ガレージ ペスカ

ガレージ ペスカ

ペスカトーレの バイクと趣味のブログです

バイクのメンテナンスや修理、DIYカスタム、サーキット走行等
お酒やラジコン、お気に入りの小物、工作、その他アニメ、
その他日常の事を、書いていきたいと思います。

理想は所さんの世田谷ベース!

*ペスカトーレがお勧めする、ペスカトーレの過去ブログ*


1.ガレージペスカの、フラッグシップ PESCA-01と

  名づけられた、VTR250の メインテナンス記録

http://ameblo.jp/pescatora-01/theme-10055907315.html  (テーマ別記事)



2.YB-1 レストア 不動だったYB-1をメンテナンス

http://ameblo.jp/pescatora-01/theme-10060452424.html  (テーマ別記事)



3.CL50ベンリー レストア 原付レストアシリーズ第2弾

http://ameblo.jp/pescatora-01/theme-10067792002.html  (テーマ別記事)


4.ビキニカウルのスクリーンを自作するシリーズ

スクリーン製作失敗  http://ameblo.jp/pescatora-01/entry-11304461256.html
スクリーン製作2  http://ameblo.jp/pescatora-01/entry-11308125830.html

スクリーン製作完成  http://ameblo.jp/pescatora-01/entry-11312716785.html



5.革ツナギを、家で自分で洗濯しちゃおう!

   ツナギは自分で洗えます。

ツナギ洗濯  http://ameblo.jp/pescatora-01/entry-11344296208.html


6.ガンダムの アムロ レイ は生きているかも?

逆襲のシャア、アムロ生存説  http://ameblo.jp/pescatora-01/entry-11292016613.html



7.ワイルドスピード! 

   ドミニクの着けている、ネックレスを買った!

ワイルドスピード ドミニク ネックレス  http://ameblo.jp/pescatora-01/entry-11411510234.html


8.パイプの記事インデックス、パイプの記事をまとめたページ

パイプ記事インデックス  http://ameblo.jp/pescatora-01/entry-12067866961.html

ペヤング青じそやきそば

 
 
 
 
以前パクチーMAXとか有りましたけど、
今度は青じそです。
 
 
 
かやくの中に青じそがいます、当然ソースもオリジナル
 
 
 
完成状態、
 
しその香りとやや酸味がある梅ソースの味がします、うん、これは素直に美味しいです。
 
 
 
 

 
偶にはノーマルのペヤングソースやきそばも、ただしQUOカード500円の抽選付きです。
 
 
 
ソースとかやくスパイスとふりかけ
 
ノーマルソースのパッケージの確認になりますね。
 
 
 
 
完成体です、普通に美味しくいただきました。
 
 
 
 
 
 
最後に
 
ペヤングヤキソバふりかけ塩ガーリック

 

 

 
以前ペヤング焼きそば きつね の時、ペヤングやきそば味ふりかけの事書きましたが、
それは、ノーマルペヤングのふりかけ版で、

 

今度のはペヤング 塩ガーリックのふりかけ版です。

 

 
 
ニンニクが香ります、そしてしょっぱいと言うより辛味を感じます、あんまりペヤングやきそば感は無いです。
 
 
 
 
それでは~
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

・ミッションインポッシブル フォールアウト

 

 

 

映像、迫力、構成、ストーリー、ミッションインポッシブルシリーズの中でもかなり良かったです。

 

映像的にはヘリが墜落して転がっていくシーンを、視点をヘリにに固定して中なら映しているのが斬新でした。

ストーリーも良くまとまっていて、過去のシリーズでのいきさつにも関係して、全てに決着が付く所も良かったです。

 

まあ、四の五の言わずに観てください、と言う映画です。

 

 

 

 

 

・エントラップメント

 

 

 

 

往年ぼ凄腕泥棒と保険調査員が対決する話かと思ったら二人とも泥棒で、年が離れたタッグを組み

仕事をすると言う話。

 

舞台の設定は1999年12月で当時最新に防犯設備を、これまたハイテク機器を駆使して破っていく、

どんでん返し的な展開が何度か有るのですが、最後の方は一寸強引過ぎてつじつまが合わなくなっています。

ション・コネリーはメチャメチャシブかったですね~

 

 

 ・沈黙の脱獄

 

 

 

ネズミ小僧みたいに富める人から盗みをして、貧しい人に分け与えると言う泥棒、そしてその彼女は予知夢を見る能力が有る。

 

引退して堅気になるが、就職したのは実は犯罪組織で強盗事件に巻き込まれ投獄される。

けど、刑務所で出会った仲間と直ぐに脱獄し、犯罪組織と戦う事に

 

スティーブンセガールの沈黙シリーズですが

タイトルとは違って脱獄がメインで無く単にセーガールアクションの映画です。

 

セガール映画は全てそうですが、主人公はアクションシーンで殆どピンチにならる事は無く、圧倒的な強さで敵を倒していきます。

 

その分ストーリーは強引ですね。

 

 

 

それでは~

 

 

 

 

なお、このブログは5秒後に自動的に消滅する

 

 

(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PS2 ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド

 

 

 

 

漫画「ジョジョの奇妙な冒険」第一部の話をアクションゲーム化したソフトです。

第3部が対戦格闘ゲーム化された作品は有名ですが、第一部もPS2でゲーム化されていたわけです!

 

アクションゲームで、プレイヤーは主にジョナサンジョースターを操って各ステージをプレイしていきます。

ストーリーはもちろん第一部に添った話なので最初のステージは村のいじめっ子2人と格闘します。

次に人間のDIOやスピードワゴンと戦い吸血鬼DIOと屋敷で戦うまで、ジョジョ側は波紋無し、ほぼ純粋な打撃のみで戦う事になります。

ツェペリが現れようやく波紋を習得、戦闘でも波紋が使えるようになり切り裂きジャックやブラフォードと戦っていきます。

 

 

 
進行のシステムも良く、原作の絵に色付けしたアニメーションが流れてストーリーが進行した後でバトルとなります。
なので、ジョジョ第一部のストーリーが分からなくても大丈夫です、と言う自分も第一部がジャンプ連載中に歯抜けで読んでいただけで記憶もおぼろげだったのですが、ストーリーを復習するよい機会になりました。
 
かなり楽しめたので、久々名作に出会った気がします、クリア後は各ステージの敵キャラや他のキャラを使ってプレイするモードも有ってやりたい人にはやり込みようそも有ります。
 
特にジョジョ好きの方にはお奨めの一本ですよ。
 
 
 
ついでに、
PS1のジョジョの奇妙な冒険VS.FAGHITINGも引っ張り出して、プレイしてみました。
 
 
 
昔はVS(アーケード)モードしかやらず、しかも自分が好きなイギーとか、あえてジョセフジョースターの若い時(スタンド無いからメチャクチャ弱い)を無駄な拘りで使っていましたが。
 
今回はフツーに、ジョジョも使ったり、スーパーストーリモードをプレイしました。
 
スーパーストーリーモードは、第3部のストーリーに添ったステージを戦い進める話ですが、アーケードモードでキャラクター化されていない敵に関しては、ミニゲームや、コマンド入力で戦うシステムになります。
 
ラバーズとは、シューティングで戦うステージでした。
 
その後、エンヤバーに苦戦して断念しちゃいましたが。
 
 
それにしても第2部や第4部のゲーム化はされないのかな?
 
 
 
それでは~
 
 
裁くのは俺のスタンドだー!
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

バックトゥザフューチャー Pat1のプラモデルを買いました。
 
 

 
青島文化教材社 ムービーメカシリーズ No.11 バック・トゥ・ザ・フューチャー プルバック デロリアン Part.1 1/43スケール プラモデル    

 

¥ 774

 

 
 
中身はこんな感じ、かなりシンプルです。
 
 
 
 
箱裏に組み立て説明図が有ります。
 
 
 
取り合えず、チャチャっと仮組してみました、
 
未塗装でも、デロリアンしてますね~
 
 
 
 
塗装していきましょう~
 
先ずは、スプレーでベースのシルバーと、裏の黒を塗ります。
 
 
 
後は、筆やら極細の油性マジックで細部を塗って完成です。
 
 
 
 
 
う~ん、いい感じ
 
 
 
 
バックハッチのメカは、かなり簡素化されていたので、一応塗装で色んな色をつけてみたのですが、
スカスカ感はいがめないです。
 
 
 
 
テールは、箱の完成写真を参考にしたのですが、映画の写真ではランプの上と横は濃いシルバーなのが正解ですね。
 
 
 
 
以前買ったデロリアン ミニカーと比較、
 
ミニカーの方が 
 

 

 
 
 
 
 
ミニカーの方が、適当にディテールUPがされているので、細かくなっています。
 
 
皆さんも、このデロリアンのプラモ、作ってみてはいかがですか?
 
 
それでは~
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

以前記事に書いた沖縄アンテナショップ わしたに、また行って来ました。

 

 

 

 
オリオンビールやら、山羊汁やらを色々買ってきたのでレビューします。
 
 
 
 
オリオン スペシャルX
 
オリオンビールの第3のビール版 そのまんまオリオンを第3にして、辛口にしたと言うお味です。
 
 
 
 
 
オリオン サザンスター
 
これもきれの有る感じ
 
 
 
オリオン ドラフトビール
 
少しラガーっぽいです。
 
 
 
ノーマルのオリオン
 
言わずと知れた軽いビール
 
 
つづいて食べ物の方です。
 
 
以前にも買った ミミガージャーキー

 

 
 
 
 
こりこりしてます。
 
 
 
 
軟骨ソーキ
 
 
 トロトロの角煮みたいで普通に旨い
 
 
 
 
 
沖縄郷土料理 ソーキ汁
 
 
 
 
獣臭がしますが臭くは無く旨い

 

 
 
 
汁も美味しくて飲み干しちゃいました。
 
 
 
 
 
山羊汁
 
 
 
これが一番高かったです。
 
 
 
ソーキ汁と似ていますが、肉が豚では無く山羊です。
 
 
 
 
これもとろとろに柔らかくなっていました。
 
思った程臭みも無く美味しくて、と言うかソーキ汁より臭みは少なく感じまました、
味と言うか、出汁が濃い感じで旨かったです。
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 

神奈川県横浜市に有る 大塚・歳勝土遺跡公園に行ってきました。

 
 
 
大塚遺跡は弥生時代中期の環濠集落で、 歳勝土遺跡はその墓地なのだそうです。

 

 
 
 
上り坂を上がって行きます。
 
 
 
それっぽいのが見えてきました。
 
 
 
歳勝土遺跡 です。
 
 
 
 
 
復元された溝、この溝に囲まれた四角い部分に棺が納められていたそうです。
 
 
 
 
再現されていない溝は、石の線で表されています。
 
 
 
 
 
墓道、大塚村と歳勝土墓を結んでいたであろう道の説明
 
 
 
 
なるほど、この様にお墓があったと言う事が分かります。
 
 
 
 
古墳と言う事ですね。
 
 
 
方形周溝墓の埋葬内部を復元した姿です
 
つまり四角い中の棺が有ったで有ろう部分の構造を再現したパターン
 

 
方形周溝墓の埋葬内部を復元した姿の説明書き
 
 
 
 
 
 
 
歳勝土遺跡の保存整備の説明書き
 
 
 
 
進んでいくと、ジオラマのような物が。
 
 
 
大塚・歳勝土遺跡の周辺地形模型です。
 
 
 
 
 
周辺には、大塚・歳勝土遺跡以外にも様々な住居等の跡が有った事が分かります。
 
 
 
 
 
大塚村の跡 大塚遺跡に入っていきます。
 
 
 
 
 
おお~素晴らしい~
 
再現された縦穴式住居がいっぱい有って、村になっています。
 
 
 
 
環濠 土塁 柵の再現説明書き、
 
そもそも環濠とは、周囲に堀をめぐらせた集落や村のことです。。
 
 
 
 
木の橋の再現
 
 
 
縦穴式住居跡を、上の住居を再現せずに展示して有りました、表面は劣化しないように特殊なガラス樹脂でコーティングしているそうです。
 
おかげで外の溝と中の溝、そして柱を立てる為の穴が、良く分かりますね。
 
 
 
縦穴住居跡発掘調査時の姿 説明書き
 
 
 
 
 
反対側から見た所です。
 
 
 
 
 
さて、ようやく再現された縦穴式住居です。
 
これはY-39 号住居
 
 
 
 
 
中です、焚き火の跡も再現されています。
 
 
 
 
 
高床式倉庫です。
 
 
 
 
 
 
 
続いて、Y-2号住居
 
 
 
 
 
 
 
屋根はこんな感じです。
 
 
 
 
 
 
更に廻ります。
 
 
 
 
Y-11号住居
 
 
 
 
 
 
中に、土器の復元がおかれていました。
 
 
 
 
 
一番奥の再現住居、右側の石で囲まれた部分にも住居が有ったようです。
 
 
 
 
 
 
再現されていない住居は、石で囲ってありました。
 
 
 
 
 
Y-74号
 
 
 
 
 
Y-74は、内部の足場が組んでありました。
 
 
 
 
 
Y-71
 
 
 
 
 
Y-71の中に有った、再現土器
 
 
 
 
中から外の見た写真
 
 
 
 
 
最後にY-68です。
 
 
 
 
 
 
Y-68内部
 
これで、大塚・歳勝土遺跡の見学は終了です。
 
かなり綺麗に整備されていて、市ケ尾横穴古墳群 とは大違いでした、
静岡の登呂遺跡と同じく位の規模でしょうか。

 

大変楽しかったです。

 

 

 
 
 
出口の方に行くとなにやら案内板が多数
 
こっちが正面の入口だったようです、また反対から回って来てしいました。
 
 
 
 
港北ニュータウン地域の遺跡の移り変わり
 
 
 
この地図を先に見ていれば、もう少し廻りやすかった。
 
 
 
 
出た所に巨大なゴリラが居ました。
 
どうやら、交通安全のために腕を振り上げているようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

・三度目の殺人

 

 

 

 

優秀だが機械的な仕事をする一面が有る弁護士(福山雅治)は、殺人事件の犯人弁護をするチームに途中から参加する事になった。

所が、起訴された犯人のいう事が、会うた度に変わる、弁護士としては、なるべく軽い罪にする事が実績になる為、犯人の身辺や過去を調査する。

 

なんか、色々と描写や演出に含みが有る内容で、深いのですが全部は理解しきれない映画でした。

なので、一寸感想も表現し辛いです。

 

後半何度か行なわれる、役所広司との福山雅治の面会室でガラス越しの会話が、焦点と見所になっていると思います。

 

 

 

・羊の木

 

 

地方の魚深市に6人の移住者が来る事になった。

受け入れを担当した役所の担当者は、一人づつ住居への案内をしているうちに、全員が刑務所からやって来た事に気が付く。

役所の上司に聞くと、更生と経費削減を兼ねた新しい仮釈放制度が始まり、6人はその対象者と言う事だ。

 

ある日、田舎町には珍しく変死体が発見される。

内心、6人を疑う役所の担当者だったが、死体は病死と判断される。

 

しだいに6人の内一人と友達になる担当者だったが、参加した祭りの写真が新聞に乗り、過去の事件の被害者の父親が仇をとるために町に来る。

ここから事態は急変していく。

 

感想、結局変わらない人は一生変わらないと言う話だったのだろうか?一寸言いたい事が良く分からなかった。

 

 

・クリーピー偽りの隣人

 

 

 

薬を使ったマインドコントロールの技術を持ったサイコパスの異常犯罪者を描いた映画ですが、正直腑に落ちない点がいっぱい有ります。

調べていた過去の事件の事件の犯人が隣の家の人とかって偶然はあまりにリアリティーが無いですし、警官の反応もおかしい、あと竹内祐子の演技力が素晴らしく主人公を凌いじゃっています。

 

元々はクリーピーと言う小説が原作で、ウィキペディアであらすじを読むとそっちの方がしっくり来るし面白そうです。

映画化失敗例ですかね。

 

 

それでは~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペヤングヤキソバ 特製 激辛 HALF & HALA 超大盛り

 
 
 
特製ソースと激辛の ハーフ&ハーフ、 ふたつの味が楽しめるというペヤングです。
 
 
 
 
かやくは大一個、ソースは2種類です、ふりかけとスパイスは特製用です。
 
 
 
 
湯ぎりまでして麺を作った所、麺の塊りは2個有ります。
 
 
 
 
マニュアルに従い、片方に黄色の特製ソースを混ぜふりかけスパイスを掛けて、もう片方激辛ソースを掛けました。
 
先ずは片方ずつ単独で食べます、特製側は普通ですが激辛はやっぱり辛過です、
早々に2種類を混ぜて辛味を中和して食べました。
 
 
続いて
 
 
ペヤングヤキソバ 激辛カレー& 激辛 HALF & HALA 超大盛り

 

 
辛いの苦手なんだから止めとけば良いのに、これも食べてみます。
 
 
 
 
構成的には、特製ソースが激辛カレーソースに変わって、ふりかけとスパイスが無くなっただけっぽいです。
 
 
 
麺は、特製 激辛 HALF & HALA 超大と同じ2個構成のようです。
 
 
 
 
 
今度は、左側が激辛カレーで 右側が 激辛

 

一個ずつ食べます、激辛は前回と同じで辛い、激辛カレーはカレー風味で少しだけ辛さが少ない。

 
 
 
実は一寸辛さにビビリ、ソースを加減して掛けてしまったのですが、
 
それでも、必要以上に辛いです。
 
 
 
片側が特製ソースの時は混ぜれば緩和されたのですが、今度は混ぜても逃げ場が無く辛いままです。
 
やっぱり、激辛同士をハーフ&ハーフにしては駄目だとおもうのですよ、片側がカレー南蛮だったら、
まだバランスが保てたと思うのですが・・・・・・

 

 
 
 
最後に
 
 
ペヤングソースラーメン
 
ついにラーメンかよと言う一皿
 
 
 
かやくとスープです、やきそばと同じようにかやくはお湯を入れる前に入れておきます。
 
 
 
やきそばであれば、ここから湯切りする所ですが、ラーメンなのでしません。
 
パッケージが似ているので混乱するところですね。
 
 
 
スープの元を投入
 
 
 
混ぜたらソース色のなりました、香りは、ペヤングソースのそれです。
 
では食べてみます、・・・・・う~ん、これは微妙ですね~
 
ペヤングソースの味なのですがソースやきそばと比べると薄く感じるのです、ラーメンスープになるとそりゃ薄くしないと食べられないのですが、味はペヤングソースなので超絶に違和感が有るのです。
 
ラーメンなら、普通のカップラーメンの方が旨いですね。
 
それでは~
 
 
 
 
 
台風19号の被害にあわれた方々、お早い回復をお祈りいたします。
 
 

 
かつて無いほど大きな台風が本土直撃コースでやって来た、2019台風19号でした。
 
10月と言うと気候的に良い時期なので、10月12,13,14日の3連休は、色々なイベントが企画されていたのですが、
 
・テレ静まつり
・草薙まつり
・静鉄ありがとうフェスタ等
 
知っている限りはほぼ中止になったようです。
 
 
 
コンビニやスーパーでも、カップラーメンが売切れたり、品薄になったり、
 
 
 
 
12日は、ドラックストアや、飲食店、他店舗も、臨時閉店していました。
 
 
 
電車も計画運休していました。
 
 
 
 
取り合えず自分も、備えとして冷蔵庫を満たしておきました。
 
「不要不急な外出を控え」ってまあ、どうせ外に出れないので酒でも飲んで過ごそうと言うと言う事です。
 
自分も予定がキャンセルになり、ブログを書き溜めたり、観たかった映画を観たり、靴の手入れをしたり、レコーダーのハードディスクに溜まってた番組を観たりと、
 
増税前の駆け込みとその余波での影響で時間が無く、溜まっていた事を消化した一日でした。
 
 
 
そんなわけで、今回はブログ的にはゆるい感じでしたが、台風の話でした。




・追記(14日昼)、かなり河川反乱による被害が出たようですね。

やはりハザードマップで示された地域が被災しているようです。



1日建っても安倍川はこんなに水が増えていました。



河川工事をして堤防を築き、安倍川をまとめた徳川家康はやっぱり偉大です。



パノラマ(100°位ですが)写真



 
それでは~
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先月行なわれた、ミニろく2019 レーシングコース戦

 

 

 

その時の写真を専属カメラマンから頂いたのでご紹介します。

 

 

 

先ずは マダマダさん

 

 

 

 

 

 

次に赤○君

 

 

 

 

H監督

 

 

 

 

 

暴走校長

 

 

 

そして自分 ペスカトーレです。

 

 

 

 

 

 

 

フフッ みんなイケてますね~

 

 

あと、自分が撮った写真をスマホアプリで動画にした物です↓

 

ミニろく2019レーシングコースDABA117 写真

 

 

 

今回使ったスマフォアプリが、動画と静止画の素材をを一緒には出来無かったので、

動画を素材に使ったバージョン

 

 

ミニろく編集編2019レーシングコース動画編集

 

 

 

あと、他の方があげていた、動画を

 

 

 

10分07秒 位に、H 監督がチラッと写ってます。

 

 

 

 

 

 

 

レース後もこう言うの観るのが面白いですね

 

 

それでは~