舞台 小栗重吉漂流譚「石の船」

テーマ:

4月に音楽劇をご紹介したときの調律師さん

 

「水野 印南」さん(この方一級調律師なんです。)が

 

劇団pH-7(ペーハーセブン)様主催の舞台

 

小栗重吉漂流譚「石の船」にご出演されるので

 

ご紹介します。

 

※9月16日㈯17日㈰守山文化小劇場にて

 

劇団pH-7は名古屋の老舗小劇団。

 

今回の「石の船」は

 

江戸時代後期、史上最も長い期間漂流した船頭・小栗重吉のお話。

 

江戸からの帰り道に船が遭難し、船もろとも太平洋を漂流。

 

アメリカ、ロシアまで巡って…

 

この人“知多半田”の人ということで、お話も面白そうだし

 

わたしとしては近所の方の話なので親近感を感じまして

 

是非観にいきたいと思っております!

 

※詳しくはwww.geocities.jp/gekidan_ph7

 

ご興味のある方は

 

当店にも当日清算の割引券(\2,800)も若干ございますので

 

どうぞお気軽にお尋ねください。