ペトロフP118D1マホガニー艶出 プレップアップ! | ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノとチェコ共和国の魅力を発信する専門店ピアノプレップ店主のblog。
ピアノ、音楽、カフェ、雑貨、文化...。港区白金台から自由気ままに綴ります。


テーマ:
2018年のプレップアップ納めです!
今年も沢山のペトロフピアノを精密調整、
日本の皆様に丁寧に整備されたチェコ製
ピアノの魅力を発信してまいりました^^
 

チューニングピン&弦をクリーニング。

 

鍵盤後部のキャプスタンを磨きました。

 

鍵盤を外して棚板&キーピンを清掃。

 

キーピンを磨いた後に各部の増し締め。

 

フロントキーピンの角度を修正。

 

キーホールをブラッシング、内部の

木屑をきれいに取り除きます。

 

鍵盤遊びをプライヤーでひとつずつ

調整、スムーズな弾き心地に...。

 

続いてアクション調整、フレンジにのり紙を

貼ってハンマーの走りを微調整します。

 

ハンマーと弦の合わせをチェック、

ハンマーの間隔、角度もそろいました。

 

キャプスタン上下を調整した後、鍵盤の

高さをパンチング紙を調整していきます。

 

白鍵&黒鍵を精密に均しました。

タッチ調整の基本は「鍵盤均し」です。

 

鍵盤の深さをパンチング紙で調整、

あがき定規で10mmに整えます。

 

ハンマー接近距離をひとつずつ調整、

繊細なpppやトリル演奏に関わります。

 

バックチェック、ブライドルの位置を

専用プライヤーで調整します。

 

ハンマーストップの位置を整えました。
 
ダンパーの動作、掛かりを調整。
 
新品のためA=443Hzで調律を実施。
 
整音、調律が終わってハンマー整音、
針刺し作業で弾力性を整えることで
ppp~fffまで音質を整えていきます。
 
最後に三弦合わせを行うことでpppでも
輪郭ある音に、ハンマーフェルト表面も
ファイラーできれいに処理しました。

艶っぽい音色、しっとりと滑らかなタッチ、
ぜひ一度ショールームでお試し下さい♪
 
PETROF P118D1 Mahogany High Polish
Dicacciati Piano Bench Mod.107
年内最後のプレップアップ作業が完了、
また一台ペトロフが楽器になりました♪
 

プレップアップすることで快適なPETROFを

プロの音楽家から一般の愛好家まで幅広く

お届けしてきた2018年も残りあと3日...。

 

年明けにはペトロフピアノ3台が入荷予定、

ご試弾&ご予約頂いているモデルもあって

新年早々から賑やかになりそうです💦

 

今年も多くの方々のご来場に感謝....

年始の営業は1/5(土)から、どうか皆様も

佳き年をお迎えください^^

 

ペトロフピアノ専門店&輸入元

株式会社ピアノプレップ公式HP

納品事例はこちらから

お客様のペトロフご紹介

pianoprepさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス