ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノとチェコ共和国の魅力を発信する専門店ピアノプレップ店主のblog。
ピアノ、音楽、カフェ、雑貨、文化...。港区白金台から自由気ままに綴ります。


テーマ:

先日入荷しましたペトロフP194Storm、

プレップアップ作業が完了しました!

 

 

楽しみにされている皆様に下記ご報告、

長い記事ですのでどうかご覚悟を...。

 

各ベッディングスクリューを調整した後

鍵盤筬と棚板に浮きが生じていたため、

慎重に削りながら合わせていきます。

ヨーロッパ製ピアノを輸入販売するには

時折こうした木工作業を行う必要あり。

 

鍵盤のバランスキーピン前後を調整。

プレップアップの作業工程に興味のある

ピアノ技術者が今回もサポートに。

 

アクション、鍵盤を外して筬のネジ締め。

専用のポジドライバーを使用します。

 

鍵盤の高さをあらかじめチェック、

パンチング紙を抜き差しして調整。

もちろんキーピンもクリーニング。

 

土台を手入れした後キーホールを掃除、

木屑をブラッシングして取り除きます。

 

キーホールを掃除しつつ鍵盤遊び調整、

専用工具で地道に整えていきます。

 

アクションに力を伝えるための鍵盤後部

キャプスタンの先端も綺麗に磨きます。

(左がアフター、右はビフォー)

 

そういえばハンマーフェルトの整形作業を

忘れていました。綺麗な卵型となるように

慎重にひとつずつ心を込めて行います。

 

高音域のハンマーはまとめてファイリング、

艶々しく色気を帯びた音を意識しました。

 

ハンマー&弦の合わせを正確に実施後、

今度はサポート合わせを行います。

 

ハンマーシャンクのローラースキンと

黒鉛が塗られたレペティションレバー、

かみ合わせを精密に調整します。

 

場合によってレペティションレバー後方

フレンジにのり紙を貼って角度を調整。

 

レペティションレバーを合わせた後は

鍵盤後方バックチェックとハンマーの

合わせ作業、ひとつずつチェック。

 

ジャックの前後位置を確認&調整

 

続けてジャック上下の調整を実施。

 

レペティションレバーのレベルよりも

0.2mmほど低くなるようにチェック。

 

そして繊細なピアニッシモを操るための

ハンマー接近調整、LEDライトで照らし

0.5mm単位でひとつずつ精密に実施。

 

接近のポジションが決まったらドロップ、

落下距離を2mmに調整しました。

 

鍵盤あがき、深さ10mmに調整します。

 

白鍵のアフタータッチを適度な感触に

打弦距離(ストローク)を設定します。

 

ストローク調整後、白鍵のアフタータッチを

参考にしながら次は黒鍵の深さを調整...

 

ハンマーストップ調整、弦から15mmに

 

スプリング、ダンパーの点検を行った後

A=442Hzで調律作業を実施。

 

fff~pppまで各音量レンジを聴き分けて

針刺し作業、丹念に弾力性を整えます。

 

弦跡をもとにソフト(シフト)ペダルの

整音作業も忘れずに行います。

 

音質の粒を整えるべく3弦合わせ、

市販のピアノでここまで調整されている

ケースは極めて少ないのが業界の実情...

 

こうして数日に及んだプレップが完了、

P194Stormがようやく「楽器」に。

 

洗練された艶々しい音、豊かな響き...

ピアノを愛好する方々に自信をもって

お勧めできるクオリティになりました。

 

1台ずつピアノに向き合い手間と時間を

惜しまずにプレップしたチェコの名器...

皆様のご試弾をお待ち申し上げます!

 

その他の展示モデルはこちらから

ピアノプレップ公式HP

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

pianoprepさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。