中学入試と医学部入試の道の駅

中学入試と医学部入試の道の駅

小さな子供が健気に全力で取り組む中学入試。将来を掴み取るために必死で闘う医学部入試。予備校で数学を教える私が全力で応援するブログです。

中学入試なんて勝っても負けても関係ない。その先が本当の勝負だから。
高校入試なんて勝っても負けても関係ない。負けたら模試で勝てばよい。
大学入試は、勝つことだけが正義。

中学受験はいろんなやり方がある。同じ山頂を目指すにも登山道は様々で、個々の性格や家庭環境に合わせて選択しなければならない。

東海地区にもメジャーな塾もあるが、マイナーな塾もたくさんある。少人数制や個別指導などもあり、どれもよいところがある。

しかし、明らかに駄目なものもあるからね。本当にあかんヤツもある。どんなものが禁忌肢となるのか。

①指導方針が曖昧

指導目標は志望校合格に決まっているのだが、そのための中期的目標、短期的目標をどう設定するかを決めていないといけない。

例えば、、、
中期的目標は、◯◯模試で△△点を取る。
短期的目標は、毎週のルーティンをどのようにやるか。

そういった方向性がしっかりしていないのであれば、うまくいかない可能性が高い。
中学受験ほど計画性が大切な受験はないだろうよ。

②大手塾の模試に否定的

どんなに中小の塾だといっても、六年生になっても大手塾の模試を組み込んでいないのは、もはや駄目な塾だと考えたい。
大手塾の模試は、五年生くらいまではやはり自塾の塾生が有利ではある。だから他塾生は不利なことは否めない。しかし、六年生になったらそんな言い訳は通用しないだろう。
例えば、東海中学の模試には、ΣのプレとZのトライアルがあるが、これが開催される頃になれば、どの塾でも、こういったものを資料として使っていないといけないと思う。
更に、ΣZHの先生でも、他流試合を否定する先生はあかんだろう。こういう結果は、御家庭での志望校選定資料にもなるから重要だ。

③面談での話が甘過ぎる

模試の数字などから算出される事実と、面談での見通しが乖離し過ぎている場合には駄目塾だね。
現状でまだまだ成績が足りていないのに
「この調子ならば、受験校は選び放題ですね」
とか言い放っちゃうやつ。厳しい言葉よりも、耳当たりの良い言葉に騙されてしまうユーザーがあかんのだけどね。
本来ならば率直な見解を示して、このままならばどのような結果が予測されるか、その上で改善提案をしていくのが、責任あるプロでしょ。
仮に本当に順調な仕上がりをみせていても、最後まで厳しく戒めてくれる指導員ならば信用できる。

いくた

今年から小学校では三年生から英語が必修化。五年生からは成績が付く教科になるらしい。そのこと自体には私は賛成だけど、先生は大丈夫かしらん?三年生なんて英語どころか日本語も怪しいのに。

それはそれとして、英語の本格的勉強は中学から始まりますね。じゃあ、お父様お母様も一緒に英語を始めてみたらいかがでしょうか?久しぶりに勉強なんて刺激的じゃないですか。

もちろん、お母様なんて家事が忙しかったり共働きならばそもそも時間なんて取れなかったりします。そんなお母様が勉強していれば、子供達も張り合いが出てくるでしょうし、お母さんには負けられない気持ちにもなるでしょう。

私はかつて塾を開いていたときに、数検教室を開催していました。数学検定の対策指導を週一回無料で開いていたのですが、参加条件として、親子で受講することとしていました。小学生でもお母様と一緒ならば楽しく参加できますし、中学生はお母様に教えてあげながら、得意になっていました。
最後に合格証を持って記念撮影をして、教室を打ち上げるというものでした。

もちろんこれは営業の一環ですよ。ボランティアでやっている気持ちはありません。

いくた


先日の記事のコメントに、

地区の異なる学校を偏差値で比較することには意味がないのではないか

というコメントが付きました。これは全くその通りだと思います。

東海中学なんてその典型例ですよね。ZのR4が59ですが、大学受験実績が全国レベルに高い。それは、入試偏差値が実際の学校のレベルと合致していないということです。地区の代表校にはありがちなことです。
"東海高校は大学受験に向けた素晴らしいメソッドを持っていて、実績を上げている"と勘違いしている人も稀にはいますが、東海高校の関係者であれば全くの嘘だということは、身に染みてご存知だと思います。

各塾の偏差値は、模試の結果と入試の結果を照らし合わせて決定されますので、入試に対するデータとしてのみ有効性があります。


結局のところ偏差値なんて入試のことしか示していないわけですよね。その学校の内容を表しているものではないですし。
東海地区では、偏差値の順位に逆行して、志望校が選択されることは極めて稀だと思います。もったいないことだと感じます。もっとソフトの面に注視すれば、有効な方向性が生じてくることも多いのに。その点では、選択肢の多い関東地区が羨ましいです。

私は東海中学高校と卒業しましたが、私が親で子供を中学受験させるならどこに入れたいか?
東海中学はあり得ない。私は東海中学高校時代は全然勉強もしていないし、学校は遊ぶ場所、放課後は麻雀かゲーセンでしたから。
滝中学はもっとあり得ない。夏休みが3週間とか考えられない。

私が選ぶなら愛知中学かな。あそこは特奨があるじゃない。それが取れれば3年間優遇が続くなんて、旨過ぎ。更に共学だから女の子もいて楽しいじゃない。愛知中学の女の子は結構優秀で、私は何人か医学部に合格させた。そしてみんな結構かわいい娘だったな。
そんな環境って、勝ち組じゃない?

いくた
知り合いの中国人経営の中華料理店が現在経営危機。新型肺炎の影響だ。

中国人が来店して感染源となる可能性が危惧されるからなんだろうね。

でも、中華料理というのは、中国料理とは違って、日本人向けにアレンジされたもの。その店で中国人客に会ったことは一度もない。
まあそれでも仕方ないわな。

いくた
世の中の大学は偏差値で色分けされて見られていることは事実だ。でも偏差値だけで大学を見るなんて、本当にナンセンスなことだよね。

かつて、ビリギャルという本があって、坪田塾が有名になった。ビリギャルのさやかは、愛知淑徳中学高校出身。
進学したのは、慶應SFC。河合塾偏差値ランキングでは72.5の最高ランク。古い言い方をするとMランク。
この最高ランクを持っているのは他には東大理Ⅲと京大医学部と慶應医学部だけ。
これだけ見ると凄いんだけど、実は入試科目は英語と小論文だけ。

ビリギャルのストーリーは、

もともとある程度の地頭がある生徒がちょっとサボって成績を落としていたけれど、英語だけ頑張ったら慶應に入れた。

という非常につまらないもの。そんなこといったら、それより奇跡的な進歩や合格なんて、私達は毎年のように見ているのでね。塾の宣伝がうまさが光るストーリーだった。おそらくは他の塾でも似たような結果はたくさんあるはずだよ。私文専門塾とかならどこでもありうる。

このようにまずはそもそも偏差値という数値自体が大学入試では合格難度を直接表すものではないこと。科目数と受験機会が一致しているならば、ある程度は比較指標にできるけど。



そして、、、もっと重要なこととしては、偏差値が大学での学問の質を決めているとはいえないこと。更にいうならば、大学名が大学生活の質を決めているわけではないこと。


これから私は毎年相談を受ける。滑り止めの大学に進学するのか浪人を選択するのか?

この話に対して、私の答えはいつも同じ。

自分の志願する学域だけは絶対譲歩してはいけない。自己実現が可能な学部学科なのか、それだけはしっかり調べる。
大学名については、譲歩してよい。もちろん無限に譲歩してよいわけではなく、その大学で自己実現していく自分が想像できるならそれでいい。

ぶっちゃけさ、理系の理工農あたりの関係の学部ならば、もう一度大学院受験があるわけじゃない。結局、高度な研究なんて大学院でしかやれないわけだし。そこまで含めてイメージできていれば大丈夫だろうよ。
世の中には学歴ロンダとかいう言葉もあって、大学院進学を揶揄する人もいるけど、ああいう奴等はこの世界を知らない無知な輩だから。

理系の話をしたけれど、実は文系の方がこのことは重要かもしれない。東海地区には偏差値でいうと50前後の中堅クラスの大学はたくさんあるよね。この辺りの人は大学生活の良し悪しが全く分かれてしまう。充実したものにできる人も、全く空虚なものに終わる人もいる。
結果として、就職活動にも上下幅が大きくなってしまう。大企業も含めてどんどん内定を貰えている人と、全く空振りが続く人。その差は大学名で生じているわけではない。

大学4年間の生活をただのモラトリアムだと思っている人もいるかもしれないが、その期間に人間力に大きな差が生じていくものである。

いくた

今年の中学受験が終わり、見えてきた今後の展開。

①少子化の影響は少なく、依然として受験者は増加傾向

今年は、名古屋中学、南山男子などはかなりの受験者増。男子校は全般的に堅調。女子校は昨年並み。共学校も数字を増やしていることから、東海地区ではまだ年々受験者が少しずつ増加していくことが予想される。
少子化に対しても、割合が増えている。

②名古屋中学が一つのポイントになるか?

名古屋中学が難化傾向が続き、いよいよ上位校入りすることも予想される。こうなると、名古屋中学と南山男子の両方合格した場合に、名古屋中学が選ばれることも、実際に多くなってきた。

来年以降は、名古屋中学に合格したら、南山男子を受けないで、東海中学にチャレンジする生徒が増える可能性が高くなる。そうすると、東海中学の難化もありうる。
(南山男子も急激に志願者を増加させているので、この予想は外れることもある)

③人気化の一途を辿るお滝さん

とうとう志願者数1800を超えたお滝さん。最近7年間で15%増。東海地区中学受験のトレンドの中心は、名古屋ではなく江南。江南スタイルだな。(古っ)

④Zのスタンダード化

高機能型ザクの傾向があったZが、中堅校の実績を伸ばして、量産型ザクへと変身している。Σの動向は気になるし、Butchがどう巻き返すかなど、注視すべき点はあるが、Zがスタンダード化してきていることは事実。


⑤女子のローカル受験が増加しているのかも?

今年は女子校の合格者シェアが、大手ΣZH総数では全て減少した。このうち南山女子は、去年の増加に対する反動であることは明らかだが、SSKに関する原因は不明。特に愛知淑徳のΣ分はどこへ回ったのか?
ローカルの四谷系などが地道な実績を稼いでいる可能性もある。

いくた

今日は懐かしの江南スタイル




上の記事は一年前のものですが。

今年のButchの実績は、合格率の面ではそこそこ良いものとなったようですが。

総合的にみて、良い情報が伝わってこないのね。まだまだ不足しているのだろう。
オペレーション、コンテンツ、人材、様々な面での不足が見える。

ホームページをみても、東海地区のコンテンツが殆ど見当たらないよね。そこにニーズがあるかというと、それはHの二番煎じでしょ。

東海地区への順応の遅れは、Zの黎明期を思い出させる。ここからどっちに振っていくかだね。関西大手の旗を掲げ続けるか、東海地区に土着していくか。
ButchはZと違って、関西地区以外の展開は初めてだからもう少し時間がかかるんじゃないかな。

それは説明会にでも行ってみれば分かると思う。

いくた


もう私立大学の受験は進んで、結果も出てきているよね。自分に見込みがないと分かっていても、不合格の烙印はツライだろう。まるで自分の人生を否定されているような気持ちになるだろう。

そんな気持ちになるのは、この戦いが自分の人生を賭けた挑戦だからだ。心を深くえぐられるのは、諸君の人生が限りなく深いものであることを意味する。

常勝の人生はない。負けない人はいない。ここで一敗地に塗れる経験が出来たことは、あなたの人生にとって、決して小さくはない財産だ。

今年の戦いが終わったら、まずはゆっくり飯を食え。戦っている間は、飯の味も分からなかっただろう。今年戦い続けることが出来た自分を褒めてやれ。涙の味がするかもしれないが、それが忘れられない味になるだろう。

そしてすぐに次の戦いを始めよう。次勝てばいいだけだ。次は絶対に負けないようにしよう。

いくた
昨日の続き

ちなみにZでは東海中学のR4偏差値は59、Hでは合格率80%偏差値は56である。これだけを見ると、Hの方がレベルが高いように思えるのだが、実は偏差値の付け方がHとZでは異なる。
Hは平均偏差値、Zでは合計偏差値を採用している。

Hの偏差値は簡単。全教科偏差値60ならば、トータルも偏差値60。
Zの偏差値は全教科60でも、合計得点で偏差値を計算し直すので、トータルだと偏差値62くらいになる。ブログ記事でも「4科偏差値の計算が間違っていないか?」と疑問に思う親御様もあるが、それは実は間違っていない。

画像検索して公開の成績表をパクってきた。
(画像をパクるのは、リテラシーからあまりよくないよ)





これはHの公開


これはZの公開


この二つをご覧になると分かるだろう。
Hは普通に2科目の偏差値を足して2で割ったものが評価になっている。
対して、Zは総合も2科目も平均より高くなっている。これは偏差値を合計点により再計算しているためだ。

このことから、Zの偏差値59と、Hの偏差値56とは、実質的には1くらいの差しかないと思われる。

このことは、Hの母集団の優秀さを加味すると、東海中学の偏差値が高過ぎるのではないかと感じる。実際に灘中の偏差値は、ZとHでは7の差がある。これはHが灘をメインターゲットにしていて、十分に押さえ込みが図られていることを意味するだろう。
対して、東海中学は3の差しかないことは、まだまだ東海地区の押さえ込みが十分ではないということだ。


以上から私の結論。

Hはまだ東海地区狙いの方向性が十分には取り切れていない。東海地区だけを受験したいと思っている人には、お勧めできるということではない。
もしも、関西最難関を視野に入れていたり、他の塾では物足りなさを感じていたりするならば、Hという選択肢は大いにありうる。

いくた

私の記事を読んでいると、数学の先生っぽいよな〜って思うでしょ。何でも数字で読み解こうとするんですよね。
こういう性格の人は、逆に数字に騙されてしまうこともありますからね。

Hが名古屋にやってきたのは2003年で、実はZより前。私がちょうど専業としてこの世界の指導員になった頃。
幸運なことに、最初の頃に数少ないHの生徒の指導を担当できたことで、Hの概要を名古屋地区では早く知ることができた。食塩水の問題を天秤算を使って解くなんて、面白いなと思った。(残念ながら、東海、南女には使えないんだけど)

Hはもちろん関西大手なので、東海地区メインというわけにはいかないだろう。開業当初は全然合格者は伸びなかったね。たぶん、灘の数を稼ぐために進出したのだから、東海地区入試に興味が薄かったのかも。

やっとここ5年くらいかな。東海地区の塾になってきた。合格者は5年前と比較すると、東海中学35→64  南山女子9→25と倍加してきた。

今年の実績は一服だった。ホームページでは去年比で実績が下がったことを隠すように、2年前や4年前との比較を書いていたけど、もちろん幾太郎は見逃さない。

でもHが名古屋に馴染んできたことは、私達指導員にとっては、広い選択肢から生徒に提供できるので嬉しいことである。

続きは明日

いくた