株式会社ルシーダ

テーマ:
株式会社ルシーダ
情熱社長 in パッション業界
代表取締役社長 椎葉 怜子

【起業ストーリー】
大学4年生の時からネットベンチャーを支援するNPOでインターンをしていました。 
大学卒業後は、米国のデザイン会社の社長にスカウトされて、その企業の日本法人の立ち上げにかかわりました。
20代の時はベンチャー企業でがむしゃらに働いていましたが、家庭と仕事を両立できるような女性に優しい会社を作りたい、起業に対するイメージを変えたいという思いを持っていたので、起業をしたいという夢はありました。

【今後の目標】
今年の目標は6月からスタートした≪ごほうびらぼ≫という女性のための目標設定サポートサイトと、目標設定セミナーの知名度を高めることです。

結婚や出産で仕事をやめてしまう女性を減らしたいので、将来的には、女性向けのビジネススクールを作って女性が“働くこと”をさらに支援していきたいと考えています。

≪ごほうびらぼ≫http://www.goho-bi.net/

【テーマカラー】
「黄色」
明るさやユーモアなどを表す黄色が好きですね。周りの人を明るくできるようなフレンドリーなイメージが好きです。

【座右の銘】
「笑う門には福来る」
どんなに大変なことも笑うと前向きに切り替えられます。笑うことは体にも良いですし、人は笑顔のある場所に集まるので、笑うと本当に物事が良い方法に進んでいくと思います。

【これから求められる人材】
自分の頭で考えて行動に移せる人。自分はなぜこの会社に行きたいのか、を考えて下さい。
それから、言われたことをきちんと受け止められる謙虚さも大切です。

【学生の皆さんへ】
社会人になるとまとまった時間を取りにくくなるので、勉強も恋も旅行も今のうちに楽しんで下さい!勉強はもちろん大切ですが、恋愛や旅行で感受性を豊かにしたり、多様な価値観に触れることも大切です。様々なことを体験して、そこから何かを学んでいけると素敵ですね。

☆株式会社ルシーダ
http://www.lucida.jp
☆ルシーダのごほうびブログ
http://blog.goo.ne.jp/lucida_of_blog


お問い合わせ先
 ━━━━‥……‥・・ ・ ・ ・ ・・‥……━━━━
 株式会社アイ・パッション
 情熱社長ブログ運営事務局 宛
 URL:ベンチャー社長に必ず会える就職サイト
 ご連絡はこちらまで
 ━━━━‥……‥・・ ・ ・ ・ ・・‥……━━━━

AD

株式会社JokeyGene

テーマ:
株式会社JokeyGene
情熱社長 in パッション業界-ベンチャー企業

代表取締役兼CEO 須藤 公貴


<起業家になる想いを再燃させたひらめきノート>
幼いころから「起業家になりたい」と親に告げていた私ですが、大学時代は幅広い業界の知識を貯めてはいたものの、「モテたい!」という想いで華やかな放送事業を行っている会社に新卒で入社。成績を残せば、「絶対にモテるハズ!」と高いモチベーションで日々、業務に取り組んでおりました。しかし、結果は1勝1敗。成績は残したものの、モテなかったのです。しかし、今思えば、この事が私を起業家への道に戻しました。成績を出し始めると上手く時間を使えるようになるため、業務の合間に私はひらめいたアイデアを書き留める【ひらめきノート】をつけ始めるようになりました。そのノート上で自分のアイデアや考えを整理させていく内に「人とは違う事をやって、金持ちになりたい!」という想いに気づいた私は起業を目指そうとベンチャー企業に転職しました。

<私を起業させたCEO未来日記>
転職後、私は小さな企業での経営を勉強させてもらいながら、CEO未来日記という「自分は将来、起業します」というブログをつけ始めました。そのブログの中で自分は2006年7月7日に起業すると宣言し、自分にミッションを与え、それまでの軌跡を綴っていきました。しかし、そうこうしているうちになんと7月7日が過ぎてしまったのです。焦った私は会社に退社を告げ、事業内容も決めないうちに会社を創りました。私の起業は日記によってスタートさせられる形となったのです。

<人とは違うで差別化!!>
設立当初、事業内容が固まっていなかった私はある人が運営するサイトを売らせてもらう契約をしました。それを売りながら、今の事業の根幹となっているSEOを研究しました。そして、今の成功報酬型のビジネスモデルを考え出したのです。しかし、事業が決まったからと言ってそれだけを行うのではなく、キャラクター戦略(ジョキコ)やライブ映像放送など他社とは違った試みも取り組んでいきました。その試みが、今では他社との差別化に繋がっているため、これからもJokeyGene(愉快な遺伝子)らしく、面白い人が日本で一番集まる会社と言われるくらい愉快なメンバーを集めながら、人とは違う事をやり続けていきたいと思っています。

<社長のテーマカラー>
緑 緑には「縁」という意味があります。社員と近い立場でいたい!一緒に盛り上がりたい!という暖かい雰囲気や人柄を求めている私には絶えず意識させられる色です。

<社長を表す漢字一文字>
「縁」 経営を行う上で、心から「会社が人によって決まる」と思っており、ボケとツッコミのバランスが取れた自社メンバーとの出会いは「縁」を大事にし続けてきた結果だと思います。

<ビジネスにドMな学生へ>
これから必要とされる人材は成功できる人間です。一度きりの人生を成功へと切り開いていくのは、自分を信じ、行動し、夢を持つ事が大切です。その信念をしっかり持てる人、何よりも自分を支えてくれる親族・友人・仲間を大切にできる人には、良い結果しかついていきません。成功したいという欲求と周囲への感謝を持ち続けられる人は、今後も成功し、必要とされると思います。学生の皆さん、諦めずに頑張り続けて下さい。

お問い合わせ先
 ━━━━‥……‥・・ ・ ・ ・ ・・‥……━━━━
 株式会社アイ・パッション
 情熱社長ブログ運営事務局 宛
 URL:ベンチャー社長に必ず会える就職サイト
 ご連絡はこちらまで
 ━━━━‥……‥・・ ・ ・ ・ ・・‥……━━━━
AD
有限会社 ディーコンセプトデザインオフィス
情熱社長 in パッション業界
代表 竹村 尚久
【起業ストーリー】
もとはゼネコンの出身で現場や設計の仕事に携わってきました。
しかし、組織の中ではお客様の立場に立った仕事がしにくいことや、
私がもともと興味のあったインテリア、デザインなどの内装の仕事がやりたい、
思い通りの空間を作りたいと思い、独立を考えました。
2003年に体を壊し、入院したのですがその時に自分自身について考える時間を
初めてゆっくり持てたんです。その時に、やるからにはとことんやりたいと
独立を決意。その時から人間的にも変わりましたね。

【今後の目標】
空間や建築物だけでなく、店舗やインテリアなど「人と接するもの」を全てデザインしていきたいですね。自分の視点でより良いものを変えていく、デザインによって日本の質を変えていきたいと思っています。

【テーマカラー】
「えんじ色」
赤の中でも落ちついたえんじ色ですね。パッションを表す赤はポジティブさを表します。
でもただ明るいだけではなく落ちつきも持っていたい。だからえんじ色にしました。

【座右の銘】
「自然体」
自然体であることが大切。気持ちが偏ってしまうのは良くないですからね。大切なのは中身。かっこつけたり、自分を卑下しすぎずに回りに対して常に素直でいたいという意味でも、常に自然体でいたいですね。

【これから求められる人物像】
ポジティブでガッツのある人。どんなに未経験でもプラス思考に「やってやる」という気持ちが大切です。あとは、周囲に対する気遣いと優しさを持てるかということ。自分の立ち位置をしっかり考えられる人ですね。

【学生のみなさんへ。】
自分なりの目標を明確にすること。人は目標がないと努力できません。自分は何がやりたいのか、自分が自分自身のマネージャーになるつもりで考えて下さい。つまり、セルフプロモーションですね。自分を売り込むことで、やる気にもつながります。
あとは、自分から動くこと。運も自分で掴みとるものです。

お問い合わせ先
 ━━━━‥……‥・・ ・ ・ ・ ・・‥……━━━━
 株式会社アイ・パッション
 情熱社長ブログ運営事務局 宛
 URL:ベンチャー社長に必ず会える就職サイト
 ご連絡はこちらまで
 ━━━━‥……‥・・ ・ ・ ・ ・・‥……━━━━

AD

株式会社GREEN

テーマ:
株式会社GREEN
情熱社長 in パッション業界
代表取締役 三森 暁江

【起業ストーリー】
学生時代からマーケティングインターンを経験し、就職活動もマーケティング職一本にしぼって行ないました。大手メーカーで女性目線を活かせるマーケティングに関わった後に、マネージャー職などを経て、外資系企業に。企業内大学で教育が充実していたので、そこで実務と教育のプロセスを学びました。その後、現在の会社を起業。私は起業はあくまで手段の一つと考えています。私も自分がやりたいことを形にするために自分の会社をたちあげました。

【今後の目標】
景気の悪化でこれからは「気付きの時代」になり、本質が問われるようになっていくと思います。教育もコストから投資へと変わっていくでしょう。小規模だからこそ、クライアントのニーズに柔軟に対応していけるような、人材開発のクリエイティブエージェンシーであり、マーケティングカンパニーであり続けたいですね。

【テーマカラー】
「緑」
緑からは癒しの力はもちろん、自然の力強さを感じるからです。会社の社名がGREENなのもそうなんですが、個人的にも好きな色なので。

【座右の銘】
松下幸之助先生の「学ぶ心」ですね。
松下先生の素晴らしいことは、分からないことを人に聞けたということ。つまり、大切なのは学ぶ姿勢を忘れず、変なプライドを捨てるということです。そして、人からいろいろなことを吸収することですね。

【これから求められる人物像】
自分のことを話せる人。自分が何がしたいのか分かっている人です。自分マーケテイング力がある人ですね。そのために必要なのが「内省の力」自分自身と向かい合うということです。自分を知るためにはただ考えているだけではダメ。とにかく行動に起こすことです。出会ったものを大切にし、挑戦して振り返る、この繰り返しで、自分の好きなものの観点を集めることです。つまり、「経験と学び」を繰り返すことです。

【学生の皆さんへ】
変化はチャンスの時代です。今、就職活動をしている皆さんは自分を見つめるための素晴らしいチャンスに恵まれているのです。これは、後々の大きな糧になります。大変だと思わず、チャンスだと思える人にチャンスは舞い込んできます。
お問い合わせ先
 ━━━━‥……‥・・ ・ ・ ・ ・・‥……━━━━
 株式会社アイ・パッション
 情熱社長ブログ運営事務局 宛
 URL:ベンチャー社長に必ず会える就職サイト
 ご連絡はこちらまで
 ━━━━‥……‥・・ ・ ・ ・ ・・‥……━━━━

スタイル株式会社
情熱社長 in パッション業界
代表取締役 竹田 茂

【起業ストーリー】
前職は出版社で20年以上勤め、インターネットビジネスに携わっていました。
しかし、できることに限界を感じた私は、自分のやりたいことをやるために起業しました。
実家が自営業だったので、いつか自分も起業するんだろうくらいの漠然としたイメージでしたね。

【今後の目標】
マイクロコンテンツをうまく流通させていくような自社メディアを作りたいと思っています。

【社長のテーマカラー】
「navy blue」
青は青でも信頼性などが感じられるような濃いブルーですね。

【座右の銘】
「きっと何かあるはずだ。」
これは私が昔から好きな言葉です。物事は疑うことから新しいアイデアが生まれたりします。つまり、ものの見方を変えるということです。

【これから求められる人材】
コミュニケーション能力がある人。コミュニケーションをつけるためにはまず、人の話を聞けるようになることです。話を聞くというのは実はとても難しいことなのですが、相手の気持ちを理解してあげることです。そして、聞いているという態度を示すこと。
沢山話を聞けば、聞く力がついてきます。
関心こそ有限の資源ですよ。

【学生の皆さんへ。】
自分の子どもに胸を張っていえるような仕事についてほしいですね。
つまりは、社会に役に立っていると思えるような仕事に就くということです。
社会に役に立っていると確信をもてるような仕事をして、より良い社会を作っていって下さい。 

お問い合わせ先
 ━━━━‥……‥・・ ・ ・ ・ ・・‥……━━━━
 株式会社アイ・パッション
 情熱社長ブログ運営事務局 宛
 URL:ベンチャー社長に必ず会える就職サイト
 ご連絡はこちらまで
 ━━━━‥……‥・・ ・ ・ ・ ・・‥……━━━━