ペトロフP118C1ウォルナット艶出 プレップアップ! | ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノとチェコ共和国の魅力を発信する専門店ピアノプレップ店主のblog。
ピアノ、音楽、カフェ、雑貨、文化...。港区白金台から自由気ままに綴ります。


テーマ:

さて、先日のP125F1モデルに続いては

同じく新入荷P118C1装飾猫脚モデル!

 

 

2日に分けてプレップアップしたので

その模様を今回もレポートします♪

 

まずはアクションを外して内部の

クリーニング作業から開始です。

 

チューニングピンを磨きました。

左がビフォー、右がアフター。

 

弦を綺麗に拭いてから「駒打ち」、

駒に弦を密着させます。

 

アクションに力を伝えるキャプスタン、

動作を円滑にするべく磨きました。

 

鍵盤もすべて外して棚板を清掃。

 

キーピンの汚れも1本ずつ拭います。

 

フロントキーピンの角度を微修正。

 

ここでいったんコーヒーブレイクを...

ピアノ、マグカップ、フレンチプレスも

‟Made in Czech Repubric”です(^^)

 

一息ついてから作業を再開です。

鍵盤のキーホールをブラッシング、

残っている木屑を取り除きます。

 

一鍵ずつキープライヤーで調整、

鍵盤に適度な遊びを作っていきます。

 

アクションのネジ締めを行ってから

ハンマー弦合わせ、走り&ねじれを

地道に修正していきます。

 

正しい位置で弦をアタックするように

ハンマーを調整、間隔も整いました。

 

最後にA=443Hzにピッチ上げ調律を

行って1日目の作業は終了...。

 

2日目はバランスキーピンの前後調整、

定規をあてて微調整していきます。

 

鍵盤とアクションにカラがないように

キャプスタンを回して上下調整。

 

こうして下地が整ったところで定規で

鍵盤の凹凸&傾きをチェック...

 

様々な厚みのパンチング紙を用いて

鍵盤の高さを微調整していきます。

 

白鍵の高さを精密に均しました。

 

同様に黒鍵もご覧の通り均しました。

 

そして鍵盤の深さをパンチング紙で

10mmに調整していきます。

 

アクションパーツのポジション調整。

 

繊細な表現が可能となるように

ハンマーの接近を精密に調整...

 

この後ハンマーストップ、ダンパーを

チェックしてから調律を再度実施。

 

最後にハンマーの整音&3弦合わせ、

針の痕跡を綺麗に処理して完了です!

 

輪郭のある艶やかな音質に、そして

弾き心地は滑らかに整備しました!

 

P118C1 Walnut High Polish (右)

P118C1 Walnut Satin Finish (左)

with Discacciati Piano Bench Mod.110

 

今回プレップアップしたのは右側の

ウォルナット艶出モデル、左隣りが

ウォルナット艶消モデルとなります。

 

猫脚のイタリア製ディスカチャーチは

空色&ピンクのシート2種をご用意!

あなたの好みはどちらですか??

 

精密に整備されたチェコ製PETROFの

音色&響きを一度ぜひご体感下さい♪

 

ペトロフピアノ専門店&輸入元

株式会社ピアノプレップ

その他の展示モデルはこちら

pianoprepさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス