c.tom の街歩き イラストレーションワールド
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-09-16 22:58:15

旧車イラスト レジェンド・オブ・ザ・ラリー

テーマ:旧車イラスト

 

来月上旬安曇野を拠点にして開催されるレジェンド・オブ・ザ・ラリー。
ポスター等のお手伝いで描いたラリー車がここにまとめた以外にも十数台。

いつの間にか随分たくさん描いてしまった。
 

一台一台別々のイラストなので1つにまとめてみたものの透視図空間の中では少し無理があります。

 

 

2018-09-08 11:48:55

横浜の坂道・ワシン坂

テーマ:珈琲ブレーク

 

スケッチは横浜、本牧の低地から北側の山手の台地に上る坂の1つ、ワシン坂。

 

ワシン坂の由来は諸説あり、どの説が正しいのかは判らないが自分の感覚的には

「鷲見坂」説。

この辺り一帯は幕末の慶応2年に外人居留区に指定され、それらの邸宅に住む

住人たちが鷲見坂とは発音しにくいのでワシンサカと自然発生的に言った様な気がします。

 

 

このスケッチの画面手前左手には現在ワシン坂病院が建っていますが

明治29年、当時の住人による「カリュー氏殺人事件」あったそうです。

 

 

 

2018-09-02 01:29:15

旧車をスケッチ

テーマ:珈琲ブレーク

スケッチは設計コンペのチェックバック待ちの間に描いたラフ。

 

コンペで描くものはそれなりの精度と完成度が求められるので

気分転換にはこうした何の関係もないスケッチが一番。

 

形の狂いに対してもかなりハードルを下げているから気持ちもゆったりとして休まる。

 

 

 

 

 

 

2018-08-25 22:30:50

イタリアの城・ Castle Cantelmo-Caldora

テーマ:珈琲ブレーク

スケッチはローマの東100km程の村Pacentro(パチェントロ)

パチェントロはイタリアによくある山岳村だ。

 

そして村を見下ろせる部分の東側には城がある。

城は一般的には四方を見下ろせる独立した丘、または山上が有利で

一般的だがこの城は高い山の中腹にあり、防御を考えると城としては???。

 

城域も狭く砦のようなイメージだ。歴史的な詳しい情報は不明だが

おそらく東のアドリア海方面から西のローマ方面を結ぶ交通を監視する

要衛としての存在価値が有ったのではと勝手に想像する。

 

現存する3本の塔はその役割を十分果たしそう。

一方、攻撃を受けることを考えれば背後の山は大きなマイナスか。

 

塔の右下に街道が通る

お問い合わせは

art-c.tom@sun.ocn.ne.jp
 

デッサン夏季講習会

お盆休みの一週間渋谷の桑沢デザイン研究所でデッサン初級講座を行いました。
ほとんどの参加者はデッサンの経験が無いにもかかわらず最終日には
きちんと形を捉えることが出来たようです。
講座の初めには形が成立する仕組みを簡潔に説明しましたが
これは有効だったようです。こうした仕組みを理論として知っているか
どうかでデッサン力は格段に違ってくるのを改めて認識しました。
 
                                                           とても初めて描いたとは思えないデッサンが描けました。                                     
2018-08-08 16:07:22

イタリアの城・Castelvecchio

テーマ:珈琲ブレーク

鳥瞰スケッチはカステル・ベッキオ。

GoogleEarthを参考に描いたスケッチ。

 

GoogleEarthは空間をあらゆる角度で観れるので城の

構成がよく判る。

 

カステル・ベッキオはイタリア北部のベローナにある中世の城。

イタリアの地名でよく出てくるvecchioとは英語でoldだから

カステル・ベッキオという名前は単に古い城(古城)?笑。

 

城の構造は外壁でいうと平面の組み合わせで構成されているから

古いタイプの特徴がある。資料によれば1354年から建設が始まったようです。

 

アディジェ川を渡る橋が堅固な防護壁で囲まれているのは戦争の際、

北部方面の山岳地帯へ逃げるためだとか。

 

 

 

こちらはベッキオ城から北へ40Kmほどのアルコ城。

イタリア最大のガルダ湖の北側にある小さな町にある。

急峻な崖上に建てた籠城も意識した戦闘用の城。

 

 

2018-07-28 10:08:43

イタリアの城・Roccascalegna

テーマ:castles in Italy

「ロッカ・スカレーニャ」

は中部イタリア キエーティ県にある古城。

 

ある頃からイタリアには数多くの城がある事が気になり、

googleで探して見ると時代と地方で色々なタイプの城が見つかる。

 

地方の小さな城はガイドブックにもあまり載らないが

自分でgoogleを使い上空から城らしき形を発見するのも面白い。

 

ロッカ・スカレーニャはそんな訳で見つけた城だがネットで

は地上からの数多くの写真を見ることが出来る。

 

イタリアの典型的な山岳都市で大きな岩山に聳えるこの

城はとても魅力的でいつか行ってみたいと思う城。

 

 

ロッカスカレーニャ はこのくらいの規模の小さな町(人口1,400あまり)

スケッチのように山の斜面に沿って町は構成されている。

(実際のロッカスカレーニャの町は石積みの表面が見える家は少ない。

スケッチは町の立体感を表す参考の絵です。)

イラスト、建築デザインパース/スケッチの講師等のご依頼はart-c.tom@sun.ocn.ne.jpまでお気軽にご連絡ください。

 

2018-07-21 12:04:55

建築デザインスケッチ

テーマ:設計競技

建築士や店舗デザイナーを目指す学生の作品です。

 

ホテル客室のデザイン課題では下のプレゼンボードのようにしっかり表現出来ています。

 

 

それに比べてスケッチ(ラフ)の方が皆さん難しいみたいです。

下の課題は立方体を3つ自由に組み合わせ、店舗をデザインする課題になります。

外構(建物の周りの敷地)や前面道路、背景設定なども課題に含まれますが

なかなかそこまで手が廻らない様子です。これらを含め、「無いもの」を限られた

時間内で表現するには色々な情報を的確に展開する必要があり、なかなか難しいとは

思います。学生は煮詰まってしまって思考停止状態、そこでまだまだ表現出来る可能性

を示すために参考で学生の作品を下敷にスケッチを加筆してみたのが下のスケッチです。

 

 

 

 

2018-07-16 11:16:07

点景の鳥スケッチ

テーマ:珈琲ブレーク

 

アップしたスケッチは点景とか添景などと呼ばれる本題の絵の脇役。

 

脇役だけどシーンを演出する大事な役目を持つ。

 

絵でいうと画面構成上どうしても大きく開いてしまう空間に小さく脇役を

配置する事でバランスをとることも可能だ。

 

 

 

 

描いた鳥にぼかしを加えると写真ぽく見えてしまう。

 

 

 

この点景自体は大きなサイズで使うことはないから実際に描く密度はこのくらいのレベルで十分です。

2018-07-10 17:31:15

イタリア・スケッチ7 ボローニャ

テーマ:珈琲ブレーク

 

スケッチはイタリア北部の都市、ボローニャの中心部。

 

ボローニャの旧市街は道路沿いのポルティコが町の特徴だ。

(ポルティコとは各建物の道路側を解放して通り抜け出来るように

したアーケードのようなもの。列柱回廊とも呼ばれる。)

 

スケッチの突き当たりにはポルティコの始まりと言われている木柱がある。

昔、ボローニャ大学の学生が増えて下宿不足になった時に建物の外側に増築

それを木の柱で支えたのが始まりらしい。

 

本当かどうか?判らないけどボローニヤ紹介番組でそう言っていた。

相当古いのは確かなようだ。

 

 

 

実際に使用した紙はA5サイズだから下の画像は何倍も拡大したものになります。

 

 

問い合わせ  art-c.tom@sun.ocn.ne.jp

 

 

8月13日から一週間だけ渋谷の桑沢デザイン研究所で夏期デザイン講座で初心者向けデッサンの講師をします。

自分の担当は8月13日からの夜間ですが年齢に関係なく講座を受けることが出来ますのでご興味のある

方は是非ご参加下さい。

http://www.kds-doso.net/summer/

 

2018-07-05 10:56:47

旧車イラスト FIAT 128ラリー

テーマ:珈琲ブレーク

アップした画像は数年前に描いた旧車イラストですが

AUTOFORM社のニュース誌カバーに使っていただいたものです。

 

この車は50年も前のものですがシンプルで無駄の無い造形は

今の車とは違う造形美を感じます。

 

イラストは生産国であるイタリアの旧市街をイメージして

構成したもので架空のものになります。

 

絵のポイントとしてはテントの奥の空間感でしょうか。

 

 

AutoForm社は車を設計する際の金型CADソフトを世界に展開しているスイスに本拠を置く

会社です。

 

 

 

こちらは完成度は一歩手前のイラストで背景も別のものです。

 

 

線画で背景を検討したものですがこちらもイメージで構成した景色です。

 

イラスト、建築デザインパース/スケッチの講師等のご依頼はart-c.tom@sun.ocn.ne.jpまでお気軽にご連絡ください。

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス