ペトロフP118C1ウォルナット艶出 メンテナンス | ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノとチェコ共和国の魅力を発信する専門店ピアノプレップ店主のblog。
ピアノ、音楽、カフェ、雑貨、文化...。港区白金台から自由気ままに綴ります。


テーマ:

今朝は再開発が進む天王洲エリア、
P118C1ウォルナット艶出モデルを

メンテナンスしてまいりました。

 

マンションの側を流れる京浜運河、

夜景が特に素晴らしいそうです(^^)

 

しばらくメンテナンスの期間が空いて

年末にお引越しをされたとのことで、

もう一度プレップアップする気持ちで

作業に臨みました。

 

チューニングピンを1本ずつ綺麗に

クリーニングしました。

 

昨日の下がり幅を超えてA=431Hz...汗

通常より高い443Hzで調律しました。

 

鍵盤を外して棚板を掃除機で清掃、

埃は日頃使用して頂いている証です。

 

鍵盤の遊びをチェック&調整。

 

鍵盤の高さを綺麗に均しました。

 

鍵盤の深さも10mmに微調整。

 

ハンマーストップ調整をリセット。

 

最後に針刺し作業で音質を整えて

調律、整調、整音のメンテナンスが

無事に完了いたしました。

 

期間が開いていたにもかかわらず

リセット作業がスムーズだったのも

出荷前にプレップしたからこそ...。

 

曇っていた真鍮ペダルをピカピカに。

 

美しいウォルナット材の外装を再度

ワックスで艶々に磨き上げました。

 

PETROF P118C1 Walnut High Polish

Discacciati Piano Bench Mod.110

お洒落なイタリア製ピアノ椅子、

座面はピンクのベルベット素材です。

 

店主と同じく、お客様もかつて岡山で

勤務されていたことを知って作業後は

ローカルな話題で盛り上がりました!
 

オーナー様方とのこうした交流もまた

調律師の仕事の愉しみのひとつ...

 

納品時の輝きを取り戻したペトロフ、

新しい環境でもご愛奏くださいませ♪

 

その他の納品事例はこちら

株式会社ピアノプレップ公式HP

お客様のペトロフご紹介

pianoprepさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス