出版。松山光稲の交霊の真実。みついねのスピリチュアルとの対話

出版。松山光稲の交霊の真実。みついねのスピリチュアルとの対話

https://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-21992-9.jsp

四十代の女性
 
暗い所が苦手です。
私自信の性格の落ち込みや、
マイナスに成るのはなぜですか。
 
友人として親しくしている男性がいます。
その家の墓参りを自然にできてしまうのですが、
なぜでしょうか?
 
墓参りの時に蛙が出てきてラップ音もしてました。
 
鑑定は。
 
彼の亡くなったお母さんをキャッチしました。
 
(教えてください、彼の先祖様の墓参りをしてしまいます。
なぜでしょう?
 
・・・・・前世時家族
 
(相談者は彼の家族だったのですね。
 
・・・・・はい、曾祖父です
 
(その為に違和感なく出来るのですね
 
・・・・・はい
 
(彼と初めて会った気がしないのはその為ですか。
 
・・・・・はい
 
(相談者は暗い場所が嫌いだと話してます、
過去世ですか?
 
・・・・・はい、千年前、
 
(国はどこでしょう?
 
・・・・・日本
 
(何があったのでしょう?
 
・・・・・・牢
 
(牢に入っていたのですね、罪は何でしょう!
 
・・・・・盗み、無実です。
 
(誤解されて牢に押し込められたのですね
 
・・・・・冤罪
 
(その時に彼は居ましたか?
 
・・・・・妻です。
 
(相談者が夫ですか
 
・・・・・はい
 
(牢から出られましたか?
 
・・・・・はい
 
分かりました。
 
相談者は既婚者ですが、
どんな年齢になっても気の合う異性はいるものです。
友人としてほっとけなと話していました。
 
自然に彼の家の
墓参りをしている自分に驚いています。
 
ここが重要です。
 
彼の先祖様の墓参りをした時に蛙が出てきました。
何もない墓でラップ音がしたそうです。
 
それは不思議な現象だったのです。
その事が知りたくって来店に成りました。
 
霊視では、
お墓での蛙とラップ音は彼の先祖様が、
喜んで迎えてくれた音だったのです。
 
時季でも無いのに
カエルは、やはり霊様の変身でした。
 
この様な事もよくあります。
 
墓参りで出会う生き物は、
先祖様方の変身で喜びを表しているのです。
 
時季外れの  蝶、蛙、蛇、、等を見たことが有りますね。
 
突然どこからともなく現れます。
それはきっと霊界から
挨拶に来てくれているのでしょう
 
お墓でラップ音とは相当喜んでいたのでしょう!
 
その理由が相談者は彼の曾祖だった時が有ったのです。
 
それと暗い場所が極端に嫌いなのは、
前世時に冤罪で牢獄に居たためでした。
 
その後、潔白とわかり
妻の待つ家に戻ったのです。
 
その時の過去世が今でも魂の記憶に成っていて、
暗い場所にいくと
記憶が甦るのです。
 
この様にして怖い体験が
染みになって記憶が残るのでしょう!
 
当時、夫の帰りを待っていたのが今世の彼です。
 
彼とは初めて出会った気がしいと感じるのは
過去世で夫婦だったからでした。
 
相談者は曾祖の生まれ変わりや
夫婦だった事もあって、
 
彼とは心が通い合うのです。
そんな関係をソウルメイトといいます。。
 
共に人生を生きている
仲間の魂だからです。
 
魂の成長の為に
生まれて来るときに、、
必ず人生が重なるのですね。
 
相談者は蛙が嫌いだそうです。
 
それなのに墓で蛙を見かけた時には、
 
ァア、、と思い。
 
蛙を覗いて見ていたそうですよ。
 
蛙は元に帰る、
オカエり、なんて、
言いますからね。
 
その事を伝えたくってお墓で蛙が出てきたのでしょう!
 
不思議ですが、
不思議ではないのですね。
 
追伸
 
先日、亡くなった母の噂話をしていた時です。
 
突然目の前からバッタが飛び出してきて、
飛び跳ねて、
畳のすみに消えました。
 
窓は閉まっていますから、入る隙間など無いです。
逃がさなくってわと思い、、、
探しても居ませんでした。
 
今にして思うと  あれはバッタではなくって、イナゴです。
茶色でしたし、
母はイナゴを捕まえては佃煮にしていましたからね。
 
噂話をしていたから話しに入りたくて
出てきたのですよ。     笑
 
前世時の友より
 
松山光稲
 
四十代の女性
 
娘の霊視で私に禍が有ると伝わりました。
 
身体中の関節が痛くなります。
その為に仕事も続きません。
 
夫は生活費以外、
お金を渡してくれません。
それなので自分で働いて欲しいものは買っています。
だから、私は お金がありません。
 
鑑定は。
 
亡くなったお母さんをキャッチしました。
 
(身体の節々が痛くなります、その為に仕事も続きません!
関節炎は霊的ですか?
 
・・・・・はい
 
(教えて下さい、相談者には前世での因縁が有るのでしょうか?
 
・・・・・はい
 
(それはいつの時代ですか?
 
・・・・・400年前
 
(戦っていたのですね?
 
・・・・・はい
 
(亡くなった人は何人でしょう
 
・・・・・多い
 
(その時はどこの国でしょう?
 
・・・・・わからない
 
(いつから相談者に頼っていますか?
 
・・・・・生まれた時から
 
(身体の不調で仕事が続きません、、
 
・・・・・霊的
 
(夫はシビヤです、生活費以外を出してくれません!
 
・・・・・性格です
 
分かりました。
 
仕事を始めると、
身体中の関節が痛くなり、
働くことが出来ません!
 
気持ちに身体が付いてきてくれないので、
勤めては辞めることを繰り返していました。
 
夫はシビヤな人です。
その為に自分の欲しいものは、
働いて買っています。
 
ここが重要です。
 
痛みは前世時に
武士〈兵士〉だった時の怨念が、有った為に起きていたことでした。
 
これを霊障害と言います。
 
亡くなったお母さんの明日が命日です。
娘にその事を知らせたかったのでしょう、
霊視では、直ぐにお母さんをキャッチ出来たのです。
 
生まれた時からの
霊的障害は過去世で
出会った人や出来事を改めるために、
自分でも受けて立つ、
つもりで生まれましたから、
 
それは人生厳しいのです。
 
私達は人間なので、
過ちは、する者なので、
過ちを二度としない為に生まれ変わって
 
お詫びの人生を繰り返して、
多くの人と関わりを持ちます。
 
その時代等の過ちがあるために、
 
生まれてはお詫び、、、、繰り返し、、、、
 
だから生きることは苦しいのです。
 
人生を紐に例えれば、
長さは誰でもが同じです。
 
始めに苦労が多くあるか、後に成って苦労が多くあるか、
 
平坦な道なのかに成りますが、
伸ばしてみれば、
紐の長さは同じだったとなります。
 
紐の長さは誰でもが同じだと
うすへいさんに教えて貰ったことで、
他人を羨む事はないと諭されました。
 
 ◎夫は合理的な人で、
無駄なことはしない人だそうです。
 
生活費は渡してくれるが、
それでは化粧品一つ買えないですね。
 
いつまでも若く素敵な妻でいて欲しいなら、
 
旦那様方、
 
愛する妻にプレゼントをしましょう!
 
二人と居ない大事な存在ですよ。
 
いつか誰でもが
御一人様になりますから、、、
 
〈後悔後に立たず〉
 
に成らないようにね。
 
前世時の友より
 
松山光稲
 
四十代の女性
 
息子の仕事が続かないのはなぜでしょう!
 
夫と息子が同じ歳の時にバイク事故に遭いました。
 
私は身体が弱いのは何か有りますか?
 
鑑定は。
 
亡くなったお父さんをキャッチしました。
 
(おじいさんや先祖様は天国にいますか?
 
・・・・・はい
 
(聞かせてください、
長男は仕事が続きません、霊的ですか?
 
