嬉しいような、残念なような… | 静岡 Salt Water Fishing

静岡 Salt Water Fishing

地元の静岡で、シーバス、ヒラスズキ、ヒラメ、青物、等を自分なりの考え方、攻め方で楽しく狙っています。


テーマ:
ゴールデンウィークは残念な事に、基本的に仕事でした…


今日も仕事だったのですが、仕事が終る頃にはパラパラと雨が降って来て、風もあったので、海を見てみると少しだけ波があったので、ヒラスズキでも…と思い、ヒラスズキを狙いに行ってみました…


ポイントへ到着し、いつものようにまずは海の様子を見て、狙う箇所を絞り、ルアーをどう通すか考え、早速開始。


1投目…
思いの外、波に押しの強さが無かったので、狙っていたコースを少し外れたので、狙っていた箇所付近にルアーを通さずに、即回収…


2投目…
狙った箇所をキッチリ通し、見事にバイト。


食った瞬間に、軽く80㎝は超えているのがわかったので、躊躇無くパワーファイトで、一気に寄せて、無事キャッチ。


やはり、良いサイズでしたね!
(見たところでわからないとは思いますが、今回のポイントは、大切にしたい場所なのでボカシを入れさせ頂きます…)


メーターまで、後3㎝…


嬉しいと言えば、当たり前に嬉しいサイズなんですが、後数㎝あればメーターだったと残念な気持ちも少しある…


何なんでしょう、この気持ち…








ちなみにルアーは、裂波140のクリアカラー。
ブログを見て下さっている方なら、わかると思いますが、自分がクリアカラーを使う事って滅多にないんです。


では、何故、今回はクリアカラーを使っていたのか?


実は、少し前に、愛媛の「Iさん」が、ヒラスズキを釣っていた際に、クリア系を多様していました。自分の最近のヒラスズキ狙いに関しては、数は捨て、サイズを狙う釣りをしていますが、その中で「Iさん」が使っていたクリアカラーも気になり試してみたって訳なんです。


とりあえず、自身が扱いなれている裂波140のカラーを剥ぎ、クリアにしてサラシの中でも見やすいように、オレンジヘッドに塗ったものを使ってみました。


結果、良いヒラスズキをキャッチする事が出来ました。


やはり、上手い方の釣りにはヒントが沢山隠れています。こうした方の真似はするべきですね!










本当は、今回のヒラスズキのブツ持ちは撮りたかったんですが…


今日の釣りは1人…


少し離れた場所に釣りをやっている方も居ましたが、こうしたデカイ個体はリリースしたい思いもあったので、そんな所まで写真を撮りに行ったら魚に負担をかけすぎてしまう…


一瞬、自撮りも考えましたが、何せ自撮りなんかやった事もないので、何回も撮りなおしていたら、結局負担をかけすぎてしまう…


と言う事で、今回はブツ持ち写真なんかよりも、魚のリリースを最優先する為に、ちゃちゃっと2枚だけ撮らせてもらい、即リリースしました。










その後は…


やれば、まだ釣る事は出来たでしょう。それに、まだ数投しかしていない。ですが、既にこの1本で大満足。釣れるからといって無闇やたらに釣るような事をしてもしょうがないので、これで今回の釣りは止める事にしました。