ペトロフP125F1ウォルナット艶出 プレップアップ! | ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノとチェコ共和国の魅力を発信する専門店ピアノプレップ店主のblog。
ピアノ、音楽、カフェ、雑貨、文化...。港区白金台から自由気ままに綴ります。


テーマ:

この一週間は小学生たちの『町探検』や

国際小学校でのメンテナンスなどなど...

色々ございましたが、ショールームには

ペトロフUPが新たに入荷しています!

 

今回はP125F1ウォルナット艶出モデルの

プレップアップの模様をレポート(^^)

 

まずはチューニングピン&ピアノ弦の

クリーニング、アクションを外します。

 

左がビフォー、右がアフター、

長い船旅で付着した汚れを綺麗に。

 

一弦ずつ「駒打ち」、余すところなく

弦の振動が駒に伝わるように。

 

鍵盤を外して棚板の清掃。

 

フロント&バランス、キーピン計176本を

磨いて円滑な弾き心地を作ります。

 

フロントキーピンの角度修正。

 

キーホールのブラッシング作業、

新品には木屑が混入しています。

 

フロントブッシングをプライヤーで調整、

適度な遊びを作っていきます。

 

鍵盤調整を済ませたらアクションに。

ネジを増し締めした後にハンマーの

調整、走りやねじれを修正します。

 

弦合わせ確認、ハンマー間隔が綺麗に。

 

バランスキーピンの前後を調整。

 

鍵盤の高さをパンチング紙で調整、

地道な作業を続けていたところ...

 

店の外でエジプト人ハーフの姉妹が

こちらをうかがっていたので店内に♪

 

ペトロフの音色に興奮して早速連弾、

子供の面倒見が良い今日この頃^^ゞ

 

聞けば妹ちゃんはこれが何と人生初

グランドピアノ体験だったとのこと、

ピアノプレップの面目躍如です(笑)

 

そんなこんなで鍵盤均しが完了、

すっかり日が暮れてしまいました。

 

黒鍵の高さも正確に均しています。

 

タッチにも影響するキャプスタンの

前後調整、定規を用いて正確に。

 

バックチェック、ブライドルワイヤーなど

その他アクション部品の位置を調整して

プレップアップ1日目はひとまず終了...

 

プレップアップ2日目、前日の作業を

点検後、鍵盤深さを10mmに調整...

 

微弱音の表現力、トリル、連打の

弾き易さに関わるハンマー接近、

低中高音を0.5mm単位で調整...

 

ハンマーストップも整えました!

 

ダンパー動作、掛かりをチェック、

整調作業がこれで完了しました。

 

続いて調律、新品のためA=443Hzと

標準よりやや高めに音程を設定。

 

そして整音作業、音質を聴き分けながら

必要最小限の針を入れてヴォイシング。

 

最後にハンマー先端が3弦と同時に

接するようにファイラーで微調整...

フェルトの毛羽立ちも処理します。

 

入荷時はボサボサだったハンマーも...

 

プレップアップ後は滑らかな形状に、

上質で艶っぽい音色に変わりました♪

 

こうして2日に及ぶプレップアップ完了!

丁寧に整備されたピアノは見た目にも

整然と美しい印象を受けるものです。

 

PETROF P125F1 Walnut High Polish

Discacciati Piano Bench Mod.105

タッチは滑らかかつ軽快に、朗らかな

歌心のある音色にプレップしました♪

 

ご家庭はもちろんサロン等の空間でも

活躍できる能力をもつチェコ製ピアノ、

ショールームでぜひご体感ください!

 

ペトロフピアノ専門店&輸入元

株式会社ピアノプレップ

その他の展示モデルはこちら

pianoprepさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス