今週のペトロフUPメンテ&納入調整♪ | ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノとチェコ共和国の魅力を発信する専門店ピアノプレップ店主のblog。
ピアノ、音楽、カフェ、雑貨、文化...。港区白金台から自由気ままに綴ります。


テーマ:
今週は3台の納入調整&1台の定期メンテ、
ペトロフを愛奏するお客様の御宅を訪問!
 

PETROF P125F1 Mahogany High Polish

Discacciati Piano Bench Mod.105

こちらは昨年暮れに千葉県にご納品。

クラシック&ジャズを弾かれるユーザー様、

ご希望で座面はグリーンのベルベット!

 

ハンマーと弦の位置をあらためてチェック。

 

出荷調整を実施しても温度、湿度などの

環境が変われば狂いが生じるものです。
手間を惜しまずしっかりとリセット...
 
A=442Hzで調律、一軒家一階ということで
室内温度は低いものの心配された乾燥は
セーフ、適度なピッチを保っていました👌

 

PETROF P118R1Rococo White Satin Finish

Discacciati Piano Bench Mod.110 Special Order

続いて地元・白金台に納めたロココモデル、

3年経過していますがコンディション良好♪

 

鍵盤を外して内部をクリーニングしました。

 

お嬢様の希望でタッチをやや重めに調整、

納品後も臨機応変にオーダーを承ります。

 

鍵盤高さ・深さのバラツキもリセット!

 

ハンマー等アクションのポジションも良好、

最後にペダルを磨いてメンテナンス完了、

どうぞ引き続きご愛用くださいませ^^

 

PETROF P118C1 Mahogany High Polish

Discacciati Piano Bench Mod.110

綺麗なマホガニー材の装飾猫脚モデル、

こちらも昨年12月に千葉県へ納めました♪

 

リビングルームの所々に置かれている

観葉植物が楽器とよくお似合いです👍

 

マンション高層階ということもあり部屋が

乾燥気味、A=439Hzまで低下したピッチを

再びA=442Hzでしっかりリセットしました。

 

ハンマー&鍵盤の気になる狂いを修正!

ユーザー様には加湿器の導入をご案内、
早速ネット注文してくださいました。
どうか皆様も冬場の乾燥にはご注意を💦
 

 

PETROF P118P1 Walnut Satin Finish
Discacciati Piano Bench Mod.105
さて、こちらは一転して和室にご納品、
東京都世田谷区のユーザー様です♪
 
マットなウォルナット艶消塗装の外装は
畳木造の日本家屋にもフィット、そして
イタリア製ピアノ椅子の空色シートが
程よいアクセントに🇮🇹

 

弦合わせをチェック!

 

A=442Hzで調律を実施...

 

鍵盤均しをチェック&微調整。

 

鍵盤あがき(深さ)も定規でチェック。

 

ハンマー接近距離も良好状態を維持。

 
ハンマーストップも整えました。
 
最後に針刺し整音、ファイラーで丁寧に
フェルトを仕上げて納入調整が完了!
 
12月にお届けしてからひと月と少々。
こうして初めて理想的なコンディションで
ペトロフUPがお愉しみ頂けるように...
どうぞこれからも末永くご愛用ください♪
 
こちらのお客様は助言を差し上げた通り
すでにお勧めの加湿器を購入して設置、
理想的な湿度50%前後を保っています♪
 
乾燥の激しい今シーズン、温湿度管理に
気を配りながら日々のピアノライフをより
充実させて頂けたらと思います🎹
 

ペトロフピアノ専門店&輸入元

株式会社ピアノプレップ公式HP

納品事例はこちらから

お客様のペトロフご紹介

pianoprepさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス