メグ・ライアンが大好きなオイラは、いつか全作品を制覇しようと彼女の出演作でDVD化されているリストを眺めておりまして・・・

以前から気になっていたのがこの作品なのです。

なんといっても、ドアーズというロックバンドと、そのヴォーカルで早熟の天才と言われながら早死にしたロックスター”ジム・モリソン”の半生を追った作品だということと・・・

ジム・モリソンを演じているのがヴァル・キルマーだってこと。

ヴァル・キルマーとメグライアンといえば、ふたりとも「トップガン」で脇役だったのに・・・

なんて思いがあり・・・

そして、ドアーズとジム・モリソンって、オイラが洋楽を聴き始めたのが1970年(中学1年)で、その翌年には亡くなっているので「ハートに火をつけて」というヒット曲くらいは知っていますが、何がどう「伝説」のロックバンドで、伝説のヴォーカルだったかは全く無知だったのでありまして・・・

まぁ、そんなこんなで観たいと思っておりました。



ドアーズ [DVD]
出演: ヴァル・キルマー, メグ・ライアン
監督: オリバー・ストーン


ジェネオン・ユニバーサル


ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★☆☆

【ストーリーと背景】


UCLAで映画制作を学んでいた大学生のジム・モリソンは、映画に見切りをつけて作詞・作曲の道を歩み始めた。

ジムの詩を聞いたレイ・マンザレクは彼の才能に惚れ込み、すぐにバンドを結成。ふたりはこのバンドを「ザ・ドアーズ」と名付けた。

「ざ・ドアーズ」は瞬く間に若者の評価を得て、メジャーデビューし、ジムは神格化されていった。

しかし、ジムは酒とドラッグに溺れてしまい・・・



【ペップトークの見所】

ふ~ん・・・

やっぱロックスターって、ドラッグとセックスと早死にが条件なんですかね???

時代的にもジャニス・ジョップリン、ジミ・ヘンドリクス、ブライアン・ジョーンズ・・・って悲劇が続いていたし・・・

でも、確かに、日本語字幕で歌詞の対訳を読んでいると、「美しい詩」「哲学的な詩」が多く・・・本当に素晴らしい才能を持った人だったんだな・・・と感心してしまいました。

ヴァル・キルマーは「トップガン(アイスマン役」や「バットマン・フォーエヴァー」で好きになった俳優さんだし・・・冒頭に書いた通りメグ・ライアンが出ているから気になっていた作品ですが、そうでなかったら観ていなかっただろうし、ジム・モリソンのことをここまで知ることは無かったと思うと、不思議なキッカケでした。

まぁ、でも、すべての人にオススメできる作品ではないですね・・・(汗)。

オイラと同世代か、それより上の人ぢゃないと時代背景とかわからないだろうし・・・。

ただ、ペップトークは素晴らしいのがありました。

Chapter:31 2:02’30”~
自殺しようとするジムを命がけでとめる恋人のパム



▼ ヒット曲「ハートに火をつけて」(Light My Fire) ▼



↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




 
▼お世話になっている▼
▼▼▼税理士さんが書いた本▼▼▼
▼お世話になっている▼
▼▼▼社長さんが書いた本▼▼▼
妻も子供も上司も部下も・・・
どうして私の話を
聴いてくれないのか
鈴木克欣(すずきかつよし)



10倍仕事ができる
スタッフを育てる
リーダーの影響力
坂井 徹(さかいとおる)