ペトロフP131M1マホガニー艶出 プレップアップ! | ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノとチェコ共和国の魅力を発信する専門店ピアノプレップ店主のblog。
ピアノ、音楽、カフェ、雑貨、文化...。港区白金台から自由気ままに綴ります。

お客様のご要望によりペトロフ本社工場に
発注したペトロフP131M1マホガニー艶出、
ついに白金台ショールームに届きました!
 

ペトロフ社が誇る最上位アップライトです♪

スマートなデザイン&美しい木目が魅力...

温度25℃、湿度50%のショールーム空間に

馴染ませてからプレップアップ作業を開始!

 

まずはチューニングピンのクリーニング。

 

アクションを外して弦も綺麗に磨きました。

 

真鍮棒で「駒打ち」、弦の振動が駒に

充分に伝わるように密着させます。

 

アクション&鍵盤を本体から外してから

棚板を清掃、鍵盤筬のネジ締めを。

 

キーピンを一本ずつクリーニングしました。

 

フロントキーピンの角度も修正しました。

 

キーホールの木屑をブラシで掃除します。
 
鍵盤の動きがスムーズとなるように
左右遊びをプライヤーで調整します。
 
アクションのネジ締めもチェックします。
最上位モデルにはドイツの老舗メーカー
“Renner”社の純正アクションを搭載!
 
ハンマーの走り、ねじれを修正しながら
弦合わせ作業を行います。
 
ハンマーが正確な位置で弦に当たるよう
調整すると間隔、角度も綺麗に整います。
 
キーピンの前後位置も揃えます。
 
続いて鍵盤の高さ調整、均し定規と
様々な厚さのパンチング紙を使用。
 
一枚板のように白鍵を美しく均します。
 
黒鍵の高さも12.3mmで正確に調整。
 
鍵盤の力を伝達するキャプスタン調整、
まずは上下&左右の位置をセット。
 
前後の位置も精密にセットすることで
弾き心地に均一感が生まれます。
 
そして鍵盤の深さ調整、定規を用いて
基準となる10mmで調整していきます。
 
微弱音の表現力に関わる調整作業
ハンマー接近、0.5mm単位で実施...
 
88鍵のハンマーストップ位置も整備。
 
止音を制御するダンパーも調整して
アクション&鍵盤の「整調」完了!
 
入荷間もないためA=443Hzで調律!
 
最後に「整音」作業、針を入れて
ハンマーの弾力性を整えます。
 
3弦とハンマーフェルト先端の接点を
ファイラーで精密に調整、ハンマーの
表面も滑らかに仕上げて完了です!
 
美しいPETROFアップライトピアノ内部♪
 
そして貴重なマホガニーで仕上げた
艶出塗装の外装も実に鮮やかです。
 
PETROF P131M1 Mahogany High Polish
Discacciati Piano Bench Mod.105
昔から高級家具にも使用されていた木材
マホガニー、上品さと東欧の面影が漂う
なんとも「チェコらしい」ピアノです♪
 

動画を通じて、そのサウンドを公開♪
上記のプレップアップによって洗練された
音の粒立ちが伝わりますでしょうか^^
 
外観と同じ様に色彩感と密度の濃い音色、
最上位のアップライトピアノらしい響きの
迫力、特に重厚感ある低音部は圧倒的…。
 
チェコ共和国が誇る古き佳きピアノメーカー
PETROF、一台一台に手間と時間をかけて
整備した「楽器」を皆様にお届けします!
 
 

ペトロフピアノ専門店&輸入元

株式会社ピアノプレップ公式HP

納品事例はこちらから♪

お客様のペトロフご紹介