秋の特別リシュモアレッスン2013のご報告♪ | ピアノクリニックヨコヤマ最新情報
2013年10月18日

秋の特別リシュモアレッスン2013のご報告♪

テーマ:リシュモア音楽教室NEWS

リシュモア音楽教室(主催:ピアノクリニックヨコヤマ)では、

本場ヨーロッパの音楽教育を取り入れ、

お子様の生徒さんを対象に、年4回のグループレッスンを行っています。


そのうちの1回、秋の特別リシュモアレッスン(グループレッスン)を

10月12日、13日二日間にわたり、グループ別に全6回開催致しました♪♪音譜


今回は、ヴァイオリニストとしても大活躍中で、

当教室の人気講師でもある丹沢広樹先生と、

長野県からお越しくださったェンバロ奏者 杉本周介先生が、

なんとなんと・・・・ご自身愛用のチェンバロを持ち込んで

大変貴重なレッスンを行ってくださいました!!


いよいよレッスンの始まり!!

なのに、明らかに暗いです!なぜでしょう?!目


チェンバロが使われていた時代、すなわち300年前は、

電気は存在せず、ろうそくの明かりだけで生活していたので、

こんな風に暗かったのです。



ピアノクリニックヨコヤマ最新情報

チェンバロ奏者の杉本周介さんの登場!1曲披露してくださいました。

この雰囲気の中、チェンバロ独特の音色を聴いていると、

宮殿の中で優雅に音楽を楽しむ貴族のような気持ちになります。音譜


ピアノクリニックヨコヤマ最新情報

まずは、チェンバロの構造、弾き方のコツを詳しく解説してくださいました。


「チェンバロは、鍵盤を押すと小さな爪のようなもの(ジャック)が持ち上がり、

弦をはじいて音が出る仕組みです」


「鍵盤をおすと、弦をはじくときの抵抗を感じるので鍵盤がかたく感じられ、

ピアノとは随分違う感触です」


そしていよいよソロ演奏に入ります。

それぞれの生徒さんが前もって準備していた曲を、

実際にチェンバロを使って皆の前で演奏します。


ピアノクリニックヨコヤマ最新情報

いつもと違うタッチ、違う音色に、一瞬手が止まってしまう生徒さんもいらっしゃいましたが、

先生の指導ですぐに慣れて、チェンバロ独特のタッチを掴んでいきます。


ピアノクリニックヨコヤマ最新情報

ピアノと違って、音の強弱や音色を変えることは出来ないので、

音の長さ(つなげたり切ったり)、速度、タイミングで表現するしかありません。

「前の音を長くして、次の音に重ねるようにして弾いてみてごらん」

「強くしたい音を長く弾いてみて」

「息継ぎをしながら弾いたほうが、より気持ち良いよ」


先生のアドバイスどおりに弾いてみると・・・

確かに!全然違った音楽になるのです!


ピアノクリニックヨコヤマ最新情報

ヴァイオリンの生徒さんは、チェンバロに合わせて演奏します。

チェンバロは音量が小さいので、お互いがお互いの音を消してしまわないように、

お互いの出す音をよく聴きながら演奏しなければなりません。


「たとえ簡単な曲でも、何かを伝えるために作られています。

伝えたいことは何なのか、それを考えて、イメージして演奏することが大切なんだよ」



ピアノクリニックヨコヤマ最新情報

小さいお子さんも、精一杯頑張ります!!

リシュモアに入会して半年、4歳になったばかりの生徒さんです。

しっかりと、チェンバロに合わせて弾くことができました。

ピアノクリニックヨコヤマ最新情報


終了後。

チェンバロの周りは、興味津々の生徒さんたちで一杯!


ピアノクリニックヨコヤマ最新情報


杉本先生が、部品をひとつひとつ取り出して、それぞれの働きを説明してくださいました。


ピアノクリニックヨコヤマ最新情報

「この小さな爪みたいなのがジャック。これで弦をはじいて音を出す仕組みなんだよ」

「何の素材で出来てるんですか?」

「鳥の羽を削って作ってるんだよ。自分で削ることもあるし、販売もされてるよ」

「何の鳥の羽なんですか?」

「鷲が多いかな。カラスのを使うこともある。使う羽によっても音が変わるんだ」
ピアノクリニックヨコヤマ最新情報

皆さんが帰られた後に撮った、チェンバロの写真です。

2段目の鍵盤は、ある操作をすると、下の鍵盤と連動して音を出すことが出来ます。

(例えば下の“ド”を押すと、同時に上の“ド”も押されてダブルで音が出るという仕組みです)


普段触れる機会のない、めずらしい楽器に触れることが出来、

生徒さん、そして意外にも保護者の皆様も、とても楽しんでいらっしゃいました。ひらめき電球


ピアノクリニックヨコヤマ最新情報

杉本周介先生、丹沢広樹先生、大変お忙しい中、貴重なレッスンをしてくださって

本当に有難うございました!非常に盛りだくさんの素晴らしいひと時でした。ラブラブ


ピアノクリニックヨコヤマさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント