1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-09-18 16:00:13

ポストカード

テーマ:スケッチを楽しむ

 

いくつかのイラストをポストカード印刷してみました。

 

主にクライアントのデザイン会社や建築系の設計会社に配るのが目的ですが

今秋行われるいくつかのイベントで参加者の皆様にプレゼントする予定です。

 

 

 

左上はイタリアのマテーラ。岩山に掘った洞窟住居とその手前の石積み住居が不思議な景観を構成しています。

左下は京都市伏見区の丹波橋通り。残念ながらもうこの景観を見ることは出来ません。(現在は壊されてスーパーに成ってしまいました。)

 

 

何度かブログにアップした「42ndストリート」も少し調整加筆してカードにしました。

中央のクライスラービルは手前のハイアットホテルに下側が隠れてあまり高く見えませんが77階建

で頭頂部は319メートルの超高層です。

画はビル周りの空間表現を意識しつつNYの動脈である黄色いタクシーとそれ以外で大きく2つに色相分けして単純な構成にしています。

またタクシーは手前の車から奥の車の順に速度を落とした表現としています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-09-07 11:54:30

スケッチブックの中その5 サンジミアーノ

テーマ:山岳都市

 

 

スケッチはイタリア トスカーナ州の山岳都市サン・ジミアーノ。

 

サン・ジミアーノは人口7,000余り、中心部は中世の街並みが残る趣のある小さな街です。

 

ここは塔の街として有名ですが、かつては70余りの塔が林立していたそうです。

現在はそのうち14基が残るのみですが街域が狭い為どこからでも目立ちます。

 

スケッチはサン・マテオ通りの北側から中心部中心部に向けて描いたもので

門をくぐると大きな広場があり、多くの観光客で賑わっています。

 

 

 

 

坂道の両側はお土産屋が並んでいます。

 

元々は下のスケッチの様にモノクロで描いたものです。

数本のコピックがあれば描けるので旅先で荷物にならないのが便利。

そのスケッチの上から後でカラー彩色して加筆を楽しむ事も出来ます。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-08-26 01:49:00

カーイラストレーション

テーマ:旧車イラストレーション

前回のポスターから文字を取るとこんな感じ。

 

 

 

 

 

背後のオレンジ色はギャラン。描くサイズが小さいと筆が入らないので車は別々の紙に描いて合成しています。

…シャルマンは A4に。ギャランはハガキサイズに。

ギャランはかなり小さくなるので大まかに描いてますが縮小して合成すると写真ぽくなってしまいます。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-08-23 09:44:46

  カーイラストレーション

テーマ:旧車イラストレーション

 

今年の秋群馬、長野両県で行われる「レジェンド・オブ・ザ・ラリー」のポスターを描きました。

 

 

このラリーはかつて全日本選手権や海外ラリーで活躍した往年の名選手、レジェンドが旧型車で大勢参加するイベントです。

 

 今年のイラストは全日本選手権で活躍した著名なラリースト日下部保雄氏がドライブするダイハツ・シャルマンをメインに描きました。

 

描いた時点ではコースも大まかな地域しか判らないため背景の山や道路の線形は想像で描いています。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-08-13 11:19:44

散歩でスケッチ。泉岳寺あたり

テーマ:遠い記憶

アップしたスケッチは先月発刊された「東京の坂道図鑑」以前に描いたスケッチ。

 

場所は品川駅から第一京浜を都心に向かい、京急泉岳寺駅のところで左折したところです。

 

左折すると道はすぐ緩やかな登り坂となりこのスケッチのところで右に大きく曲がりさらに登って

伊皿子坂に向かう。

 

突き当たりの左側の路地奥に見えているのが赤穂義士で有名な泉岳寺です。

 

この坂道は空間構成的にはとても面白く、昭和の時代には伊皿子坂、魚藍坂に向かう都電の姿が思い出されます。

 

 

 

スケッチ倶楽部は8月27日 株式会社Too虎ノ門本社で開催します。

スケッチ倶楽部、イラストご依頼のお問い合わせは

art-c.tom@sun.ocn.ne.jp

080 5407 7572(平日9時〜18時)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-08-03 14:40:10

iPad Proでスケッチ。…People

テーマ:スケッチを楽しむ

今回のアップは人物です。

 

一番目はiPadで描いた架空の女性です。

iPad上では立体感を明暗やグラデーションを駆使して表現しましたが、途中からフォトショップで単縦化して表現しています。

中途半端なリアルより単純化た方が自分の技術レベルでは違和感が無いようにも思えます。

 

 

二番目はコピックではがきに直接描いたものでほぼ原画のまま。(画面ははがきの一部を拡大しています。)

 

 

三番目は画面を見ながらのスケッチでコピツクで描いたものをフォトショップで画像処理したものです。3人の顔の向きと視線、光の方向と全体を包む空気感がポイントです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スケッチ倶楽部、イラストのお問い合わせ

art-c.tom@sun.ocn.ne.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-07-25 02:25:55

iPad Proでスケッチ。

テーマ:スケッチを楽しむ

前回に続きiPad Proでスケッチを続行。

 

使い方は未だ分からない事が沢山ありそうだけど毎日こんなスケッチを描いている。

 

使った感触は硬いガラスの上に箸で絵を描くような感覚で、紙の上にコピックでさらさらと描く気持ち良さには遠く及ばない。

 

ただ、箸のようなペンを一定の角度と強さで傾けるとタッチの無い平滑な面を塗れたり透明度を段階的に変えて重ね塗りするとグラデーションも表現出来る。

 

あとはヒストリーで手順をさかのぼり、修正したり違う表現を楽しむ事ができるのが便利だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

コピック同様水彩みたいな表現もできる。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-07-16 23:55:50

iPad proでスケッチ&コピックでスケッチ。

テーマ:スケッチを楽しむ

iPadPro12.9で車のデザインスケッチを描いてみた。

未だ、ソフトの機能を使いこなしていないので不満はあるものの何とか形にしてみた。

 

難しいのはタイヤの楕円、せめて円選択ツールと変形ツールがあればもう少し綺麗な形になるとは思う。

ただ、このあたりはフォトショップで書き出せばそちらで修復は出来るはず。

 

利点はカラーが自在に選べることと1本の専用ペンで細いラインから平塗りまで出来ることか。

そしてヒストリーや消しゴムツールがあるのも便利。

 

 

一方コピックの魅力は紙への描き味。やはり実際の紙にさらさらと描く気持ちよさは格別。

但し、消しゴムは使えないので一発勝負になる。…消せないのは書道に似ているかもしれないですね。

 

iPadProでは風景や建物、人物など何でもスケッチ出来そう。

 

 

こちらの2枚はコピックでのラフスケッチ。…少ない色数でもスケッチを楽しめる。

 

 

 

画の完成度は求めず、形のアイデアをあれこれと検討する事が目的のスケッチです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-07-06 12:04:39

東京の坂道スケッチ。…東京坂道図鑑より。

テーマ:街歩きでスケッチ

スケッチは大田区雪谷の急坂。これだけの坂道なのに正式な(?)

坂道の呼称は無いそうです。

 

道は高台にある荏原病院の南から南西に向かって一直線に下ります。

さらに遠くに目を向けると多摩川越しに武蔵小杉の超高層マンション群が並び、空気の澄んだ日には富士山が見える絶景ポイントでもあります。

 

この辺りは静かな住宅地で高層建築が無いせいか台地上から開けた空間の拡がりがとても心地よい所です。

 

 

 

 

 

 

 

こちらはスケッチの構図検証=^0^

水色の横線が水平線です。

その線上に屋根や窓などのラインが収束しています。

このスケッチに限らずこうして水平線が構図をコントロールする根幹なので

自分は必ず水平線を先に引いてスケッチを進めます。

すると下り坂の表現も青の三角形で示したように表現が容易になります。

 

 

東京坂道図鑑東京坂道図鑑立ち読みコーナー

https://yondemill.jp/contents/23496?view=1

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-22 02:35:43

凸凹で楽しむ東京坂道図鑑

テーマ:街歩きでスケッチ

今月26日、洋泉社という出版社から「凸凹で楽しむ東京坂道図鑑」という本が出版されます。

 

ご縁が有り、この本の坂道イラストをたくさん描かせていただきました。

(イラストのみの裏方です。~^0^=)

 

1ヶ月半で他の仕事をしながら130枚以上のイラストを描くのは結構重たかったですが何とかやり遂げる事が出来ました。

 

今回は上空からのアングルの要望が多く相当余分に時間を使ってしまいました。その時間を地上アングルに使えたらもっとイラストの質は上がったと思っています。

 

ただ、本としては編集部の皆さんの力とセンスで大変綺麗で判り易く作られているので是非ご覧頂けたらと思います。

 

リンクで(洋泉社のホームページに試し読みコーナーが有ります。)

 

 

 

 

 

 

 

こちらは本に使用しなかった中目黒の別所坂。S字カーブと急勾配は歩いても視覚変化や空間感が面白い坂道です。中目黒周辺には散歩を立体的に楽しめる坂がいくつも有ります。健脚の方は一日何坂踏破出来るか試してみるのも一興でしょう。~^0^=

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。