5月7日の日本経済新聞 電子版に「自動車会社の隠れた「ドル箱」狙うアマゾンの特許 」のタイトルの記事が掲載されていた。
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30064430S8A500C1000000/
 

 原文(英文)のURLは
 https://www.cbinsights.com/research/amazon-patent-ar-auto-parts-retail/

 

 同記事によると、
 「あまり知られていないことだが、クルマの補修部品などアフターパーツは一般的に自動車メーカーにとって、非常に利益率の高い「ドル箱」だ。消費者にとっては選択肢が少なく、専業メーカーも部品によって細かく分かれている。そこに目を付けたのが米アマゾン・ドット・コムだ。武器とするのがAR(拡張現実)技術。IT(情報技術)のプラットフォーマーは閉ざされた市場に風穴を開けることができるか。」

 

 上記記事及び原文によるとアマゾンのAR特許のタイトルは
 「自動車部品の取り付けプレビュー画像の生成」で、
 原文(英文)では
 “Vehicle Component Installation Preview Image Generation”


 タイトル名から検索したところ、以下のUSパテントがヒットした。

 Patent Numbere US9,928,544 B1
 Date of Patent Mar.27,2018
 http://pdfpiw.uspto.gov/.piw?PageNum=0&docid=09928544&IDKey=EFAF85753CA4%0D%0A&HomeUrl=http%3A%2F%2Fpatft.uspto.gov%2Fnetacgi%2Fnph-Parser%3FSect1%3DPTO1%2526Sect2%3DHITOFF%2526d%3DPALL%2526p%3D1%2526u%3D%25252Fnetahtml%25252FPTO%25252Fsrchnum.htm%2526r%3D1%2526f%3DG%2526l%3D50%2526s1%3D9928544.PN.%2526OS%3DPN%2F9928544%2526RS%3DPN%2F9928544

 

 

 下図は、ARを使用し、選択した自動車部品が自分の車に合うかを確認できる画面を示している。

 

 

 

 Espacenetで上記特許のパテントファミリを調べてみた。
 
 米国以外には出願していないようだ?

 

 今回のアマゾンの特許、拡張現実(Augmented Reality: AR)技術を自動車部品の分野に適用したものであるが、他の商品にも適用できる可能性を示すものではないかと思い、浅学菲才を顧みずブログにした。