PETROF P118P1納入調整&PⅣ新規メンテナンス | ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノとチェコ共和国の魅力を発信する専門店ピアノプレップ店主のblog。
ピアノ、音楽、カフェ、雑貨、文化...。港区白金台から自由気ままに綴ります。


テーマ:

高層マンションの一室に納めたP118P1

ウォルナット艶消の外装&ピアノ椅子の

空色のベルベットシート、オーナー様は

ペトロフの音色&響きはもちろんのこと

インテリア性の高さもお気に入りです^^

 

PETROF P118P1 Walnut Satin Finish

Discacciati Piano Bench Mod.105

 

納品後にA=438Hzまで低下したピッチを

442Hzまで念入りに調律。電子ピアノとの

違いをお客様も改めて実感されたご様子。

 

鍵盤高さ&深さをパンチング紙で微調整、

プレップアップを丹念に実施しているため

手直しする程度で再び綺麗に整います。

 

アクションの状態、音質を点検して終了!

ナイトーンを取り付けたことで仕事を終えた

夜間でも練習が可能になりました。

 

ドビュッシー「月の光」

ショパン・バラード4番

カプースチン 演奏会用エチュード「夢」

エヴァンス「ワルツ・フォー・デビー」など

次々と色々な曲で試奏されるオーナー様…

クラシックも、ジャズも、この楽器の音色に

よく合う!とご満足頂けて何よりです♪

 

 

さらに午後は新規のメンテナンスに訪問。

 

8年前に他店でペトロフ猫脚GPを購入した

ユーザー様から調整をご依頼、今回特別に

お引き受けしたものの気になるのは楽器の

コンディション、はたして状態は…?

 

地下室に案内されてペトロフGPとご対面、

この頃、現行P173は「PⅣ」という呼称。



調律の狂いはこのような感じ…

ハンマーの針刺し整音も必要です。

 

チューニングピンの汚れが気になって

まずは新品同様にクリーニング作業。

(左がビフォー、右がアフター)

 

音の止まりが悪いのでダンパーをチェック、

通常ならフェルトに3本の弦跡が付くはずが

ご覧通り2本、端の弦は辛うじてフェルトに

触れているだけ、これは調整が厄介…汗

 

止音不良のダンパーをひとつずつ取り外し、

ポジション、角度を根気よく地道に修正。

 

本来なら出荷する販売店が責任もって行う

作業内容、このように整備不十分なままで

ご使用頂いていたのは残念でなりません。

 

打鍵時にダンパーがジャンプして鍵盤上の

指先にも落下の衝撃がコトコト伝わるため

ダンパーストップレールを適正に調整。

 

お客様が作曲を勉強されていると聞いて、

利かなくなっていたソステヌートを調整。

 

汚れていたダンパー表面も綺麗に掃除。

 

アクション&鍵盤を戻して棚板調整。

 

ハンマーストロークなどバラツキを

ざっと修正した後、A=442Hzで調律。

 

弦跡が刻まれているため、弦合わせは

現状のままで「針刺し整音」を実施…

音質の凸凹を一定レベルまで均します。

 

PETROF PⅣ Demichippendale

Discacciati Piano Bench Mod.107

 

調律の狂い、止音不良、音質のムラなど

今回は精密調整を行う以前に、ひとまず

問題なくピアノを使用するために必要な

作業を優先、お客様にはポテンシャルが

まだ残されていることもお伝えしました。

 

 

プレップアップ無しに販売されることが

多かったのが過去のPETROFの問題点。

 

その音色、響きが高く評価されながらも

日本での人気が定着しない大きな要因と

なっていたのは想像に難くありません。

 

新品、中古品、欧米製、日本製...

どんなピアノでも快適に楽しむためには

プレップアップ(精密調整)と納品後の

メンテナンスが大切であるということ。

 

今回の記事を読まれた方々にはその点が

よくご理解頂けたのではないでしょうか。

 

チェコ共和国の名器ペトロフを通じて、

ピアノ本来の愉しみを日本の皆様へ。

 

引き続き応援して頂けると嬉しいです!

pianoprepさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス