ペトロフP118C1ウォルナット艶消 プレップアップ! | ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノとチェコ共和国の魅力を発信する専門店ピアノプレップ店主のblog。
ピアノ、音楽、カフェ、雑貨、文化...。港区白金台から自由気ままに綴ります。


テーマ:
年始早々に入荷したペトロフUP×3台、
そのうちの1台、お洒落な猫脚モデルの
P118C1ウォルナット艶消の作業開始、
プレップアップの始終をご覧ください^^
 

アクションを外してチューニングピンと

弦をまずは綺麗にクリーニング♪

 

 

鍵盤後部のキャプスタンも磨いて

滑らかな弾き心地を作ります。

 

 

弦と駒を密着させるべく「駒打ち」、

振動が響板に良く伝わるように...

 

 

鍵盤を全て外して棚板を綺麗に清掃。

 

 

フロント・バランスのキーピン計176本を

クリーニング、動作をスムーズにします。

 

 

フロントキーピンの角度を修正。

 

キーホールをブラシでひとつずつ掃除、
混入している細かい木屑をクリーニング。
 
アクションを装着、ハンマーと弦の合わせ。
 
角度や間隔も揃っているかチェック、
正しいポジションに設定しました。
 
鍵盤の高さ調整、定規でチェックして
パンチング紙を抜き差ししていきます。
 
白鍵、黒鍵を精密に均しました。
 
続けて鍵盤の深さを定規でチェック...
 
全体的に深め、厚めのパンチング紙を
必要に応じて補充、10mmに設定します。
 
バックチェック、ブライドルワイヤーの
間隔、前後などポジションを調整。
 
遠かったハンマー接近、ストップ位置を
理想的なポジションに調整していきます。
 

 

ダンパー調整を実施した後に調律、
新品のためA=443Hzと高めで。
 
整調、調律の後に大事な整音作業...
必要に応じてハンマーフェルトに針刺し、
ppp~fffまで弾力性を整えていきます。
 
針跡を処理、ハンマーフェルトを改めて
綺麗に整形処理していきます。
 
ひとつずつ専用ファイラーで3弦合わせ、
各弦がフェルトと同時に接するように...
 
こうして2日にわたるプレップ作業が完了!
 
一度で終わりではなく出荷前も再度実施、
納品後もこの状態をキープしていきます♪
 
PETROF P118C1 Walnut Satin Finish
Discacciati Piano Bench Mod.110
柔らかく無垢な木の響きが愉しめる1台...
ぜひ白金台ショールームでご試弾を^^
 
イタリア製ピアノ椅子のベルベットシートは
ややオレンジっぽいピンク色"Rosa"です。
空色"Azzurro"のシートもストックあるので
お好みでコーディネートをお楽しみ下さい!
 

ペトロフピアノ専門店&輸入元

株式会社ピアノプレップ公式HP

納品事例はこちらから

お客様のペトロフご紹介

pianoprepさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス