Colors on the Street
  • 09Apr
    • ぼ や くの画像

      ぼ や く

      Camera: Nikon F5Lens:TAMRON SP AF 28-75mm f2.8 XR Di LD ASPHERICAL [IF] MACROFilm: Lomography Color Negative 400このブログを更新しない間にも写真は撮っていた。しかし、自分の中でイマイチしっくり来ないというか、写真を大量消費的に扱ってしまって、作品作りに対するモチベーションが上がらなかったというか。これには近頃デジタルの機材を使い始めたという事も少なからず影響していると思っている。が、そんな事は言い訳に過ぎず、良い写真を撮る人はどんな機材をを使ったって良いものを生み出すのだ。本来のフィルムカメラでのスタイルとデジタルでのスタイル…上手く使い分ける事が出来たらいいのだが。難しい。新型コロナウイルスの影響は駆け出しのフリーランスフォトグラファーの自分にも無い訳がなく。遂に依頼が全てキャンセルになり、受けている仕事はゼロになってしまった。こればかりは仕方ない。と、思いながら、やっぱり悲しいモンは悲しい。どれもこれも楽しみにしてた依頼ばっかりだったから。だって、こんな駆け出しの自分に仕事を依頼してくれたんだもん、ワクワクしない訳がない。しばらくは派遣の稼ぎだけで何とかしのがなきゃならない。正直次回の家賃だって払えるのかすら疑問だ。チクショーコロナめ。お前が人間だったら損害賠償請求するのに訴えてやりたいくらいだ。まぁ、これで仕事なくなるのは僕の手腕不足でもあるのでコロナのせいばっかりには出来ないんだが…。何だって僕の人生は、いつもこうスレスレのところを通るんだろうか。たまには平穏な人生ってもんを味わってみたいものだ。(といっても皆それぞれ色々抱えてるのは承知の上。いくらぼやいた所で新型コロナが終息するわけでは無いので、今は息を殺してジッと堪え忍ぶしかないのだ。時が来たらまた思う存分出来るように、力を蓄えるしかない。実は悪いニュースばかりではない。音楽方面の仕事で良い知らせが入った。まだ動き出していないのでここには書けないが、一つ言えるのはやはり人の縁ってのは凄い。ありがたいものだ。 ここ1ヶ月ブラスバンドも吹奏楽も練習が無くなり楽器を全然吹いていないので、そろそろ勘を取り戻しておかなくては。いや、それにしてもやはりコロナ終息してほしい。お願いだから。ここ最近ブログを書いていなかったのは、主に以上の事もあって気持ちに余裕が無かったからだ。それに、最近は何だか思考が停止しているような気がして。以前ほど色々と思索出来ていない感じがする。言葉が出てこない。じゃあブログを書いてる今は余裕があるのか?と言われれば、やはり余裕などない。生まれてこのかた一度も余裕だった事など無い笑しかしこれだけ世の中が疲弊している中でも、というかそうであるからこそ、写真作品や音楽などの芸術が不要不急の物ではないと自分なりに示したくなって、またブログに写真を載せようと思ったのはある。 自己満足ではあるが、自分だけではなく、表現を根幹に生きているタイプの人間はアウトプットをし続けなくてはフラストレーションが溜まっていく。それをこの1ヶ月ほどで吐き気がするほど実感したのだった。あーだめだ、書くことがまた散らかってきた。とにかく、生きていますって報告でした。

  • 22Feb
    • PHOTOSET#11 - Lucky Radioの画像

      PHOTOSET#11 - Lucky Radio

      -------------------------------------------------------Camera: Canon EOS 5D mark.ⅣLens: EF 24-70 f2.8L Ⅱ USMModel: 古賀ちゃん--------------------------------------------------古賀ちゃんは僕の大学の同級生で、VOCEという雑誌でモデルとして活躍してます。彼女の活躍をチェックしてみてくださいね。古賀 彩芽の記事一覧 | VOCEST! BLOG | VOCE(ヴォーチェ)|美容雑誌『VOCE』

  • 24Jan
    • 過去から学べの画像

      過去から学べ

      Camera: CONTAX T2Lens: Carl Zeiss Sonnar T* 38mm f2.8Film: Lomography Color Negative 400最近何かと色んな方面から「過去から学べ」とアドバイスを受けることが多い。どうやら何か見落としている事があるらしい。何についてかはまだ分からないが。何となく気になっているので、最近よく昔のブログや写真を見返すようになった。すると、やはり大学の頃の自分が一番、気持ちの移り変わりというか、悩みながらも前に進む推進力はあったよなぁ、とか、色んな事に興味があってキラキラしてたなぁ、とか、思ったりして。いや、まだやりたい事も無限にあるし、32歳の今は今で楽しいんだけどね。何かを決断する事に対して、昔よりも余計な事を考えるようになったな、とも思う。決断する勇気とかじゃなく、昔より言い訳がましいというか。20代の頃の自分は臆病だったけど、もっともがいてたよな、たしか。なーんか、シンプルでいるってさ、こんなに難しかったっけか。大人になったからっていう事を言い訳にはしたくないけどさ。確実にジワジワと何か変わってんだよね。今後の日々が楽しいかつまらなくなるかって瀬戸際に来てるのは、何となくわかる。御託並べてる暇があるんだったら黙ってもっと行動しなきゃとも思う。また変化か。上等だ、今までだって何回も受け入れてきたんだ。---------------------------------------------あれ、何だかんだ今年初のアメブロじゃないの??サボりすぎ笑今年もこんなぺこを宜しくお願いしますね。

  • 31Dec
    • 今年もありがとうございますの画像

      今年もありがとうございます

      しばらく更新をサボっている間に年末になってしまった…今は両親と共に年越し旅行に来ている。と言っても今日30日は札幌のホテルに一泊しているので、遠出するのは大晦日と元旦。(それも割りと近い所だけどね。)今年はどんな年だったかと言うと…主に家族内の事で実に色々あった年だった。3月にはおばあちゃん、10月にはおじいちゃんが天国へ行き、残された家族の中でもかなり激しい変化があり、自分もその出来事にかなり影響された。生まれて30年と少しの間を一緒に過ごしていた人達が一瞬で消えて居なくなってしまうというのは案外呆気ないもので、まだ居なくなった感じがしないし、思い出すとやっぱりどうしようもなく寂しいものだ。この件だけではなく、時代は令和に入ってから、何かと世の中の流れが本当に変わりつつある感じ。ジェットコースターのように環境が変化してる。もう一つの大きい流れとしてはやはり、今年9月から写真を仕事として始めた事だろう。知人とのビジネス立ち上げが頓挫(と言うか一方的な切り離し)した翌日にジャケット写真の依頼が舞い込んできて、後押しをしてもらわなかったらこんな決断は絶対にしなかったと思う。  去年は正社員の仕事を辞め、派遣と始めたばかりの仕事で何とか食い繋いでいるこの頃。(正直な話、12月~3月頭までは依頼が全く無い)やっぱりこれを仕事としてやっていく事には不安が大きいが、それよりもワクワクする事をどんどん仕事に繋げて行けたらと思っている。今年は辛い事が多かった分、2020は絶対に楽しい年にしてやるんだ。【Ryohei Mikawa Official Web Site 】https://peco5963.wixsite.com/ryohei-mikawa そして、この写真ブログ的に言えば、今年は今まで以上にポートレートを撮った年だった。来年4月に写真展を予定しているが、それまでに「何故自分はポートレートをとるのか」をしっかり考えなくてはと思っているのだが、正直まだその理由はぼんやりしている。ただ思っているのは、ポートレートを撮っているときが一番エモさを感じるし、一番イキイキするし、一番自分が表現したい所に沿えている気がしている。多分その感情が今の正解に近いのかもしれないが、もっと具体的にしたい。それには、さらに制作を続けていくしかないんだろうと思う。もちろん、本来のメインのライフワークである音楽も今年は何かとやらせていただいた。小・中学校へのレッスンに呼んでいただいたりブラスバンドでコンチェルトをやらせていただいたりと、音大を卒業してから30過ぎたペーペーとしてはまぁまぁ充実していたのではないだろうか。こちらも写真同様、引き続きワクワク出来る活動が出来たらと。来年は、と言うか来週には東京のブラスバンドのコンサートへの参加があったり、3月には信頼する仲間たちが作った吹奏楽団への参加だったりと年始から中々ボリュームのある活動になりそうで今から楽しみ。バストロンボーンを握り締めている間だけは普段の面倒なしがらみなど一切忘れて自由になる、それはこの歳になっても変わらない。改めて言うが、本当に今年は色々あった。今まで平穏だった年などそうそう無かったが、今年は特にハードだった。それで結構体調も崩してしまったので、まずはゆっくりと体を休めてから活動したいと思う。まぁそれだけに、来年やることへの土台は少しは出来たのかなと思っているし、本当にやりたいことは何でもやろうと決めている。だから、来年は絶対楽しくなる。そんな様々な活動も、僕の周りで後押しをしてくれたり手助けをしてくださる人達がいてこその経験。どれほどの知り合いがこのブログを読んでくださっているかは分からないけど、本年も大変にお世話になりました。まだまだ頼りなく未熟な自分でいつもお手数をお掛けしていますが、懲りずに付き合ってくださると幸いです。それでは皆さん、良いお年を。

  • 27Nov
    • PHOTOSET#10-2 - Nocturneの画像

      PHOTOSET#10-2 - Nocturne

      -------------------------------------------------------Camera: Mamiya RB67 YASHICA FX-3 Super 2000Lens: Mamiya Sekor 90mm f3.8 Carl Zeiss Planar T* 50mm f1.4Film: Kodak Portra 160 Fujifilm Superia X-tra 400Model: みずきさん--------------------------------------------------前回のフォトセットはデジタル。今回はフィルムで撮影したもの。やはり自分のテイストはこっちなのかなぁ、と改めて実感。

  • 17Nov
    • PHOTOSET#10 - ひかりのふるさとの画像

      PHOTOSET#10 - ひかりのふるさと

      ------------------------------------------------------------Camera: Canon 5D mark ⅡLens: Carl Zeiss Planar T* 50mm f1.4 Carl Zeiss Makro-Planar 60mm f2.8 CModel: みずきさん

  • 14Nov
    • 生きてますの画像

      生きてます

      Camera: CONTAX T2Lens: Carl Zeiss Sonnar T* 38mm f2.8Film: Fujifilm Super 400 (期限切れ)お久しぶりです。生きてるよ。実は仕事用のブログを立ち上げるまでここに記事を書くのは控えようと思いしばらく沈黙していたんですが、やっと(笑)仕事用のブログを立ち上げて僕のWebサイトとリンクしたので久々にアメブロに書いてます。仕事用ブログ、リンク張っておくのでお暇な方は見てみてくださいね。↓【peco / works blog】後、僕のWebサイトのリンクも置いておきます。↓【Ryohei Mikawa Web Site】--------------------------------------------------このブログを更新していない間に色んな事があった。一番大きな出来事は、じいちゃんが亡くなったこと。まさか今年一年の内にばあちゃんだけでなくじいちゃんまで逝ってしまうとは心にも思っていなかったけど、生前から「早くおばあちゃんに会いに行きたい」なんて言ってたからなぁ。僕は「いやいや、もうちょっとこの世でゆっくりしていきなよ~」なんて茶化していたが、よっぽどばあちゃんに会いたかったのか、せっかちな性格のせいか、本当に行ってしまった。じいちゃんとは友達みたいに仲が良かった(と思ってる)ので、まだ家にいない事に実感が持てないが、じいちゃんばあちゃんが実家から居なくなっただけで実家がずいぶんとガランと寂しくなってしまった。亡くなった時の一連の流れは甥とばあちゃんの時と同じ、CONTAX T2で記録した。家族の節目を残すのが僕の役割、とかそういう事以前に、もはやこのカメラは僕にとってお守りだとか精神安定剤だとか、そういう存在だからだ。時代は令和になって、流れが変わって来てるなーと本当に感じている。じいちゃんばあちゃんが居なくなった事だって、きっと何かしら大切な意味があるはずだ。--------------------------------------------------生存報告がてら、他の出来事も紹介しておこう。まず、車を買った。以前から欲しかったミニクーパー。ターボ無しのモデルだけど、6MTだし足回りはスポーティーだし、本当に乗っていて飽きない。これからは雪の季節になってしまうが、これからコイツにカメラ乗っけて色んな場所へ写真を撮りに行きたいぞ、と。今月4日は所属してるブラスバンドの定期演奏会。今回はかなりチャレンジングなプログラムで、かなり熱い演奏会だった。また、今回は僕がソリストとして協奏曲も演奏させていただき、本当に貴重な機会になった。演奏会の雰囲気も、お客さんも演者も双方楽しくなれるいいコンサートだったなあ。写真の仕事も入ってきてる。師匠に撮影の仕事をふってもらったり、フィルムでの撮影依頼を貰ったりと、周りの協力のお陰で少しずつ仕事を頂いてる感じ。始めたてにしてはまぁまぁ良い感じ…なのかな?この調子で少しずつこっちの仕事を増やせていけたらいいなあ。(早く派遣の仕事減らしたい…笑)--------------------------------------------------最近のぺこはそんな感じです。家族の事では本当に盛りだくさん色々あるんだけど(現在進行形で)僕個人としては珍しくいい感じ。2019もそろそろ終わるけど、この流れを来年さらに増幅させたいよね。

