ペトロフP118P1マホガニー艶出 プレップアップ! | ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノとチェコ共和国の魅力を発信する専門店ピアノプレップ店主のblog。
ピアノ、音楽、カフェ、雑貨、文化...。港区白金台から自由気ままに綴ります。


テーマ:
プレップアップしたペトロフの試弾を
希望される愛好家が増え始めている
今日この頃、本当に嬉しい限りです。
 
お客様が入荷を楽しみにされていた
ペトロフUPマホガニー艶出モデル、
今回はこちらの作業&テスト動画を
記事にしましたのでご覧ください♪
 
PETROF P118P1 Mahognay High Polish
Discacciati Piano Bench Mod.105
整備されたペトロフピアノを楽しみたい...
そのようなファンのご要望に応えるべく
技術サービスの体制も強化しています。
 
時々プレップアップ作業を委託している
技術者が今回サポートに、昨年の秋には
PETROF社工場を一緒に訪問しました。
 
ペトロフを楽器に整える上で生産現場を
知ることはとても大切、それをふまえて
2日かけて「楽器」に整えて貰いました。
 
アクション、鍵盤を外してキーピン掃除。
 
キャプスタンスクリューも綺麗に磨き
滑らかな弾き心地を作っていきます。
 
ひとつひとつのハンマーと弦の位置を
地道に、かつ正確にそろえていきます。
 
ハンマーの次は鍵盤、キーピンの位置を
定規を使いながら整えているところです。
 
各セクションの高さをチェックしてから
鍵盤の均し作業に入ります。
 
image
手間と時間をかけて鍵盤高さを精密に。
 
鍵盤深さをチェック&調整、全体的に
深かったためパンチング紙を補充。
 
ハンマー接近、ハンマーストップの距離など
店主も時折指示を交えつつ「整調」が完了、
各パーツが整然と揃うと内観も美しいです。
 
工場出荷時に高めに調律されていた
音程をA=443Hzでリセットしました。
 
そして音に命を吹き込む「整音」作業…
硬い音質のフェルトに針を入れて適度な
弾力性を、ppp~fffまで聴き分けながら
艶々しく歌うような音色に仕上げました。


最後は店主自身が楽器をチェック...
プレップアップ作業の担当が代わっても
提供するPETROFのクオリティは維持、
1台1台を厳しい目線でテストします。
 
今まで同様に「ピアノプレップ品質」を
保ちながら、より多くのピアノ愛好家に
チェコ製ピアノをお届けできますように
技術者との連携を深めてまいります。
 
 

ペトロフピアノ専門店&輸入元

株式会社ピアノプレップ公式HP

納品事例はこちらから

お客様のペトロフご紹介

pianoprepさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス