アップル社の商標「iPad」 | 商品・製品を守る知恵 by弁理士バッカス

商品・製品を守る知恵 by弁理士バッカス

商品・製品を他人の模倣から守るヒントを提供します。

さあ、知的財産を活用しましょう!


テーマ:

弁理士バッカスです。



アップル社が発売する携帯情報端末「iPad」の商標名が、米国ではすでに富士通によって同一商標及び同一指定商品で出願されていたとのこと。


まだ登録はされていないようなのですが、どのような結果になるか弁理士としては興味津津です音譜


そこで、日本ではどうなっているのかと調べてみました。


同一商標同一指定商品のものがスレート コンピューティング(ユーエスエー) リミテッド ライアビリティ カンパニーという会社によってすでに出願されています。


でも、こちらもまだ登録はされていないようですが。


日本でも、指定商品「電気通信機器」などで商標「iPod」がアップル社によって登録されています。


したがって、スレート コンピューティング(ユーエスエー) リミテッド ライアビリティ カンパニー の出願は、アップル社の登録商標との対比で、商標自体について大文字のPの位置などから類似とされそうなので、指定商品の類似性の問題となりそうです。


こちらもちょっと注目ですねニコニコ



バッカスさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス