ペトロフP125F1ウォルナット艶出 プレップアップ♪ | ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノとチェコ共和国の魅力を発信する専門店ピアノプレップ店主のblog。
ピアノ、音楽、カフェ、雑貨、文化...。港区白金台から自由気ままに綴ります。

旅立つピアノあれば来たるピアノあり...。
出荷と入荷で慌ただしい今日この頃です。
先日届いたペトロフ中型アップライトピアノ
P125F1ウォルナット艶出のプレップ作業が
本日完了しましたので作業風景をご報告!
 
シックで上品な色合いが大人の装いを醸す
ウォルナット艶出塗装、深い森を思わせる
木目とデザインの美しさに魅入られます♪
 
まずはアクションを外してクリーニング!
 
チューニングピンもピカピカに磨きます。
 
鍵盤をすべて外して棚板&筬を掃除。
 
キーピン176本をひとつずつ磨きます。
 
深さを整えるためのフロントパンチング紙。
店主を含め、その後に作業をする調律師が
調整しやすいよう不要なものを選別します。
 
フロントキーピンの角度を微調整します。
ちょっとした手間が弾き心地を変えます。
 
キーホールに残っている木屑を掃除。
 
駒と密着するよう弦を「駒打ち」。
 
アクションを装着してまずは弦合わせ。
 
ハンマーの進行方向をノリ紙で微調整。
 
弦とハンマーの接点が正確に揃いました。
 
打鍵の力がアクションに存分に伝わるよう
鍵盤後部のキャプスタンを調整します。
 
続けてバランスキーピン前後位置を調整。
 
こうして鍵盤高さの凹凸を定規で確認...
 
バランスパンチング紙で高さを調整。
 
image
鍵盤の高さを精密に均していきます。
弾き心地の基本は「鍵盤均し」にあり。
 
キャプスタンの前後・間隔を調整します。
 
バックチェック、ブライドルワイヤーも調整。
 
ピアニッシモ、トリルの連打性に関わる
ハンマー接近距離をひとつずつ調整。
 
この日はここで作業終了、続きは翌日に。
 
鍵盤の深さをフロントパンチング紙を
抜き差しして10mmに揃えました。
 
ハンマーストップ、ダンパーをチェック後
A=443Hzに調律をセットしました。
 
そして音質の粒を揃えるための「整音」
ハンマーフェルトに針を刺すことで硬さを
調整、工場でも当然実施しているのですが
最終的には現場の技術者が仕上げます。
 
過去に輸入されていたペトロフピアノには
こうした作業が徹底されていませんでした。
「3弦合わせ」もそう、3本の弦がハンマー
先端に同時に接するように緻密に調整...。
 
最後にハンマーフェルトをきれいに整形、
繊細なピアニッシモ&艶々しく歌うような
音色のペトロフピアノに仕上がりました♪
 
プレップアップが完了したP125F1モデル、
ピアノ上級者にもご満足頂ける一台です!


ヨーロッパでも歌うような音色と評される
PETROFで奏でるサティの「Je te veux」
丁寧なプレップアップ作業を施したことで
輪郭と朗らかさが同居するサウンドに...。
軽快な弾き心地に仕上げています♪
 
ウォルナット外装の木目も美しい紋様...
国産ピアノとはまた異なる美的センス!
 
PETROF P125F1 Walnut High Polish
Discacciati Piano Bench Mod.105
初心者にもプロの演奏家にも間違いなく
お楽しみ頂けるピアノに整っています^^
 
お孫様の世代までご愛用頂けるチェコの
老舗メーカーPETROFの中型アップライト、
興味のある方はぜひ気軽にご試弾を!
 
 

ペトロフピアノ専門店&輸入元

株式会社ピアノプレップ公式HP

納品事例はこちらから!

お客様のペトロフご紹介