ペトロフP125F1ウォルナット艶出 プレップアップ! | ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノとチェコ共和国の魅力を発信する専門店ピアノプレップ店主のblog。
ピアノ、音楽、カフェ、雑貨、文化...。港区白金台から自由気ままに綴ります。


テーマ:
新入荷、ペトロフ中型アップライトピアノ
P125F1ウォルナット艶出塗装仕上げの
プレップアップ(精密調整)が完了!
 
チューニングピンを磨きました。
 
ピアノ弦もクリーニングしました。
 
駒と弦が密着するように「駒打ち」を。
 
キーピンも176本すべてクリーニング、
滑らかな弾き心地を作っていきます。
 
キーホールの木屑をブラシで掃除。
 
鍵盤&アクションを戻してハンマーと
弦の合わせ作業、弦当たりを正確に。
 
定規をあてながらキーピン位置を調整。
 
毎度おなじみ鍵盤均し、パンチング紙を
用いて均等に高さをそろえました。
 
続けて鍵盤の深さ調整、全体的に深く
変化していたためパンチング紙を補充。
 
キャプスタンの上下、前後、間隔を
再度調整、弾き心地を整えます。
 
バックチェック、ブライドルワイヤーなど
アクションのポジションも正確に調整。
 
ハンマー接近、ストップ位置を調整。
 
ダンパー動作もチェック&調整。
 
工場では弦の伸びを見越して高めに
出荷調律、A=443Hzで再調律します。
 
針刺し整音、ハンマーフェルトの弾力性を
整えてクッション感と音質をそろえます。
 
3弦と同時に接するようにフェルトの
先端を慎重に調整、ハンマー表面も
毛羽立ちをおさえて美しく整えました。

手間と時間をかけてプレップアップ完了!
 
輸入ピアノはただ仕入れるだけではなく、
その個体の魅力を引き出す技術と音楽の
センスが作業する調律師にも問われます。

という訳でポロポロと試奏してみました。
ふわっと空気に溶けるような優しい音色と
ヨーロッパ製ピアノ特有の響きの立体感...
大人の方もお子様も楽しめる一台です♪
 
image
PETROF P125F1 Walnut High Polish
Discacciati Piano Bench Mod.105
皆様のご試弾をお待ち申し上げます!
 

ペトロフピアノ専門店&輸入元

株式会社ピアノプレップ公式HP

納品事例はこちらから

お客様のペトロフご紹介

pianoprepさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス