ペトロフP125F1ウォルナット艶出 プレップアップ | ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノとチェコ共和国の魅力を発信する専門店ピアノプレップ店主のblog。
ピアノ、音楽、カフェ、雑貨、文化...。港区白金台から自由気ままに綴ります。


テーマ:

Xmasイベント@チェコ共和国大使館の

記事を書く前に新しく入荷したP125F1

ウォルナット艶出モデルのプレップを。

 

こうしてPETROFの人気が出始めたのも

プロの音楽家や愛好家が支持する丁寧な

調整作業あればこそ、ここは怠れません。

 

まずはチューニングピンのクリーニング、

付着している埃や汚れを1本ずつ除去。

 

アクションを外して弦もクリーニング。

 

鍵盤筬、棚板のネジ締め作業。

 

キーピンをひとつずつクリーニング、

弾き心地を滑らかにします。

 

フロントのオーバルキーピンの角度を

定規をあててチェック&修正します。

 

鍵盤のホール掃除、そしてプライヤーで

1鍵ずつ遊びを作っていきます。

 

鍵盤の土台を作ってから、ハンマーと

弦の合わせ、角度、間隔を微調整。

 

鍵盤の高さ、深さをパンチング紙を

用いて精密に均していきます。

 

ハンマー、鍵盤のポジションが確定したら

それに合わせて各部品の位置、間隔、

前後、角度など88か所を全て微調整...

 

ハンマー接近調整、より細やかな

ピアニッシモが奏でられるように。

 

そしてハンマーストップ調整、

弾き心地を88音整えました。

 

ダンパー点検後、A=442Hzで調律。


音程を揃えたら「音質」を調整。

少々音が硬いためハンマーフェルトに

針を入れるヴォイシング作業を。

 

音質、弾力性を整えたら針跡を処理、

凛とした艶々しい音に仕上げました。

 

ちなみに入荷直後のハンマーの写真。

フェルトの形状がボコボコでした....汗

 

そしてプレップアップ後のハンマー!

表面は美しく、弦跡も正確にリセット。

 

時間と手間をかけたプレップアップが

こうして完了、ピアノが「楽器」に。

 

深いブラウンが特徴のウォルナット、

どことなく落ち着いた響きが持ち味。

 

PETROF P125F1 Walnut High Polish

Discacciati Piano Bench Mod.105

皆様のご試弾をお待ちしています♪

 

ペトロフピアノ専門店

株式会社ピアノプレップ

ショールーム展示品はこちらから

 

pianoprepさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス