aterreのブログ

aterreのブログ

素材にこだわるケーキ屋オーナーシェフボヤキ部屋です。

こんにちは。

 

今日も暑い中たくさんのご来店誠に有難うございます。

 

今日開催されるはずだった猪名川の花火大会は先日の台風の影響で中止になりましたね・・・・・。

 

早い判断に賛否いろんな思い意見あるかと思いますが、何かあると徹底的に叩かれる時代です・・・・・。

 

仕方ないと思うしかありません。

 

観にいく人の安全だけではなく、準備する人の安全も考えないといけないし、近隣の飲食店さんなどでは花火帰りのお客様の入りを予測して準備するので、この段階での中止発表は予約のキャンセルや食材の発注のやりとりが微妙なタイミングではありますが・・・・・・。

 

 

まだまだ気温暑いですが、暗くなるの少し早くなってきように感じるのですが。。。

 

もうすぐ秋はくるのでしょうか・・・・

 

最近秋が短くて夏の後すぐに冬が来ているイメージ。。。

 

 

さてさて。。

 

きちんとお知らせを。。

 

来週21日から14日間の長丁場で大阪なんば高島屋さんに出店します。

いつもの場所とは違い、同じ地下ですが入り口付近のオーブンがある実演販売できるスペースです。

 

今のところほぼ毎日私が現地でガレットブルトンヌ焼きます。

 

ガレットブルトンヌってなんだよ!って方もたくさんいらっしゃるかもしれませんね。。。

 

ガレット・ブルトンヌ。。。

フランスのブルターニュ地方はフランスの北西部で農業、漁業、酪農が盛んで世界中のシェフに愛用されているゲランドの塩なども有名な地域です。

 

乳の質も良くブルターニュ地方のバターも名産品です。。

 

そんな街の有名なお菓子にクイニアマンやそば粉などのガレット、そしてガレットブルトンヌもそんな1つ。。

 

良質なバターとゲランドの塩を合わせ、1センチほどの厚さに成形し香ばしく焼き上げたガレットブルトンヌ。。

アテールでもその美味しさを伝える為、100%発酵バターとゲランドの塩、粉にもこだわり小麦の香りがしっかりするまで焼きこんで小さいこだわりたくさん詰め込んで焼き上げております。

 

分かりやすく言うと1センチくらいの厚さの塩気の少しきいたクッキーですw

 

でもこのお菓子はシンプルな素材から作られるお菓子なので、お店によって味わいが大きく変わります。

 

素材の持つ力と焼き加減、他にも色んなこだわりの差が大きくでる商品です。

 

自分で言うのもなんですが、アテールのガレットブルトンヌはなかなかいいレベルかとww

 

ぜひご賞味くださいませ。。

 

あと、最近告知しまくっているチョコレートスプレッド。。。

さらに追加しましたが、それも残りわずかです。。

 

わたしが高島屋さんに行っている間になくなると欠品になってしまいますので、催事前にもう少し仕込みます。。。

 

 

今の時期だと保存は冷蔵庫の野菜室くらいがいいかもしれません。。

理想は15~17度くらいなんですが、この時期そんな場所なかなかありません。

 

ワインセラーくらい。。。

 

冷蔵庫にいれると少ししまって硬くなりますが、スプーンなどで触ってもらうとすぐに柔らかくなりますし、パンに乗せるとトロトロになります~~

 

原価高すぎて落ち着いたらほんの少し瓶をちいさくするか、お値段を上げるかしないとお店つぶれそうですが、今はお試し期間という事でこのまましばらく販売させていただきます。。。

値上げと言っても大胆にはしませんw

 

ほんの少し・・・・・。

 

 

さぁ。。

花火もないし、しっかり働いて準備したら大人しく家帰ります・・・・。