PETROF P173Breezeウォルナット艶出 納品立会! | ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノとチェコ共和国の魅力を発信する専門店ピアノプレップ店主のblog。
ピアノ、音楽、カフェ、雑貨、文化...。港区白金台から自由気ままに綴ります。


テーマ:

本日ペトロフP173Breezeを無事ご納品!

 

 

そんなおめでたい1日の流れをレポート!

 

委託している運送会社がAM10:00に到着、

梱包材で鍵盤蓋、外装、天屋根の支え棒を

丁寧に、大切にくるんでいきます。

 

 

 

温度湿度の影響を極力受けないように

最後には全体をぐるぐるとラッピング、

ここまで配慮して下さる業者を店主は

知りません。

 

ピアノを起こして布団と段ボールでさらに

梱包、ペダル台と脚も取り外しました。

 

 

ペダル台も脚も艶々にクリーニング♪

 

こちらも大事に梱包して・・・

 

ピアノ本体とは別個に箱詰めです。

 

こうして白金台のショールームを出荷!

 

・・・そのおよそ1時間後の正午に。。

 

オーナー様宅の玄関に到着!

外の階段に少々苦戦しましたが、そこは

ベテラン業者、無事に山を越えました。

 

新築の素敵な住居、家具が入っていない

真っ新な部屋に無事搬入、漆喰の白壁と

ウォルナットの床材が何とも美しいです。

 

およその場所を決めてから組み立て・・・

 

ペトロフP173Breezeがついにお目見え、

白×ウォルナットの組み合わせが秀逸...

空色のベルベット・シートがアクセントに。

 

楽しみにされていたお客様が早速試奏♪

 

バッハの「フランス組曲」の優雅な曲想に

ペトロフの朗らかな音色と軽やかな響きが

実に良く合います。つい聴き惚れる店主...

3m近い天井高&木製インシュレーターが

ヨーロッパの響きを彷彿とさせます。

 

室内楽に合う、優しい音色と豊かな響き、

そして調整されたデリケートな弾き心地、

これからのメンテナンスも考慮された上で

お選び頂いたとのこと、大変光栄です!

 

PETROF P173Breeze Walnut High Polish

Discacciati Piano Bench Mod.105 

 

ぜひ一度チェコ共和国を訪れてみたい、
新しいお部屋にもチェコ製のアイテムを
取り入れてみたい、とオーナー様。
 

ピアノとチェコ共和国の魅力をお届けする

弊社としては、ペトロフ&チェコの文化を

ご一緒にお愉しみ頂けると嬉しいです♪

 

どうぞ今後とも宜しくお願いいたします!

その他の納入事例は公式HPでどうぞ

pianoprepさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス