ヤンジージャンプ・フェスティバル

基本はシュミ日記です。
…遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけん…
  


テーマ:

仏像好きの間では今年一番の話題・・・

というよりも、もはや今世紀最大!といっても過言ではない仏像展。

 

東京国立博物館で開催中の特別展「運慶」に行ってきました!

 

 

現在、運慶作といわれている仏像は全国に31体あるのですが、今回の展覧会ではそのうち22体が出展!

 

しかも、そのほとんどがケース外の展示、しかも360度全方位からそのお姿を拝見することができるという奇跡!!!

 

こんな機会は、今回を逃すと永遠に訪れることはないのでしょう。

つくづく、この時代に生きていること、そしてこの時代に仏像好きでいられたという幸せを噛みしめているところ・・・。

今年の5月に奈良国立博物館で開催されていた「快慶展」も本当に素晴らしかったですし(その時の感想は→コチラ)、2017年は仏像好きにとって永遠に語り継がれるであろう、奇跡の1年でした。

 

さて、今回の「運慶展」。

実際に僕が観て来た感想なんかも書きたいのですが、今回は運慶仏の放つエネルギーにすっかり打ちのめされてしまい・・・っていうか、会場入ってすぐに円成寺の大日如来さんがいた時点で、もはや冷静な気持ちではいられなくなってしまって、その後はほぼ放心状態で会場をウロウロしていただけ・・・という状態。

 

展示替えもちょいちょいありますし、既に前売り券は2枚買ってあるし・・・ってんで、どうせあと2回は訪れるでしょうから、詳しい感想はまたその時にでも・・・・。

 

とにかく仏像好きならば必見。

特に仏像好きでなくても、彫刻とか日本史にちょっとでも興味のある人であれば感動すること必須のこの展覧会。

会期中の金曜・土曜は夜9時まで開館していることですし、訪れてみてはいかがでしょうか。

というわけで、東京国立博物館での「運慶展」は11/26(日)まで!

 

みなさんもあの感動をゼヒ!!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

相も変わらず、ずいぶん前に観た映画の感想を、記憶を呼び起こしつつ書いていくシリーズ。今回は7月下旬に観たこちらの作品!

 

このブログでも何度も書きつづけてきましたが、何を隠そう無類のピクサー好きの僕。

当然、この映画の公開を知った時からずっと楽しみにしていましたし、予告編で流れていた、奥田民生の日本語版テーマソングもなかなかの名曲だったので期待度もアップしていたのですが、ここ数作のピクサー作品は正直微妙なものも、苦手なものも多いですし、そもそもカーズ・シリーズって、それほど好きでもないんだよなぁ・・・という気も有ったりで、70%くらいの期待度で臨んだ作品でもあったのでした。

 

というわけで、まずはあらすじです。

 

【あらすじ】

クルマの世界を舞台に、華麗なカー・アクションと人間以上に人間味あふれるドラマを描いて世界中で大ヒットしたディズニー/ピクサー製作アニメ「カーズ」シリーズの第3弾。レースの世界で新世代が台頭してくる中、自らの限界と向き合うライトニング・マックィーンの葛藤と新たな挑戦を描く。監督は、これが初メガフォンのブライアン・フィー。
 華々しい活躍を続けてきた天才レーサー、ライトニング・マックィーンだったが、最新テクノロジーを駆使した新世代レーサーの台頭に押され、ついにはシーズン最後のレースで大クラッシュを起こしてしまう。すっかり自信を失い、一度は再起を諦めかけたマックィーンだったが、親友のメーターや恋人サリーら地元の仲間たちの励ましで、再びやる気を取り戻す。そして自らもトレーニングに最先端の知識とテクノロジーを導入することを決意、最新施設“ラスティーズ・レーシングセンター”で若きトレーナー、クルーズ・ラミレスの指導の下、新たなトレーニングに挑戦するマックィーンだったが…

(allcinema onlineより)

 

まずは一言、観終わった時の感想を雑に書くとすれば、

あー!そう来ましたかぁ(泣)

という感じ。

 

もちろん子供は子供で、自分なりのポイントを見つけて楽しむに違いないんだろうけれども、これは明らかにオトナ向けでしたね。

どこか哀愁漂う、30代以上推奨の作品だったなあと思います。

 

他の映画を引き合いにしつつ、この作品を語るのであれば、前半~中盤までは「あぁ『ロッキー・ザ・ファイナル』みたいな展開になるのだな」と思っていたら、最後には『クリード チャンプを継ぐ男』になった!

・・・みたいな感じでしょうか。

さっきも言いましたけれども、これは中年男性必見!な作品。

「この先、オレはどうしていけばいいんだろう・・・」と悩んだときに、きっとこの映画がチカラになってくれる・・・そんな作品だったのではないかと思います。

 

今回は吹替え版での鑑賞だったので、エンドロールでは奥田民生の楽曲が流れていたのですが、これが思いっきりハマっていた感じ。

ここのところ、ピクサー作品での日本語版主題歌は不愉快な思いをするばかりでしたが、今回は完璧!

 

こういうやり方であれば、今後もどんどん日本語版主題歌を採用していってもらいたいものだ・・・と心底感じたのでした!

(2017年7月22日 109シネマズ湘南にて鑑賞)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
帰りの荷物を減らすべく、余ってしまったおでん(レトルト)と即席ラーメンとビール…という朝食を済ませ、しばしダラダラしていたら、何気に出発時間が近づいてきてしまった…ってんで、慌ててテント撤収!

SN3V04270001.jpg

ふぅ。人間やればできるもんだな…。

そのままツアーバス乗り場へ向かうと、トイレもステージも今年はどんどん撤収が進んでいる模様。

第一弾出演者発表もそうだったし、今年の朝霧JAMは全てが早めに進むのかなぁ…


というわけで、今年の朝霧JAMもこれにて終了。

ステージが2つで、間の距離も近いし、キャンプサイトへもすぐ…というコンパクトさと、ゆるめに組まれたタイムテーブル…という、フジロックなどとはまた違う、ゆったりとした気分で楽しめるこのフェス。

下手すると、ここ最近はフジロックよりも楽しみになってきているような気がします。

また来年も来られたらいいなぁ…と思いつつ、朝霧ジャム2017、私的レポートはこれで終了です!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ふと気づいたら朝になっていて、もうすぐ日が昇る時刻!

こりゃいかん…ってんで準備して、今朝も日の出を拝みにでかけたのでした。


SN3V04080001.jpg


SN3V04110001.jpg


SN3V04130001.jpg


SN3V04170002.jpg

次にこの光景を観に来られるのはいつになるかなぁ…。
また来年の朝霧ジャムでも見られますように…!

ちなみにこの直後に富士山はすっかり雲に覆われてしまいました。

昨日も昼間はずっと雲の中に富士山がいましたが、やはりライブ中にも富士山を観たかったなぁ…

ちなみに昨日のライブ中に観られた富士山は……

SN3V03910001.jpg

これくらいでした……
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
さて、例によって2日目午後の備忘録を記録しておきます。

何だかグッタリモードで休んでばかりの1日でした。

チャランゴ後。
すっかり汗をかいたので一度テントに戻って着替えてから、思い出野郎Aチーム。
親しみやすいキャラクターとソウルミュージックの組み合わせが気持ちよい!
で、またテントに戻ってちょっと休憩~UAを観ようとしたけど、何か気が乗らなかったのでまたテントで休憩。
CHONとかLORD ECHOを休憩取りつつ観たりして、トリのSuchmosへ。

ここ数年の朝霧ジャムは『最後にもう一発盛り上がって終わろうぜ!』という感じのトリが多かった気がするけど、今回は2日間の思い出を噛み締めつつ終わる…みたいで、これはこれで良し。
ゆったりと楽しみながら、朝霧ジャムを締め括ったのでした。

SN3V04040002.jpg

で、またまた近くのコンビニに買い出しに行き、テントに戻って着替えた瞬間、即寝てしまったらしいオレ…

こうして2017年の朝霧ジャムが終わっていったのでした……
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。