  • 05Sep
    • やっぱりそうしようの画像

      やっぱりそうしよう

      Camera: Asahi Pentax 6×7Lens: S-M-C Takumar 6×7 105mm f2.4Film: Fujifilm PRO160NS8月の終わりの日、カメラを仕事にして初めてのポートレート撮影依頼を頂いた。撮影自体はいつも通りな感じで進み、特に困難な状況になることなく終えたのだが、不思議な事に、「これは仕事だ」と意識した瞬間に、本当にこのフィルムちゃんと写ってるんだろうか…と心配になってしまった。。。実際はフィルム二本分撮って、二本とも問題なく撮影出来ていた。カメラも古いカメラだし、予備にもう一台くらい用意した方がいいのだろうか…うーん、今バケペンの相場上がってるからな。どうしよ…それはそうと、ブログの話。今は僕のホームページからこのブログにリンクしているのだが、やはりそうなるとプライベート的な記事はここに書きづらくなってきた…しかしこのブログに業務的な内容を綴るのも、それはそれで違うよなぁと思い。実は最近以前より更新が滞ってたのもそのせい。なので、業務用のブログをもうひとつ作ることにした。まだ着手していないんだけどね。どこのブログサービスがいいんだろうか…多分アメブロにはしない。フリーランスで仕事をする上で、今の時代SNSの活用はマストな要素だから、こういうのはしっかりしておかなきゃダメなんだろう、多分。ブログを作ったらここでも告知させて頂きます。(ぺこのホームページもブックマークお願いします)Ryohei Mikawa Web Sitehttps://peco5963.wixsite.com/ryohei-mikawaCamera: Canon 5D mark ⅡLens: Carl Zeiss Planar 85mm f1.4 (MMJ)明後日もプロフィール写真の依頼を頂いた。それも、フィルムカメラでの依頼。今のところ、ポートレートの依頼は全てフィルム。僕のフィルムカメラでの作風を気に入っていただいてオーダーしてくださる事の、なんと幸せな事か。まさか仕事になるとはこれっぽちも思ってなかった。どれだけ続けられるかわからないけど、誠実に仕事をこなしていかなくては。

  • 20Aug
    • PHOTOSET#8  - Hopeの画像

      PHOTOSET#8 - Hope

         --------------------------------------------------Camera : Canon 5D MarkⅡLens : Carl Zeiss Planar T* 50mm f1.4Model: かすちゃん

  • 14Aug
    • 仕事用にカメラを買った話。の画像

      仕事用にカメラを買った話。

      僕は元々デジタルカメラでは写真をあまり撮らなかった。写真で作品を撮ることにおいて、フィルムカメラでの質感というのが必要不可欠なものであったためだ。しかし、写真を仕事にするとなれば話は別だ。フィルムでも依頼を受けるとは言えデジタルの機材を持たない(ゼロではないが)という事は話にならない。言ってしまえば、これからプロのミュージシャンになるのに、アンティークのボロボロの楽器しか持っていないないようなもの。これでは仕事にならない。どうしたものか、と思ったが、ここは腹をくくらなくては。てなもんで。Canon 5D Mark Ⅱ。型落ちだが、2110万画素のフルサイズセンサー機。いやはや、この自分が一番眼中に無かったキャノンに手を出すとは…(失礼)しかし人物写真などでの仕事を視野に入れるならやはりニコン何かよりはキャノンの方が良いのだろう。何より、フルサイズ機の中ではダントツに安かったのだ。(これが一番の理由)今のところ予算が無いのでフィルム用のレンズを着けて撮影しているが、いやはや正直ナメていた。デジタルの写りなんてどれもそんなに大差ないだろうと思ってる節があったのだが、センサーサイズが変わると写真もこんなに変わるものか…と。流石に無知すぎた。ただ、今はカメラに振り回されている。完全に僕がカメラにナメられている。買ったばかりで慣れていないので当たり前といえば当たり前なのだが、デジタルだからなのか、このカメラだからなのか解らないが、このカメラと仲良くなれる気がしない…どうしてもフィルムカメラと比べたら作風が変わりすぎてしまう。しばらくは持ち歩いて練習しなきゃな。早くコイツがどんなカメラなのかを少しでも理解しなきゃ。

  • 27Jul
    • 紫陽花、じんわり。の画像

      紫陽花、じんわり。

      Camera: ROLLEICORD VaLens: Scheider-Kreuznach Xenar 75mm f3.5Film: Kodak Portra 160紫陽花が好きだ。というか、最近花が好きだ。何かしら部屋に切り花を飾るようにしている。中でも紫陽花は特に好きなので、最近はついつい紫陽花の写真ばかり撮ってしまう。Camera: PENTAX P30NLens: SMC PENTAX-M 50mm f1.7Film: Fujifilm Super 400 (期限切れ)最近変に忙しくて以前ほどフィルムを消費出来てないんだけどさ。でも普段の生活を撮るときはやっぱりフィルムじゃないとしっくりこないんだよな。最近勉強のためにデジタルカメラを触っているが、やはりフィルムカメラの撮影テンポや写真が出来上がるまでのじんわりした時間が、撮った写真をより特別なものにしてくれると感じている。デジタルカメラを触れば触るほど、フィルムで撮った写真が好きになる。デジタルの写真が嫌いなわけではない。おそらく、デジタルカメラにおいては自分にはまだ馴染んでないだけなのだ。きっと触っているうちにしっくりくる瞬間がくるはずだ。今日も本当に色々な事があった。時代が令和に移ってから確実に流れが変わり、自分をとりまく環境も急速に動き出している気がしている。自分は、自分の一番しっくりくる選択肢を選んで前に進めば良いのだと思う。

  • 25Jul
    • 変わらない自分らしさの画像

      変わらない自分らしさ

      Camera: PENTAX K10DLens: SMC PENTAX-M 50mm f1.7Edited on Raw Therapee写真で仕事を始めるにあたり、デジタル一眼で撮ったものをPCで現像する練習をしている。当たり前ではあるが、今まで殆どの撮影をフィルムカメラでこなしてきているので、デジタルのカメラを手にした瞬間に撮れてくる写真がガラリと変わってしまう。写真がぎこちない。コンタックスやライカで撮った時はこんな感じではなかったはずだ。ぴ、ピントが合わない…最近頻繁に撮影に付き合ってくれるかすちゃん。ありがたや…🙏出来るだけフィルムで撮るときと同じ意識で撮ってみるが、いまいち上手くいかない。その上、撮った写真をRaw現像するのだが、編集しているうちに段々自分が出したい色が解らなくなってくる…何だこれ、すっっっっごい難しいぞ…?あと、自分の個性を出すためにフィルム一眼用のレンズを使って撮ってるのだが、ピントが合わない…orzまぁMFで撮るように想定されてないカメラだがら仕方ないんだけどさ…でも自分にしか出せない空気感を出したいので、フィルム用レンズを使うのは譲りたくない。こればかりは精進あるのみかな。機材がフィルムでもデジタルでも、自分らしさ100%な写真が撮れるようにしなくては。てなわけで、仕事が出来るように人生初ローンを組んで、遂にフルサイズのデジタル一眼レフを注文した。しばらく悩みながら撮る日が続きそうだ。不安だけど、オラワクワクすっぞ。

  • 23Jul
    • 【告知?】はじめます。

      先日のマレーシアの会社の件。楽しみにしていただけに本当にショックで、しばらく何も手に着かなくて。でも、そんな中僕の写真を新曲のカバー写真に起用していただいたり、ぺこは好きな事を仕事にするべきだと後押しをしてくれる方がいたり。本当に悩みました。この先自分はちゃんと生きていけるのだろうか?沢山のお金は要らない。自分がちゃんと暮らせるだけのお金があれば十分。僕はただ、自分らしく働いたり生活を送りたいだけです。幸せになるためには自分らしくある事が大前提だと思うんですよ。うだうだ悩んでても仕方ない。まずは動きだそう。なので、はじめます。Ryohei Mikawa Web Site---------------------------------------------プライベート用と仕事用のブログを分けようか検討中……その内仕事用のブログを新しく作るかも。勿論これ一本じゃ食っていけないので、しばらくは派遣の仕事と同時進行です。どうなるかね。まぁ成功するか失敗するかわからんけど、とりあえずやってみます。

  • 13Jul
    • 近況報告の交通渋滞(笑 (URL追記)の画像

      近況報告の交通渋滞(笑 (URL追記)

      Camera: CONTAX 167MTLens: Carl Zeiss Planar T* 50mm f1.4Film: Fujifilm 記録用 400いやいや、本当に本当に。人生ほんっっっとうに色々ありますわ。笑さて、先ずは悪い報告から。以前から報告してた、マレーシアで共同で会社を立ち上げる話。あれ、無くなりました。言い出しっぺのヤツ曰く、一人でやりたいからぺこは自分の事を頑張って😄だそうで。いやいやいや……実際にその為に半年間色々やったんだよ。周りの協力を得てWebデザイナー探してきたり、時間に融通がきく派遣で食いつないだりさ。生活カツカツになりながらさ。それが一瞬でパアですよ。この半年間なんだったん?って話。うまく尻尾切られたって感じ。これには流石の僕も頭に来たし、めっちゃ落ち込んだど……まぁ不確定要素だらけの話に乗った僕の責任でもあるので。色々とバカだったなあ、と思う。しかし、随分と舐められたもんだなぁと…やはり自分は社会でちゃんと生きていけないタイプの人間なんだなぁ……と、以前みたいに自尊心が底をついたと、思ったらだよ。次に自分にとってはビッグニュースが飛び込んできた。以前から大好きで聴いていたイラン在住のFalse Horizonというミュージシャンがいるんだけど、先日7月10日に"Midnight Summer"という新曲を出したんだよね。で、実はInstagram上で以前から彼とは連絡を取ってたんですが、先日マレーシアの件のショックもあり昼間から飲んだくれてた時に、彼からメッセージが届いて今回新曲を出すにあたり写真を提供してくれないか、と。まさかのまさか、とはこんな事をいうんでしょうねえ。本当に僕の写真を使ってくれた。これがいい方の報告。大好きなミュージシャンのカバー写真に僕の写真が使われているという超絶違和感…こんな嬉しいこと、最近ではあっただろうか。以前から彼は僕の写真が好きだと言ってくれていたが、これには本当に感謝の念しかない。本当にありがたい。【※追記】曲のリンクを貼り忘れていたので、貼っておきます。是非聴いてみてください!False Horzon - Midnight Summerhttps://m.soundcloud.com/false-horizonさて、そんな感じで色々とぐちゃぐちゃになっている僕の私生活だけど、マレーシアで会社を立ち上げるという目標を失った今、大分ヤバい岐路に立たされている訳で。もうこの際だから色々と悪あがきしてやろうかな、と思って。また生活が変わりそうな気配がしてます。色々と決まったらまたここでも告知出来るかなぁ。それまで何とかして頑張ろっと。

  • 03Jul
    • たまにはデジタルでも撮ってみるの画像

      たまにはデジタルでも撮ってみる

      Camera: PENTAX K10DLens: SMC PENTAX-M 50mm f1.7Edited on Snapseed原点回帰というか、何と言うか。今でこそコンタックスやライカのフィルムカメラに特化したような撮り方をしている自分だが、最近は訳あって少しずつデジタルの一眼レフでも撮るようにしている。何を隠そう、写真を始めた頃は何故かペンタックスばかり使っていた自分。初めて買ったカメラはペンタックスのミラーレス一眼。初めて買ったフィルム一眼レフもペンタックス。そして今も使っているデジタル一眼レフもペンタックス。このカメラが製造されたのは2006年なのでもう13年落ちのデジタルカメラだが、スマホやPC画面で見る分には今でもまぁまぁ写る。デジタル用のレンズを一本も持っていないのでフィルム用のレンズをデジ一に着けて撮影しているが、自分的には許容範囲……かなしかしいかに自分が普段フィルムカメラの味に寄りかかって写真を撮っているかが良く分かる。デジタルで撮った瞬間ガラリと作風が変わってしまっている気がする。こうしてデジタルカメラを使いながらも、やはりちゃんと作品として残したいなぁと思うのはフィルムで撮った写真なんだよな、と思う。まだデジタルを思うように扱えてないだけなんだけどさ。デジタルカメラ、難しい。特にポートレートなんかは、何故かフィルムで撮ったものじゃないとしっくりこない。多分これもデジタルを使ったときのやり方があるんだろうけどね……今回はその辺を少し探りながら撮ってみようかな。デジタルで納得行く写真を一枚でも撮れるのはいつになるだろうか。しばらくは試行錯誤が続きそうだ。

  • 25Jun
    • セピア色のきせつの画像

      セピア色のきせつ

      Camera: CONTAX 167MTLens: Carl Zeiss Planar T* 50mm f1.4Film: Fujifilm Natura 1600 (期限切れ)久々にフィルムを現像に出してきた。10年以上期限が切れたフィルム。ちょっとセピアっぽい色になった。何だか久々だなあと思いながら出来上がった写真を見てみると、桜の写真が出てきた。え……そんなに写真撮ってなかったっけ自分……そういえば今の職場になってからは忙しくなったり、土日も音楽活動が多かったから、以前みたいに沢山はシャッターは切ってないかも。まぁ本来これが普通なのかもしれないけどね。でも今、もっと写真撮らなきゃ、撮りたいなって思ってる。しかし写真というものはシャッターを切ったその時の心境や気持ちのリズムといったものを如実に表す物だから実に面白い。昔の僕の写真には、もう少し凝り固まった頑固さの様なものが主軸にあったと思う。それに比べ近頃はもう少しユルさを感じさせるようなスッキリしたような写真が増えたように思う。きっと今の自分もそういう感じなんだろうな。良し悪しじゃなく、今はきっとそういう時期。Lens: Makro-Planar T* 60mm f2.8 Cま、そういう自己分析なんてもんは中々アテにならないのかもしれないけどさ。とにかくもっと写真撮りたいんだよう。Camera: CONTAX T2そうそう、もっと人を撮りたいね。来年1月にまた写真展も決まったし、準備しなきゃね。

  • 17May
    • PHOTOSET #6-2 - Patienceの画像

      PHOTOSET #6-2 - Patience

      ---------------------------------------------Camera: 写ルンです Simpleacemodel: 有為ちゃん

  • 12May
    • 金管吹きの夜の画像

      金管吹きの夜

      昨日はブラスナイト。年に一度、北海道のブリティッシュスタイルのブラスバンドが一堂に会する、ブラスバンドの祭典。今回は古巣バンドの枠でバストロンボーンを吹いてきた。以前にこのバンドを去ってからはあまりブラスバンドでバストロを吹く機会は無くなっていた。それこそ最後にそれらしい事をしたのは、3月3日東京での仲間達が作ったブラスバンドの公演以来ではないだろうか。確か僕がこのバンドを辞めたのは去年前の会社を辞める少し前だったから、北海道でブラスバンドをするのは実に10ヶ月くらい振りだ。これまで音楽にどっぷり浸かっていた自分としては、たった10ヶ月でもブラスバンドをしないというのは異常な事態だった。あの頃は音楽が嫌いになりかけてたっけな。楽器を吹くのが苦痛で苦痛で仕方がなかった。過去に音大に行ったのを後悔しだす程だった。それから時間が少し経って状況も大分変わった。今は変なしがらみ無しに純粋に音楽を楽しむことが出来る。現に今日は沢山の音楽仲間に再会出来て本当に嬉しかったし、吹いている間は無我夢中だった。今回の会場が音楽ホールとは違い音が跳ね返ってこず、周りの音が聴こえにくいので、耳よりも指揮者を信じるしかなかったので中々スリリングな演奏だったが、やはり自分にはブラスバンドでバストロを吹いている事が一番しっくりくるという事を実感できた時間だった。3月の東京での演奏会もそうだったが、自分が一番バランスのとれる場所が何処だったのかを思い出させてくれる、今回のイベントはそんな機会だった。ずっと音楽を続けてれば、そりゃあ嫌なことなんかいくらでも出てくる。けどそれでも続けてんだから、やっぱり自分には必要な事なんだ。演奏出来る機会を待ってるだけじゃ、楽器の腕前も更に衰えていくばかり。やはりコンスタントに楽器を吹く場が、自分には必要なんだろう。それにプラスして勢いも大事だろう。と、言うことで、自分はこのバンドに団員として戻る決心をした。悩んだが、問題が起こればそれはその時考えよう。うん。って事で、次回の演奏会は11月4日。それまでしっかり技術もモチベーションも維持していかなくては。はぁー、自分は何歳までバストロを吹けるんだろう。吹けなくなるまで吹いてやろう、そうしよう。

  • 10May