薬した方…

 

全ての人に必要な情報です。

 

遠方からでも、歓迎します。それだけの価値があります。

 

長崎で会いましょう。

 

 

場所:長崎市立図書館 新興善メモリアルホール
(長崎市興善町1-1)

講師:小倉謙氏、伏見美穂
参加費:2000円(前売り)2500円(当日)

お申し込みはこちらからエントリー出来ます。
http://ptix.at/Px8iBN

問い合わせ:

主催の田中さんに、お願いします。
080-1189-6481
dejima53@gmail.com

参考:
市民がスポンサーとなって制作した「市民バクロスTV」
「今、医療が危ない」
https://youtu.be/_bMVJVseLww
「今、薬が危ない」
https://youtu.be/awfV4SdxTv0

今年3月の長崎での小倉さんインタビュー
https://youtu.be/1O8bO2IUmu

台風が来ている感じがまるでしない朝です。

 

今日はコチラで話します。

 

 

 

うつ病、摂食障害と診断…

てんかんと診断…

統合失調症、ADHDと診断…

 

1才7カ月から精神薬を飲んで来た。

高校生の頃から20年近く飲んできた。

でも、今は元気に過ごしている人たちのお話です。

https://www.facebook.com/events/2047032118960872/

 

 

18時15分から、福岡市NPO・ボランティア交流センター「あすみん」にて。
(21時終了予定)
入場料 1000円
 

こうやって、色んな人が体験を語る場が出来ればいいなと思います。

 

 

昨日は、過去の文章を整理していて、どへこみしてました。

…自分の狂気に。

 

 

向き合うのは、なかなか辛いですが、

 

統合失調症の薬を飲んでいる時と、

ADHDの薬を飲んでいる時の傾向が、違うのも見て取れて、本当に参考になりました。

 

統合失調症の薬を飲んでいる時は、主に身体の症状が出ていました。

落ち着きがなくなったり、そわそわしたり、息が苦しくなったり。

自分の身体がコントロールきかなくなるんです。

「アカシジア」というものなんですけど。

あと、幻覚、幻聴が出ていました。

 

それまで、幻覚、幻聴はなかったのですが、

統合失調症の薬を飲みはじめたとたん、「幻覚・幻聴」が出るのですね。

「明らかに、自分はおかしい」という自覚がありました。

その後、衝動的に川に飛び込みましたね。

 

医師に言われた事も思い出しました。

どんどん酷くなっている私が、

「働きたい」と言った時、強制入院をほのめかすような事も言われてたなと思いました。

 

 

 

ADHDの薬を飲んでいる時は、

キレやすくなったり、意味のない落ち込み、無気力がありました。

身体のコントロールがきかない、というより、心のコントロールがきかない感じで、

なのに、「自分は正気で冷静だ」と思っていたんですよね。

怒っている時ですら「こんな事されたら自分は怒って当然だ!自分は正気だ!」と思っていました。

 

 

その時の感覚って、今は、全て思い出せますし、演技として再現できます。

 

 

断薬したら、そんなに、えらいのか!と言う人っていますけど、

私は、あんなに辛い薬を飲んで、生きていこうというガッツのあるあの頃の方が、頑張っていたように思います。

(周囲には迷惑かけたと思いますが)

 

 

今は…呼吸が楽に出来るだけで、なんて人生イージーなんだと思います。

目が明確に見える、歩く事が楽に出来る、手が震えずピアノがひける。筋トレで倒れない。なんて信じられません。

 

 

あの頃に比べれば…

今の自分の課題である、事業を大きくするとか、なんてことないんじゃないかって、感じるのです。

だって、やっと…自由に動かせる身体を手に入れたから。

 

 

と、今日は、話す内容を少し書いてみました。

 

元気になるだけではなく、人を元気にすること、というのは、私が抱える次のテーマです。

自分、家族、仲間たち。助けられる場所を増やしていくのです。

 

今日は頑張りますね!天神で会いましょう。

 


 

___

 

講演します。

 

10月14日(日)13時~開演/16時~開演
箱崎水族館喫茶室(福岡市東区)
2000円(完全予約制)

講演お申し込みは、picece@gmail.com宛に、「お名前」「お電話番号」「13時か16時か」を記載して、メッセージください。

 

★イベント情報★
10月13日小倉謙1day勉強会「薬から自由になるための知識と実践」(福岡)家族やセラピスト向け、少人数の会です。

https://www.facebook.com/events/302326280501151/

10月14日一人芝居&講演「発達障害と呼ばないで」小倉謙・伏見美穂【福岡】

https://www.facebook.com/events/1969583620001654/

10月15日発達障害とお薬のあぶない話(長崎)小倉謙・伏見美穂講演で話します。

https://www.facebook.com/events/1729079340478521/

 

 

amazonにて、「心の病と発達障害」発売中。詳しくはコチラ