ペトロフP125F1マホガニー艶出 納入調整@渋谷区・広尾 | ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノとチェコ共和国の魅力を発信する専門店ピアノプレップ店主のblog。
ピアノ、音楽、カフェ、雑貨、文化...。港区白金台から自由気ままに綴ります。


テーマ:

チェコ共和国大使館のある広尾エリアで

先月お届けしたペトロフP125F1モデルの

サービス調整、近隣に納品するケースが

このところ増えてまいりました^^

 

PETROF P125F1 Mahogany High Polish

Discacciati Piano Bench Mod.105

with marron velvet seat

 

湿度計をみると30%台、乾燥の影響で

ロスが生じたためキャプスタンを調整...

 

鍵盤の力を100%アクションに伝えるべく

もう一度リセット作業に取り掛かります。

 

キャプスタンの傾き、間隔を再調整。

 

キャプスタンの前後位置も再調整、

定規をあてて条件をそろえます。

 

鍵盤の高さ、深さは微調整でOK。

 

各音域でハンマーストップを設定。

 

A=440Hzまで低下していたピッチを

出荷時のA=442Hzにリセット。

 

音質の硬いハンマーに針を刺して...

 

3時間かけて納入調整が完了しました。

 

「こんなにお時間かかるのですね~」と

お客様も驚かれた様子...。

 

納めた後のメンテナンスはアクションに

正しいポジションを記憶させるためにも

特に意識して作業を行っています。

 

レッスンで取り組んでいるベートーヴェン

『テンペスト』第1楽章を試されるお客様

 

素敵なリビングルームにペトロフピアノの

優しい音色が心地よく響きわたります♪

 

今回もまたピアノの先生がお客様を伴って

弊社を訪ねてくださったのがきっかけ...

ピアノの先生や調律師など専門家の方々に

ご案内いただけるととても心強いです!

 

その他の納品事例はこちら

株式会社ピアノプレップ公式HP

お客様のペトロフご紹介

pianoprepさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス