松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~

松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~

創造芸術は人間の根源的な表現欲求と知的好奇心の発露の最も崇高な形。音楽家・作曲家を目指す貴方、自分の信じる道(未知)を進んでいきましょう。芸術・音楽・文化と共に人生と社会を豊かにしていきましょう。~頑張れ日本!〜がんばろうニッポン!

松尾祐孝(作曲家・指揮者・音楽プランナー)の
ブログへようこそ!。
音楽を中心に据えつつ記事のテーマや内容は
様々な方向に展開しています。
朝の記事、昼の記事、夕方の記事、夜の記事を基本に、
それぞれの時間帯に個別のシリーズをアップすることもあります。
気軽に覗いてみてください。
皆さんも、音楽と共に在る素敵な人生を!
邦楽器作品の創作と邦楽器演奏界の更なる振興を
ライフワークの柱に据えている私です。
このところ、自作邦楽器作品の紹介を続けています。

昨日の記事で全曲の概要を解説した<歳時記>、
2014年9月8日に開催した<松尾祐孝邦楽器作品個展>で
全曲版世界初演が行われた琵琶の為の作品集ですが、
その全12曲の曲毎の紹介を、今日から始めていきます。

<歳時記~琵琶の為の現代音楽小品集>
「一月:瀧凍る」(独奏曲)
「二月:梅仰ぐ」(二重奏曲)
「三月:燕飛ぶ」(二重奏曲)
「四月:しゃぼん玉」(二重奏曲)
「五月:粽結う」(二重奏曲)
「六月:草蛍」(独奏曲)
「七月:大雷雨」(三重奏曲)
「八月:走馬燈」(独奏曲)
「九月:大やんま」(二重奏曲)
「十月:阿蘇噴煙」(三重奏曲)
「十一月:冬紅葉」(二重奏曲)
「十二月:初雪~降誕祭」(三重奏曲)

個展プログラム冊子表紙

この組曲の中の、
「一月:瀧凍る」(独奏曲)
「三月:燕飛ぶ」(二重奏曲)
「七月:大雷雨」(三重奏曲)
「八月:走馬燈」(独奏曲)
「九月:大やんま」(二重奏曲)
「十月:阿蘇噴煙」(三重奏曲)
の6曲が、昨年8月31日に【全国邦楽合奏フェスティバル】で再演されました。



さて初日の今日は、<歳時記>第1曲=「一月:瀧凍る」
をご紹介しましょう。
演奏時間約1分45秒の独奏曲です。

琵琶は、開放絃を奏でるだけで、魂を揺さぶられるような
不思議な感興が沸き起こる音を持っている希有な楽器です。
その開放絃の音の魅力を活かしながら、
定常的な拍節感を全く廃した音楽が進行します。

左手の指で絃を弾くピツィカートと、
同じく左手指で鳴っている絃を叩くように押さえると
僅かに鳴る音を、交互に並べると、
とても心地よい弱奏の効果を生むことができます。
この手法も織り交ぜながら、厳寒の中で凍りついてしまった
大樹のような瀧を目の前に対峙した感興を、
音楽に託した1曲目となっています。

瀧凍る
「刑事コロンボ」シリーズの紹介を続けています。
私はほぼ全作品の日本初放映を見てきたので、
懐かしく想い出しながら記事をアップしています。

「NBCミステリー・ムービー」で定例放映化となった
「刑事コロンボ」第1シーズンは、
若き日のスティーヴン・スピルバーグが監督した
第3作「構想の死角」から第9作「パイルD-3の壁」まで、
計7作品が製作され、第2シーズンは、第10作「」から
第17作「二つの顔」までの計8作品でした。

そしていよいよ前回の記事からは
第3シリーズの紹介に入っています。
今回は、「刑事コロンボ」シリーズの中でも
特に名作の誉れ高い作品が、「別れのワイン」です。

DVD「別れのワイン」

###刑事コロンボDVDコレクション vol.43###
        旧シリーズ第19作
        「別れのワイン」

監督=レオ・ベン
脚本=スタンリー・ラルフ・ロス 
製作=ロバート・F・オニール
撮影=ハリー・ウルフ
音楽=ディック・デ・ベネディクティス
出演:
ピーター・フォーク(刑事コロンボ)
ドナルド・ブレザンス(エイドリアン・カッシーニ役)
ゲイリー・コンウェイ(エンリコ・カッシーニ役)
ジュリー・ハリス(カレン・フィールディング役)
ダナ・エルガー(ファルコン役)


隔週刊「刑事コロンボ」vol.43

TVシリーズ「ベン・ケーシー」等を手がけたことでも
知られるレオ・ベンが監督を務めた作品です。
「007は二度死ぬ」のボンドの宿敵役や、
「大脱走」や「ミクロ決死圏」といった名作でも
名を馳せた名優=ドナルド・ブレザンスが、
頑固なワイナリー経営者を演じています。
その秘書役には名女優のジュリー・ハリスが配され、
終盤のコロンボを交えた3人の心理劇は、
シリーズ全作品の中でも出色のシーンの連続です。

今日のワイン・ブームが到来する遥かに前の作品ですから、
ワインや葡萄に関する名称の日本語訳が、
少々ぎこちなく感じられるところには時代を感じます。

とにかく素敵な作品です。是非、ご覧ください。

YouTube / 刑事コロンボ 別れのワイン COLUMBO  
      ANY OLD PORT IN A STORM

2017年にシリーズ誕生40周年を迎えた
映画<スターウォーズ>シリーズは、
今年の暮れにいよいよ最終編=エピソードⅨ
の公開が予定されています。
1977年に第一作<エピソード Ⅰ 〜新たな旅立ち>
の公開から、全作品を封切り一週間以内に
劇場で観てきた私です。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-スターウォーズ/新たなる希望DVD

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-スターウォーズ~エピソード5/DVD

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-スターウォーズ~エピソード6/DVD

松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-スターウォーズ/ファントム・メナス

松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-スターウォーズ/クローンの攻撃

松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-スターウォーズ/シスの復讐

フォースの覚醒パンフ表紙

ローグワン


エピソード4→5→6→1→2→3 と、
ジョージ・ルーカス監督のルーカス・フィルムが
制作しましたが、その後、最後の三部作となる
エピソード7→8→9の完成に向けて、
ディズニーとタッグを組むことになりました。
2015年暮れに公開された<エピソードⅦ〜フォースの覚醒>、
2016年暮れに公開されたシリーズ初のスピンオフ作品
<ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー>、
2017年暮れに公開された<エピソードⅧ〜最後のジェダイ>、
そして2018年初夏に公開された
<ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー>と、
立て続けの制作と公開は、流石はディズニーのパワーです。

YouTube /「スター・ウォーズ/フォースの覚醒 MovieNEX」
             予告編映像


YouTube / 「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」
         MovieNEX予告 最高傑作編



YouTube / Star Wars: The Last Jedi Panel |
   Star Wars Celebration Orlando 2017 (US)


YouTube / 「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」
             日本版予告


そしていよいよ、シリーズ完結編になると目される最新作、
<エピソードⅨ〜ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー>
(邦題「スカイウォーカーの夜明け」)
が、12月20日に公開される予定になっています。
楽しみで堪らない私です。

映画『スター・ウォーズ』公式サイト
https://starwars.disney.co.jp

YouTube /「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」
             特別映像


YouTube / 映画『スター・ウォーズ
         /ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー』
                      (原題)特報


小浜島訪問記もvol.6となりました。

この旅路は、去る9月29日(日)に小浜島入りしたのですが、

着いた時は青空が広がっていましたが、

天気予報は外れることなく台風18号の来襲を

まともに受けることになったのでした。

 

 

上下の写真は9月30日(月)に宿の窓から撮ったものですが、

写真では判り難いですが、強風と驟雨が始まっていました。

各種警報が発令されたので学校は休校となって、

予定していた訪問授業(音楽づくりワークショップ)は

翌日以降に延期になったのでした。

 

 

そして午後から暴風雨が本格的になってきて、

夜9時ころには停電が起きて、携帯電話やWiFiの電波も

断絶してしまい、翌日の午前10時頃に復旧するまで、

電話もインターネットも使用できない状況が続きました。

凄い経験をしました。

 

昨夜1時の記事の話題、1990年の現代音楽祭以来の

想い出の地=仙台を、この夏に久しぶりに訪ねたのでした。

日帰り弾丸ツアーだったので、あまりゆっくりはできなかった

のですが、現代音楽コンサートを鑑賞する前後に

仙石線を往復走破する乗り鉄&撮り鉄の旅でした。

 

その旅程の最後は、一度は乗ってみたかったグランクラスを

奮発して、豪華な車内を満喫してきました。

 

 

 

グランクラスは、一流航空会社のヨーロッパ線の

ビジネスクラスのような雰囲気で、落ち着きがありました。

飲み物や軽食やおつまみの無料サービスも充実していて、

林檎のスパークリングワインと、

メイカーズマーク(バーボン)のオンザロックを

ゆっくり味わいながら、仙台から東京の時間を

寛ぎました。良い経験でした。

 

 

 

 

邦楽器作品の創作と邦楽器演奏界の更なる振興を
ライフワークの柱に据えている私です。
このところ、自作邦楽器作品の紹介を続けています。

今日ご紹介する作品は、
【全国邦楽合奏フェスティバル in 川崎】の初日、
昨年の8月31日の夕方に開催された
〖作曲家4団体によるコンサート「夏の終わり」〗でも
抜粋版が演奏された、琵琶の世界に一石を投じた組曲です。



では、<歳時記>の作曲に至るストーリーを
ご紹介しましょう。

随分前から、私に琵琶の魅力を伝えてくださった
田原順子さんから、お弟子さんたちのための
現代音楽作品への導入になる練習曲の作曲を
勧められていました。

その話を聞いて、最初はピアノ教則本の「ハノン」のような、
メカニカルな練習曲を発想して実現しようと考えたのですが、
どうしても自分で気に入るカタチに
練り上げられませんでした。

そこで今度は、今まで書いた私の作品の随所に盛り込まれた、
新しい記譜法や奏法、
或いは伝統的な奏法を発展させたもの等の、
一つ一つに焦点を当てた小品をたくさん作曲して、
それを並べた組曲(曲集)とする方向に、
構想を固めていきました。

最終的には、一月~十二月の12曲から成る組曲、
しかも普通の組曲とはことなり、
独奏曲、二重奏曲、三重奏曲、を組み合わせた
組曲というカタチを決断しました。

2013年の11月7日に、その内の半分が先行初演されました。
「一月:瀧凍る」(独奏曲)
「三月:燕飛ぶ」(二重奏曲)
「六月:草蛍」(独奏曲)
「七月:大雷雨」(三重奏曲)
「八月:走馬燈」(独奏曲)
「十月:阿蘇噴煙」(三重奏曲)

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-音のカタログvol.4表

そして初夏までに全12曲が完成して、
2014年9月に開催された<松尾祐孝邦楽器作品個展>で、
全曲版の初演が行われました。
「一月:瀧凍る」(独奏曲)
「二月:梅仰ぐ」(二重奏曲)
「三月:燕飛ぶ」(二重奏曲)
「四月:しゃぼん玉」(二重奏曲)
「五月:粽結う」(二重奏曲)
「六月:草蛍」(独奏曲)
「七月:大雷雨」(三重奏曲)
「八月:走馬燈」(独奏曲)
「九月:大やんま」(二重奏曲)
「十月:阿蘇噴煙」(三重奏曲)
「十一月:冬紅葉」(二重奏曲)
「十二月:初雪~降誕祭」(三重奏曲)

演奏は、田原順子琵琶研究所《聚の会》のメンバー6人で
分担していただきます。三重奏曲は1パート二人にして、
6人全員で演奏していただきました。

琵琶演奏メンバー:重山紀子  伊藤純子  中村祐子     
         竹本彩乃  藤本はるか  樋口真子  

松尾祐孝邦楽器作品個展

琵琶史上に類例を見ない小品集の誕生となりました。
その後、部分演奏や全曲演奏等、
田原さんのお弟子さん達を中心に、
数多く演奏を重ねていただいています。

「刑事コロンボ」シリーズの紹介を続けています。
私はほぼ全作品の日本初放映を見てきたので、
懐かしく想い出しながら記事をアップしています。

「NBCミステリー・ムービー」で定例放映化となった
「刑事コロンボ」第1シーズンは、
若き日のスティーヴン・スピルバーグが監督した
第3作「構想の死角」から第9作「パイルD-3の壁」まで、
計7作品がその第1シリーズとなりました。
第2シーズンは、第10作「」から
第17作「二つの顔」までの計8作品でした。

そしていよいよ今回からは第3シリーズの紹介に入ります。

DVD「毒のある花」

###刑事コロンボDVDコレクション vol.42###
         旧シリーズ第18作
         「毒のある花」

監督=ヤノット・シュワルツ
脚本=ジャクソン・ギリス 
原案=ミルナ・ベルコヴィッチ 
製作=ダグラス・ベンドン
撮影=ハリー・ウルフ
音楽=ディック・デ・ベネディクティス
出演:
ピーター・フォーク(刑事コロンボ)
ヴェラ・マイルズ(ベビカ・スコット役)
マーティン・シーン(カール・レッシング役)
ヴィンセント・プライス(デヴィッド・ラング役)
シアン・バーバラ・アレン(シャーリー・ブレイン役)


隔週刊「刑事コロンボ」vol.42

この作品のキャストもなかなかゴージャスです。
コッポラ監督作品「地獄の黙示録」の主演で
後に脚光を浴びる新進のチャーリー・シーンが、
殺害される青年研究員役で登場します。
犯人のライバル会社の社長を演じる
ヴィンセント・プライスは、1950年代~60年代の
怪奇映画で大活躍した名優であり、また美術蒐集家や
料理研究家としても知られる存在です。

犯人役のヴェラ・マイルズは、ヒッチコック監督が
「間違えられた男」や「サイコ」で主演に迎えられた
ハリウッドの名女優です。

製作のベンドンと監督シュワルツのコンビは、
この「コロンボ」シリーズでは今回限りの起用のため、
異色作と言える程の個性を持った作品になっています。

ジャクソン・ギリスの脚本も冴えています。
終盤の残り3分になって、重要な証拠品が
犯人によって葬り去られてしまうのですが・・・
コロンボは思わぬ別の視点から
事件を見事に解決してしまうのです。

YouTube / サイコ Psycho 1960

昨年=2018年は、アメリカが生んだ天才的音楽家、

レナード・バーンスタインの生誕100年にあたりました。

バーンスタインは、1918年8月25日、

マサチューセッツ州で、ウクライナ系ユダヤ移民の

二世として生まれました。

ハーバード大学・カーティス音楽院で研鑽を学び、

指揮の分野では、

ディミトリ・ミトロプーロスに刺激を受け、

フリッツ・ライナー、セルゲイ・クーセヴェッキーに

師事し、作曲の分野では、

ウォルター・ピストンに師事しました。

 

1940年代から、クラシック音楽界での作曲家としては、

交響曲第1番「エレミア」、同第2番「不安の時代」等、

名曲を書き始めていた一方で、

1943年11月には、急病のブルーノ・ワルターの

代役としてニューヨーク・フィルを振って

指揮者デビューを果たしました。

 

今日ご紹介するバレエ「ファンシーフリー」は、

上述の伝説的な指揮者デビューの半年後、

1944年に発表された作品で、

メトロポリタン歌劇場で初演され、

その年だけで200回以上再演された

大ヒット作となりました。

 

舞台設定はマンハッタン港湾地区、正に

"アメリカ的性格の現代のバレエ音楽"が誕生した訳です。

 

このバレエ音楽は、

やがてミュージカル「オン・ザ・タウン」に発展して、

そのミュージカルも大ヒットとなっていくのでした。

 

 

これら「ファンシーフリー」や「オン・ザ・タウン」

の大ヒットが基盤となって、やがて、

不朽の名作「ウエストサイド・ストーリー」の誕生へと

繋がっていったのです。

 

YouTube / Berndtein Fancy Free, conducted by composer

     (Decca, 1944)

<iframe width="400" height="225" src="https://www.youtube.com/embed/ykGo2FyfkYg" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe>

小浜島訪問記を続けています。

この度の主目的は、文化庁支援プロジェクトによる

学校訪問授業で、小浜小中学校に伺うということでした。

 

 

ひろびろとした空、土の校庭、などなど、

都会の学校とは全く異る空間の広がりが

何とも羨ましい環境でした。

 

 

これらの写真は青空ですが、実は今回の訪問は

台風18号の先島諸島(八重山方面)直撃とすっかり

重なってしまい、なかなか大変な滞在となったのでした。

 

 

この抜けるような青空が、この日の夜から一変して、

暴風雨が吹き荒れることになっていったのでした。

 

 

この写真を撮っている時点では、全く油断していた私でした。

 

 

訪問授業の内容は、後日にあらためて記事にしますが、

音楽室はこのような部屋でした。

 

先日に久しぶりに仙台を訪ねました。

私にとって、仙台という街は、

《ACLアジア音楽祭'90東京-仙台》の想い出の地です。

1988年開催《ISCM-ACL世界音楽の日々1988香港》に

参加して、幸運にも"ACL青年作曲賞"第1位を受賞した私は、

その二年後に開催が決まった《ACLアジア音楽祭'90東京-仙台》

の実行委員会の末席に実行委員として加えていただき、

準備段階から関わり、会期中の東京と仙台の全行程に

帯同する経験を持つことができました。

 

音楽祭は仙台市民文化センターで開催されましたが、

音楽祭運営の中枢を担われた著名作曲家の諸先輩方から、

杯を酌み交わしながら様々なお話しを聞かせていただいた

国分町の居酒屋でのひとときが、良い想い出になっています。

 

そこで、一人旅ながら、帰りの新幹線の乗る前に国分町に寄って

居酒屋でゆっくり食事をしてから帰ったのでした。