第3回 「青山美人塾」開催報告 | 株式会社Pearl(パール) 猪本 節子のブログ

株式会社Pearl(パール) 猪本 節子のブログ

「美の追求」をテーマとした記事をご紹介いたします。


テーマ:

 

 

 

おはようございます。

青山サロン、パールの猪本節子です。

 

 

 

「青山美人塾」3回の開催報告です。

 

第1回の報告はこちら

第2回の報告はこちら 

 

 

いよいよ総仕上げのレッスン。

最初に講座全体を振り返り、受講前と現在とではどう変わったかを確認しました

 

 

 

カラダの変化としては、肩こりがなくなって、ラクに動けるようになったり、太もものハリやコリ、猫背が改善したりといった報告がありました。

 

 

わたしはこのレッスンのおかげで肩甲骨の動きがよくなりました。

 

 

背中は自分では見えないので、ふだんあまり意識しませんが、肩甲骨まわりが固く、動きが悪いと背中に脂肪がつきやすくなります。

 

 

 

こうしたこともあり、以前にも増して、自分の姿に対する360度意識が高まりました!

 

 

カラダの変化を感じるポイントは人それぞれでしたが、これについてはみなさん意見が一致しました。 

 

 

 

そして、楽しみにしていたハイヒールウォーキング

講師の小西宏和先生もヒールを履いて、お手本を見せてくれました

 

 

{8F09FAA6-BD33-4A5B-81FC-C3363266E805}

 

 

 

 

 

 

女性でもハイヒールウォーキングは難しいと感じるのに、男性の先生がなぜ履きこなせるのでしょうか。

大事なのは以下の2点

 

1) カラダの重心のポイントを意識する。
2) 靴の形のまま、歩く。

 

{AB56EF1F-957C-47F4-BFD1-923F5EB47D41}


 

 

 

 

 

カラダの重心のポイントは前回までに習いました。

街でよく見かけるハイヒール女性が残念なのは、重心がずれて、膝から歩いている感じがするからです。

 

 

腰を落として膝が曲がり、ガクガクした歩き方はエレガントに見えないだけでなく、足腰にも負担がかかります。

 

また、膝で歩くために、足首を使って地面を蹴ってしまいます。

 

 

そのため靴がカパカパと脱げてしまうだけでなく、最悪の場合は足首を捻ってしまうことも。

 

 

美しいウォーキングは、見ためだけでなく、カラダの健康にとっても重要なことなんですね。

 

 

 

最後に、小西先生からメッセージをいただきました。

 

 

高い理想を掲げて、いまの自分を比べると、あまりのギャップに耐えきれず、     『どうせわたしなんか…』と思って、行動がストップ。

 

美姿勢に関わらず、仕事でも、ダイエットでもありがちですね。

 

一時的にモチベーションを上げても3日坊主なら、なにも変わりません。

 

現状を認めたうえで、階段を登るように1歩ずつ、理想に近づきましょう。

 

そして、どうしてそうなりたいのか、なぜその結果(理想)がほしいのか。

 

自分に問いかけてみてくださいね」

 

 

 

 

美人になるために大切なことは、自己肯定感。

 

 

小さな行動をつづけて、着実に目標に近づいている自分をほめましょう!

 

 

無理せず、毎日、楽しくつづけて習慣にしましょう。

 

 

 

その小さな1歩が、美人への1歩なのですからビックリマーク

 

 

 

 

 

美容のご相談はこちらから

 

猪本 節子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス