ワイフが大好きなヒュー・グラントとメリル・ストリープとの共演ということもあり、昨夜久々の深夜デートで劇場鑑賞してきました。

 

子供が大きくなって手が離れると、素敵な夜の時間が過ごせるようになりますね・・・

 

そんなことはさておき、素晴らしいペップトークも出てくる、最高のドリームサポーター映画のご紹介です。

 

 

 

 
ペップトーク度(最高★×5):★★★★☆
映画オススメ度(最高★×5):★★★★☆





オフィシャルサイトはコチラ
 

【ストーリーと背景】

 

1944年10月25日、世界的音楽の殿堂、ニューヨークのカーネギーホールで今もアーカイブの一番人気となっている公演が開催された。
出演者はフローレンス・フォスター・ジェンキンス、彼女は類稀なるオンチだったにも関わらずチケットは即完売、ホールの外には入りきれない群衆たちが押し寄せたという。
そんなフローレンスを演じるのが、アカデミー賞R19度ノミネート、3度受賞のメリル・ストリープ。
なぜか心を打たれる不思議な歌声を見事に再現、ピュアで一途な異色の歌姫を演じきった。
フローレンスの夫のシンクレアにはロマコメの帝王ヒュー・グラントが新境地を開拓!監督は『クィーン』『あなたを抱きしめる日まで』でヘレン・ミレンやジュディ・デンチという名女優たちを輝かせてきたスティーヴン・フリアーズ。
笑っているうちに、人生へ繰り出す勇気をもらえる感動の実話の映画化!
ニューヨークの社交界のトップ、マダム・フローレンスの尽きない愛と財産は、夫のシンクレアと音楽に捧げられていた。
ソプラノ歌手になる夢を追い続けるフローレンスだが、自分の歌唱力に致命的な欠陥があることに気づいていない。
愛する妻に夢を見続けさせるため、シンクレアはおひとよしなピアニストのコズメという伴奏者を見つけ、マスコミを買収し、信奉者だけを集めた小さなリサイタルを開催するなど献身的に立ち回っていた。
しかしある日、フローレンスは世界的権威あるカーネギーホールで歌うと言い出して―。
持病を抱えながらも音楽に生きる彼女の命がけの挑戦に、シンクレアも一緒に夢をみることを決める。
さあ、笑いと涙で包まれた奇跡の公演の幕があがる!
 

 


【ペップトークの見所】


夫が生涯をかけて妻の夢の実現を支えるという、久々に観ていて爽快なドリームサポーター映画です。

しかも、妻は重い病を患っている・・・

 

黒子に徹して決して表舞台には出ない夫シンクレア・・・

 

そして、いよいよ夢のカーネギーホールの舞台での本番を前にして緊張の頂点にいる主人公マダム・フローレンスへのペップトーク!

 

ペップトークの詳細はDVD/ブルーレイが発売になったときに改めて調べて報告いたしますね。

 

 

 

 

 

 






 



↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *