ペトロフP118C1ウォルナット艶出 プレップアップ♪ | ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノとチェコ共和国の魅力を発信する専門店ピアノプレップ店主のblog。
ピアノ、音楽、カフェ、雑貨、文化...。港区白金台から自由気ままに綴ります。

何とか台風19号「ハギビス」の猛威から
難を逃れた白金台ショールーム、今回の
台風被害に遭われた皆様が一刻も早く
いつもの生活を取り戻せますように...。
 
この3連休の間にコツコツ作業を進めた
新品P118C1ウォルナット艶出モデルの
プレップアップが完了したのでご報告。


J.S.バッハ『主よ、人の望みの喜びよ』
艶やか&朗らかな音色と温かい響き、
軽快なタッチに仕上げたP118C1です。
 
ペトロフをはじめヨーロッパ製ピアノは
調整次第で音も弾き心地も様変わり…
 
今回のP118C1が「楽器」に成るまでの
プレップアップ作業を一挙公開です。
 
まずはアクションを外してクリーニング。
 
弦&チューニングピンを磨きました♪
 
真鍮棒で一弦ずつ「駒打ち」実施...
弦の振動が駒に充分伝わるように。
 
鍵盤後部キャプスタンボタンも磨いて
滑らかな弾き心地を作ります。
 
そして鍵盤を外してキーピンも磨きます。
これもタッチの基礎となる大事な作業...
 
フロントキーピンの角度を微調整。
 
キーホールに残っている木屑を除去、
これも新品ピアノには欠かせない作業。
 
専用プライヤーで鍵盤の遊びを調整、
これもまた弾き心地に関わる作業。
 
バランスキーピンの前後調整。
 
弦とハンマーの合わせ、正しい位置で
打弦するように微調整を重ねます。
 
正しく調整されたハンマーフェルトは
間隔、角度が綺麗に揃っています。
 
続けて鍵盤の高さ調整、パンチング紙を
鍵盤下に抜き差しして凸凹を均します。
 
精密に均された白鍵の画像です。
鍵盤のレベルに視線をあわせれば
わずかな凹凸も一目でわかります。
 
黒鍵高さは均し定規を用いてチェック、
同様にパンチング紙で調整しました。
 
続けて鍵盤深さをパンチング紙で調整、
基準となる10mmに精密にそろえます。
 
トリル&連打に関わるハンマー接近、
88音を精密に調整していきます。
 
専用プライヤーでアクションの調整、
間隔、角度を綺麗に整えていきます。
 
ハンマーストップ&ダンパーの調整を
実施して「整調」作業が完了です。
 
新品のためA=443Hzで「調律」しました。
 
最後にヴォイシング、「整音」作業。
針でハンマーフェルトの弾力を調整、
88音のクッション感をそろえます。
 
針の痕跡を処理、ハンマーの表面も
綺麗にファイリングしていきます。
 
そして「3弦合わせ」、ハンマー先端と
弦が同時に接するよう入念に調整...
 
手間と時間のかかるプレップアップ作業、
音とタッチの精密調整が完了しました♪
正しく調整したピアノは見た目も綺麗。
 
美しい木目&装飾が施された外装、
チェコ人の職人技が冴えわたります。


今年ペトロフ社工場を訪問したときに
撮影した動画、なんと装飾部は手彫り、
ペトロフにはチェコ人の魂が宿ります。
 
イタリア製ディスカチャーチ社製ベンチと
あわせて撮影、ヨーロッパの洗練された
センスと情緒ある音色が味わえる一台。
 
PETROF P118C1Walnut High Polish
Discacciati Piano Bench Mod.110
以前に仕事をしていたスタインウェイも
同様、今回ご紹介したプレップアップが
実施されて初めてヨーロッパ製ピアノは
その楽器としての「真価」を発揮します。
 
ぜひ白金台ショールームで整備された
中欧の名器PETROFをお試しください♪
 
 

ペトロフピアノ専門店&輸入元

株式会社ピアノプレップ公式HP

納品事例はこちらから♪

お客様のペトロフご紹介