ペトロフP131M1ウォルナット艶出 プレップアップ | ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノとチェコ共和国の魅力を発信する専門店ピアノプレップ店主のblog。
ピアノ、音楽、カフェ、雑貨、文化...。港区白金台から自由気ままに綴ります。


テーマ:

年末のチェコ大使館イベントで出会った

女性が演奏家を伴ってご来店に...さらに

ピアノの先生が生徒様のピアノ選びの為

ご試弾...と来訪者で賑わう今日この頃。

 

日頃の取り組みが実を結び始めている、

そんな確かな手応えを感じています^^

 

全てはチェコ製ピアノのポテンシャルと

その素材を引き出すプレップ作業にあり。

 

入荷したばかりのP131M1の調整シーンを

一挙にご紹介いたします!

 

まずアクションを外してチューニングピンと

弦をクリーニング、響板に美しいロゴが...

 

くすんでいたピンを磨き上げました♪

 

すべて鍵盤を外して鍵盤筬の増し締め。

 

キーピン×176本を綺麗に磨きます。

 

フロントキーピンの角度を微調整。

 

キーホールをブラシで掃除、ご覧の通り

エプロンには細かい木屑、新品ピアノの

調整にはこうした気遣いが必要です。

 

弦の振動が駒に伝わるように真鍮棒で

駒付近を「駒打ち」して密着させます。

 

ハンマー走り、捩れを修正して弦合わせ、

正しく真ん中で弦をとらえるように調整。

 

この日はいったんA=442Hzでピッチ上げ

調律を行って作業を終えました。

 

翌日ふたたび作業を再開、バランスの

キーピン前後位置を細かく修正します。

 

鍵盤下にある様々な厚さのパンチング紙を

抜き差しして鍵盤の高さを正確に調整....

 

黒鍵の高さもご覧の通り正確に調整。

 

鍵盤後方のキャプスタンを調整、

上下、左右、間隔を適正位置に。

 

キャプスタンに続き、バックチェックや

ブライドルをプライヤーで調整します。

 

トリル、連打がしやすいように接近調整、

精密な調整には音楽的な意味があります。

 

ハンマーストップ、次の音に入るための

動作をスムーズに整えていきます。

 

ダンパーの動作、掛かりをチェック。

 

あらためて調律を手直しした後に「整音」、

針を入れて88音の弾力性を作ります。

 

最後に3弦合わせ作業、輪郭のあるppp、

艶っぽいサウンドに仕上げて調整完了!

 

柔らかい音質と深みのある響き...

お子様が好みそうな軽快なタッチ感に

仕上げてみました♪

 

深い森を想わせるウォルナット材を使用。

 

美しい木目と趣きのある東欧デザイン...

 

PETROF P131M1 Walnut High Polish

Discacciati Piano Bench Mod.105

ペトロフ社が誇る最上位アップライトを

白金台ショールームでお試し下さい。

 

皆様のご来訪をお待ちしています!

 

ペトロフピアノ専門店

株式会社ピアノプレップ

ショールームその他の展示品はこちら

pianoprepさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス