ペトロフP194Stormマホガニー艶出 プレップアップ! | ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノとチェコ共和国の魅力を発信する専門店ピアノプレップ店主のblog。
ピアノ、音楽、カフェ、雑貨、文化...。港区白金台から自由気ままに綴ります。


テーマ:
大変お待たせしました!
好評を博したチェコ共和国大使館での
クリスマスイベント・レポート...の前に
新入荷PETROFプレップアップ情報。
 
小さなホール空間、サロンに相応しい
ペトロフP194Stormのプレップアップが
ついに完了、マホガニー艶出の外装が
目を惹く美しい中型グランドピアノです。
 
ハンマーの走りをのり紙で修正。
 
ハンマー弦合わせをセット。
 
キーピンの前後位置を細かく修正。
 
出荷調整、メンテナンス、ご来客が続き
プレップアップは夜間も作業を実施...
ピアノを楽器に整えるのはブランドでも
価格でもなく「手間」に他なりません。
 
日が替わってベッディングスクリュー調整。
 
鍵盤高さを定規&チョークでチェック。
 
鍵盤を外してキーピンをクリーニング。
 
中音域の鍵盤が0.5mmほど低いため
パンチング紙を補充していきます。
 
フロントキーピンの角度を修正。
 
キーホールをブラッシング、内部の
木屑をきれいに掃除します。
 
キャプスタンボタンをクリーニングして
鍵盤→アクションへの伝達を円滑に...
(左がアフター、右がビフォー)
 
鍵盤とアクションを再び装着してから
ペトロフ内部へ収納、白鍵の高さが
正確に均されているかチェック。
 
黒鍵の高さも定規でチェック。
 
再びピアノから取り出して調整作業、
アクションのサポートの走りを修正中。
 
弦合わせしたハンマーに取り付けられた
シャンクローラーとレペティションレバー、
小ジャックの位置も点検しながら調整。
 
ハンマーテールを受け止める鍵盤後部
バックチェックの位置、角度を微調整。
 
ローラースキンにテフロンを処理、
上質なタッチ感を作るための作業。
 
ジャック前後位置を側面からチェック。
 
ジャックの上下位置を指でなぞって
チェック、連打性能に関わる調整。
 
 
LEDライトを使ってハンマー接近距離。
高音から低音まで1mm~2mmで調整、
より繊細なpppの操作性を高めます。
 
image
ドロップを調整した後で白鍵あがき。
パンチング紙で深さを10mmに調整。
 
image
ハンマーストローク(打弦距離)を調整、
適度なアフタータッチを作り、その感触を
もとに黒鍵の深さを整えていきます。
 
ハンマーストップは15mmでセット。
 
連打をサポートするスプリング調整、
これでアクションの「整調」は完了。
 
ダンパーフェルト、ソステヌートの動作、
ダンパーストップレールを整備します。
 
弦の振動が駒に伝わるよう「駒打ち」
 
音程を整えるのが「調律」作業。
新品のためA=443Hzでセットしました。
 
整調、調律が済んで「整音」作業。
打鍵したときの音質や指先に伝わる
感触をもとに先ずハンマー針刺し....
 
ソフトペダル使用時の整音も実施。
 
最後に3弦合わせ、ハンマー先端と弦が
同時に接するようにファイラーで微調整。
 
こうして数日間にわたるプレップアップ、
整調、調律、整音が完了しました。
 
PETROF P194Storm Mahogany High Polish
Discacciati Piano Bench Mod.105
 
こちらはペトロフ本社の公式ウェブサイト
※店主も説明文の翻訳に関わりました。
 
柔らかめの音質、滑らかな弾き心地に
整備したP194Stormマホガニーモデル。
 
中小規模の音楽空間、サロンはもちろん
ご家庭でも楽しめるボディの豊かな響き、
ぜひショールームで一度お試しください!
 

ペトロフピアノ専門店&輸入元

株式会社ピアノプレップ公式HP

納品事例はこちらから

お客様のペトロフご紹介

pianoprepさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス