失敗だらけの発達障害KIDS子育てブログ~

失敗だらけの発達障害KIDS子育てブログ~

UEP代表であり、PDD(広汎性発達障害)の長男とLD(読字・書字障害)の次男を育てるmiwaママの子育てブログです。うちの子って育て難い!って思っているママや子育てで自己嫌悪に陥ってる方、こんな奴も居るんだって元気になって頂ければ嬉しいです。

この間、休暇で帰宅していたチュン君と車でお出掛けした時。

 

私は方向音痴な上に、久しぶりに向かう場所なので、

チュン君に道案内を頼んでいた。

 

交差点に近づくと

チュン「そこ!曲がる!」

 

私「え!どっちに?!」

 

チュン「曲がる!曲がる!あーもう!」

 

のやり取りを繰り返す私たち親子。

 

「いい加減、

右とか左とか、あっちとかこっちとか指示してくれない?」

 

と、突っ込むと、

 

次から、

チュン「面舵!面舵!」

 

私「オモカジ?面舵ってどっちよ!」

 

チュン「だから!面舵!」

 

私「だから!面舵ってどっちよ!」

 

を繰り返す私たち親子…汗

 

永遠に曲がれねーよ…真顔

 

と、疲れ果てる私の頭を

「ディスレクシア の子は左右の概念が理解できない」

と、どこかの偉い先生の本に書かれていた文章を思い出した。

 

確かに、子供の時から社会に出るまで

左右の概念はもちろん、右側と「右」という言葉を結びつけて覚える事もできなかった。

 

その為、

運動会、体育祭、部活動での指示が分からず、

オドオドしてしまい、

からかわれる事や実力を発揮できない事もたくさんあった。

 

私は、できるだけ、チャンスがあれば、右と左を教えたり、

あえて指示につかってきたが、

結局、チュン君が理解する事はできなかった。

 

そして、社会人となり、船に乗ると、

命の危険もあるので、指示は飛びまくる。

 

言葉が荒い男の世界で

「もっと右だ!」

と言われても、

「○○って書いてある物を持ってこい!

そこの左の棚にあるだろうが!」

と言われても、読む事も左右も分からないチュン君には

くやしい くやしい日々だっただろう。

 

三ヶ月間、「辞めたい」を繰り返すチュンを

どれだけ、

「もういいよ!あなたはそれでいいんだよ!」と

抱きしめたかった事か。

 

でも、私は最後の帰省の日に思いっきり尻を叩いた。

泣きながら。

『我が子が辞めたいと呟く時』参照

 

出来ない事よりも

もっと大きな「できる事」を持っていると知って欲しかった。

 

気配りができ、バイタリティーがあり、なんでも素早く動く。

リーダーシップがあり、場の空気を読み、自分の出方がよくわかる。ここでは書ききれないくらいの素晴らしい部分をたくさん発揮して、自分の可能性を知って欲しかった。

 

だから、心を鬼にして尻を叩いた。思いっきり。

 

それからのチュン君は大きく変わった。

 

そして、今では、左右という言葉じゃ無いけど汗

左右の概念を多少なりとも理解した。

 

そこに、物凄い努力があった事を知っている。

 

きっと、覚えられないチュンに、

「覚えられないなら書け!」と先輩や上司が言ったのだろう。

 

小さなメモ帳に

ディスレクシア 独特の消え入りそうな頼りない平仮名で

「おもかじ」「とりかじ」などが書かれてあったのを

胸を締め付けられる気持ちで見た事がある。

 

メモ帳に書いて覚えるのは 

チュン君にとってあまり意味がないので

結局、3ページくらいに単語が4つ程書かれて終わっていたが、

その分、体で覚え、繰り返し口にして覚え、

からかわれたり、呆れられながらも

何度も何度も質問し、聞いて覚えた事がよくわかる。

 

 

 

生まれ持った物で変えようがないものがある。

 

それは、身体的なものだったり、

チュンのように読み書きや記憶をする事が著しく難しい事だったり。

 

それは、

「あなたは、あなたのままでいい」

の本来の意味の部分なのだけど、

 

最近特によく使われるのは

言い訳や逃げで言われる

「あの子はあの子のままでいい」

「私は私のまま、ありのままでいい」。

 

私が、辛そうな我が子を見るのが辛くて、

「もういいよ、あなたは、あなたで素晴らしいのだから」と

言っていたらどうだっただろうか。

 

今の、チュン君の自信満々の笑顔や生き方があっただろうか。

 

辛そうな我が子を見るのが辛いという事は、

単純に、そんな自分が可愛そうという、

自己愛だ。

 

その自己愛から生まれた

薄っぺらで浅はかな

「あなたはあなたのままで素晴らしい」の言葉に

何の深みと理解があるだろうか。

 

逃げてもいいのだ、

言い訳も。

 

だけど、綺麗事で着飾っている限り何も見えず、

何も成長しないのだ。

 

生まれ持った全てが素晴らしい。

いまあるもの全てが素晴らしい。

 

でも、それは、

「そのまんまずっと」という意味の「まま」ではない。

 

時には、誰かや何かの助けを借りたり

いろんな工夫をしたり、

得意で補ったりしながら

いろんな事にチャレンジしたり

時には困難を乗り越えたりして

 

その生まれ持った全てを輝かせ、

生まれ持った全てに誇りを持って生きていく為の

勇気や自信や強い心や思いやりを

身につけていく必要があるのだ。

 

 

私が

「だからどっちよ!」

と突っ込む事を面白がって

「面舵いっぱいって言いよーやん!」

と 

いたずらっ子のように笑うチュン君の、

自信満々の笑顔の裏の血の滲む努力を

決して忘れてはならないと思うmiwaママでした。

 

 

 

 

こんなmiwaママが代表を務めるUEPでは

ユニークキッズの為のプログラム

海外のユニークな教材販売、

ビジュアルストレスの啓発などを行なっています。

 

子供達の個性を大切に才能を育てるお手伝いドキドキ

海外のユニークな学習教材

UEP SHOPはこちら>>

 

見え方にも個性があります!!

イギリス発リーディングルーラー

魔法の定規 クロスボウジャパン>>

 

miwaママへのご相談はコメント、メッセージ、
 
 

ビジュアルストレスの啓発とリーディングルーラーの推進活動、

学び方の個性推進活動を行なっています。

YouTube動画はこちら>>https://youtu.be/8t52v9WF5fo