・・・・・いいえ
 
(続かないのは本人の気持ちですか?
 
・・・・・はい
 
(息子は高2の時にバイク事故を起こしました。
夫も同じ歳に事故をしました、繋がりは有りますか?
 
・・・・・いいえ、偶然です。
 
(相談者は身体の調子が悪いと言ってます、霊的ですか?
 
・・・・・はい
 
(身体に誰か付いていますか?
 
・・・・・前世の武士
 
(男女ですか?
 
・・・・・はい
 
(何人いますか?
 
・・・・・六人
 
(武士の時ですね。怨みですか?
 
・・・・・・はい
 
(お詫びをいたします
 
・・・・・・お願いします
 
(武士の時代の怨念で喉の病気になったのでしょうか?
 
・・・・・・いいえ、病気です
 
(ここに連れて来て下さったのは、どなたでしょう!
 
・・・・・亡くなった次男です。
 
(生まれて直ぐに亡くなっています。どこにいますか?
 
・・・・・一緒にいます
 
(相談者の傍に居るのですね!
 
・・・・・はい見守っています
 
分かりました。
 
長男が定職に就かない事を心配しての来店でした。
健康体なのに、
どこかに原因が有るのかと親なら思いますね。
 
霊界からは、
それは本人の気持ち次第だと伝わったのです。
 
ここが重要です。
 
親は子供の事になると
全てを捨てても助けるものです。
 
高2の時のバイク事故は、夫も同じ時に事故に遭っていました。
 
霊界から同じ時期は、全くの偶然ですと伝わりました。
 
でも、事故を起こしたことは
 
本人に対して必然的なものが前世に遭ったのですが、
 
今日はそこまでは探れませんでした。
 
相談者の身体の不調は霊的でした。
前世時、武士だった時の因縁が有って霊障害だと伝わりました。
 
何が遭ったかは不明ですが、お詫びをしていきます。
 
もっと重要な事は
 
生まれて直ぐに亡くなった次男がいます。
 
その子供が私に会わせたと分かりました。
 
お母さんを心配して
傍にいるのでしょう!
 
長男の事は取り越し
苦労をしているから、
悩まないようにと
伝えたかったのでしょう!
 
長男は自分の人生を
生きているのですから、
 
このままでいいよ~
 
心配しないでと伝えてくれました。
 
 
前世時の友より
 
松山光稲
 
三十代の女性
 
先日、母の用事である事務所に行きました。
事務所の奥に行くと
寒気がして嫌な感じです。
今日も行った時に寒気がすごかったです。
何か有りますか?
 
鑑定は。
 
(あなたは誰ですか?
 
・・・・・男
 
(相談者の知り合いですか?
 
・・・・・いいえ
 
(どうして付いて来たのですか?
 
・・・・・事務所に来たから!
 
(奥が暗く寒気を感じたそうです。
 
・・・・・私です
 
(なぜ付いてきたのですか?
 
・・・・・ここに来るのが分かったから!
 
(事務所はあなたの土地ですか?
 
・・・・・はい
 
(あなたの居た時代はいつですか?
 
・・・・・明治時代
 
(その時代の人ですね、
まだ、土地に居るのですか?
 
・・・・・私の土地です
 
(何が有りましたか?
 
・・・・・騙されて土地を奪われました
 
(それで、まだ居るのですね。
100年前に成りますよ!
ここに居てはいけないです。
離れて下さい。
 
騙されたお金を渡します。100万円でいいですか?
 
・・・・・そんなにいらない
 
(いくらならいいのでしょう!
 
・・・・・20万円
 
(20万円でいいのですね?直ぐに渡します。
お金を持って天国に上がって下さい。
家族が待ってますよ。
 
・・・・・ありがとう
 
(戻らないでくださいね。
 
・・・・・はい
 
分かりました。
 
この様な土地の問題はよく現れます。
 
家屋敷は変わってしまいますが、
土地はそのままなので、霊様は家の面影は有る為に、
土地に宿ってしまいます。
 
ここが重要です。
 
明治時代の金銭価値は
お米10kgが1円だそうです。
 
今なら1円は3~4千円になりますね。
 
当時6億円以上の土地を騙しとられたと分かりました。
 
今では公共施設ですから、相当の地主になります。
 
騙された悔しさの余りに、死んでも死に切れなかった為に、
土地に宿ってしまいました。
 
〈俺の土地だ〉
 
この様に今でも思って離れないでいました。
 
たとえ霊でも人に害を加えませんが、、
 
ただ、ただ、土地に居付くのです。
 
亡くなった方は天国に行って、第二の人生をするのですが、、、
 
この様に土地に居付く霊様も多く居ます。
 
哀れな可哀想な霊様ですよ。
 
広大な土地の地主ですから、
昔から由緒有る家柄だと思います。
 
その土地は、
今では公共施設に成っているのです。
 
霊様に、
私が100万円を渡すと伝えたなら、
 
そんなには、
いらないと伝えてくれた、会話のやり取りです。
 
霊視で亡くなった方の誠実な人柄がうかがえました。
 
今回は悪い人間に騙されて亡くなった魂が、
今でもその場所に存在してい、
 
私達のスピリチュアル体験に飛び込んで来たのでした。
 
土地に霊が宿るのは
こんな理由なのです。
 
前世時の友より
 
松山光稲
 
 

三十代の女性

家を建てたいから、
土地、家の方位を見てください!

お願いします。

 

鑑定は。

 

指定された土地を見に行った時に感じる印象が大切です。

 

暗く感じる

寒気を感じる

 

こんな土地はやめましょう!

 

明るく感じる

清々しく感じる

暖かさを感じる

 

今は空き家が多くあります。

魂はまだその家に住んでいる事もありますから、

感じる印象が大切です。

 

でも、行かされる

買わされるのも何かの縁なので

どうにもならない事が有りますね。

 

そんな時の決断の方法は。

 

迷ったなら、

よしましょう

 

良い家はその時に住んでいる、自分の姿が想像できます。


土地に思い描いた家が想像出来る場所です
 

土地も全て霊界から仕組まれていますから
良くも悪くも縁のあった土地ですね。

方位が良いのは当然ですが、

都会ならそんな事は言えませんよね、

 

窓がたくさん有って空気が部屋中に回る家にしましょう!


とにかく欲しい!

ここが良い!

誰かに買われてはイヤダと

思う程の惚れ込む〈家〉土地です

そんな時は霊界から買う様に仕組まされますから、

 

土地の値段が高い!

広すぎる、

と思っていたら、

不動産屋から値が下がりましたとか、

切り売りするそうです。

なんて、先祖様達が

与える様に

一生懸命に働いてくれます。

縁の有る物は青信号でストップが、

かかりませんから

スゥースゥーと決まります。
これが与えられた土地です。

 

全ては決まっていたのでしょう!

 

前世時の友より

 

松山光稲

三十代の女性
 
母の事で悩んでいます。
今は精神科にも行って治療をしてますが.
良くなりません、
 
父も祖母も亡くなり、
親友の様に親しくしていた、
私の姑も亡くなって、1人に成ってしまいました。
 
隣家の家から悪霊がくる。
禍がくる。
こちらを呪っていると騒ぎ立てます。
 
大声で隣家に捲し立てています。
隣家も今では爆竹を鳴らして反撃しくるので
市役所に入ってもらい、それでも話がつきません。
母は精神異常ではないかと思っています。
 
鑑定は。
 
亡くなったお父さん、祖父母、姑をキャッチしました。
 
(教えてください、お母さんは精神異常者ですか?
 
・・・・・いいえ
 
(耳元で囁く声がするそうです。
 
・・・・・はい、姑です。
 
(何を言ってますか?
 
・・・・・隣は敵
 
(いつの時代ですか?
 
・・・・・二百年前
争っていました
 
(お母さんは武士でしたか?
 
・・・・・はい、隣も同じです。
 
(当時は敵で争っていたのですね。今も続いていますか
 
・・・・・はい
 
(その相手と隣人に成ったのですね。
 
・・・・・はい
 
(あまりにも異常な態度は、本当に霊界から伝えているのですか?
 
・・・・・はい
 
(精神病者ではないですね
 
・・・・・霊障害です。
 
(引っ越をした方がよいですか?
 
・・・・・いいえ
 
分かりました。
 
お母さんはナイーブな人なので、
大声で隣家を威喝する人には見えません、
また不安や寂しさと絶望で精神病に成ったのでも有りませんでした。
 
ここが重要です
 
お母さんの場合は、
まさしく霊障害でした。
 
娘の姑は生前の時に
スピリチュアルを説いて教えていたのです。
 
その為に霊界の存在が分かっています。
 
亡くなった姑は霊界からお母さんに、
隣は敵だと伝えているのです。
 
霊視では二百年前の
前世で隣人とは
敵として争っていたと伝えてきました。
 
その相手が今世も隣人に成っているのです。
 
全く同じことが起きていました。
 
お母さんは悪霊を我が家に飛ばしていると騒いでいます。
 
あまりにも酷い叫び声に
お隣りは爆竹を鳴らして対抗しているのですが、
中に入った市役所からの話し合いにも応じません。
 
霊界から囁く姑は、
敵だったのだから、
やらなければ、
やられると捲し立ていたのです。
 
姑は生前時に通っていた、
霊能者から間違った教えを受けていたのです
 
〈悪霊が居て自分を苦しめると教えられていました〉
 
神様の教えでは、
全ての出会いは
赤い糸によるので、
良くも悪くも因縁解消のために出会ったのです。
 
お母さんも前世で同じ事が有ったので出会いました。
 
隣人と争うのではなくって、
 
許しなさい、愛しなさいと教えているのです。
 
お詫びをすれば
因縁解消するものを、
また出会い、
また争っていました。
 
何度も生まれ変わる理由は
この為なのですね。
 
中々学べない魂だと言うことでした。
 
悪霊も元は人間なので、理由を知れば
可哀想な人生です。
 
誰でも生きることは辛いですね。
 
前世時の友より
 
松山光稲
 
五十代の女性
 
娘が結婚することになりアパートに越しました。
目の前が大きなお墓があります。
アパートも奥が暗く気持ちが悪く感じました。
私はスピリチュアルを信じているので、
このアパートで大丈夫ですか?
 
鑑定は。
 
(あなたは誰ですか?
 
・・・・・前世の子供
 
(いつの時代ですか?
 
・・・・・昔、昔
 
(大昔なのですね
 
・・・・・はい
 
(相談者の娘を知っていますか?
 
・・・・・はい
 
(教えてください、娘は体調を崩しています、
原因は有りますか。
 
・・・・・はい
 
(前がお墓です、それが原因ですか?
 
・・・・・いいえ
 
(アパートですか?
 
・・・・・はい
 
(アパートの土地に霊様は居ますか?
 
・・・・・はい
 
(何を言っていますか?
 
・・・・・私の家です,  出ていって。
 
(誰の因縁でしょう!
 
・・・・・夫
 
(夫の前世ですか、
 
・・・・・はい
 
(なぜにアパートに住ませましたか?
 
・・・・・呼びました
 
(前世でどんなことが、有ったのでしょう?
 
・・・・・分からない
 
分かりました。
 
娘はアパートに越してから体調不良に成りました。
健康な娘が何故なのでしょうと来店したのです。
 
ここが重要です。
 
相談者や娘の因縁では有りませんでした。
 
夫の前世でした。
 
伝えてくれた守護霊様は前世時の子供です。
 
夫<娘>の事はよくわからないと伝えています。
 
相談者と関係が無いと確りとは分かりませんね。
 
でもアパートに呼んだのは
土地に居る女性の魂で
この部屋から出ていってと叫んでいるのです。
 
夫を呼んだ理由は分かりませんでしたが、
アパートの部屋は入居者が入っても、直ぐに出ていってしまう、
いわく付きの物件でした。
 
長く住んでもらう為に、大家さんも代金を割安にしていたのです。
 
娘はスピリチュアルに対して無関心な人なのですが、
ラップ音が酷く鳴るので母親に相談したのです。
 
そして相談者が来店になり
真相が分かりました。
 
大きなお墓は関係がなく、、、
 
アパートの土地に居る、病気で亡くなった女性の訴えでした。
 
夫との前世時に関係すのでしょうが、
本人ではないので、
深くは分かりませんでした。
 
こんな時は早くアパートを越すことです。
 
私達が誰でも助けられるとは限りません!
 
助けられる人はやはり地主です。
他人ではどうにもなりません。
 
霊様は夫にとって大切な妻に、
知らせれば伝わると思ったのでしょうか?
 
アパート内の出入りが多い部屋は、
こんなことも有るのですね。
 
前世時の友より。
 
松山光稲
三十代の女性
 
美容室で髪を洗う時、
顔にタオルをかけられると息苦しくなり
呼吸が出来ない、
恐怖で叫んでしまいます。
暗さや狭い場所に入れないです。
 
夫は毎年、熱中症になるので心配です。
 
鑑定は。
 
前世の夫をキャッチしました。
 
(教えてください!
暗い狭い場所や顔をタオルで覆われると
怖さで発狂してしまいます。
 
・・・・・前世900年前の魂の記憶です
 
(何が有りましたか?
 
・・・・・穴に落ちました。
 
(どこの国の時でしょう
 
・・・・・アフリカ
 
(何が有りましたか?
 
・・・・・4m穴に落ちました
 
(それは、誤ってですか、それとも行為ですか?
 
・・・・・誤ってです
 
(その時代に誰が居ましたか
 
・・・・・夫が居ました
 
(他にもパニックの恐怖は有りますか?
 
・・・・・200年前  日本
 
(それはどんな事ですか?
 
・・・・・私の妻でした。子供を亡くして
精神を病んだので部屋に閉じ込めました。
 
(その時の亡くなった子供は何歳ですか
 
・・・・・五歳
 
(生まれ変わっていますか?
 
・・・・・長男に生まれ変わってます。
 
分かりました。
 
目をタオルで覆われる事や、
暗く狭い場所での恐怖は二度の過去世に有りました。
 
アフリカの時代には夫がいます
 
日本の時代は長男が居ました。
 
ここが重要です。
 
二つの過去世で起きた恐怖は魂の記憶でした。
 
アフリカでは男が二人、
深い穴を掘っていたのです。
何の為だかは不明です。
 
その中の一人が現在の夫でした。
 
相談者は穴に落ちて
助けを求めて居たのです。
 
助け出したのが現在の夫でした。
 
夏の暑い時期に仕事で穴を掘っていたのです。
 
その穴に落ちてしまったのが相談者です。
 
男〈夫〉は肉体労働者でした
 
アフリカの熱帯地で作業をしていましたから、
夫の魂の記憶で
毎年熱中症に成るのです。
 
もう一つの過去世では
 
守護霊様の夫と相談者は、
当時五歳の子供を病気で亡くしました。
 
その事が原因で
精神異常者になり、
病院など有りませんから、
家で隔離していたのでした。
 
当時の出来事は
魂の記憶となって
暗い狭い場所が苦手なのです。
 
また、苦しみのどん底になるのではないかと甦るのでしょうね。
 
亡くなったのは女の子ですが
長男として生まれ変わって居ました。
 
守護霊になって見守っているのがその時の夫です。
 
やはり、過去世の出来事が今世に繋がっています。
 
現在の夫も申し訳ない気持ちがあって、
今世は夫婦に成っていました。
〈守るためです〉
 
このようにしてパニック障害的な物は
過去世に有ったことが原因していたと分かりました。
 
次男が犬を欲しがり
飼うことに成ったのですが、
 
犬も前世時に次男が飼っていたワンちゃんだと伝わりました。
 
全てが赤い糸で繋がっているのです。
 
前世時の友より
 
松山光稲
 
三十代の男性
 
将来の安定を考えて、
副業を昨年から始めました。
今では副業の方が収入が良くなっています。
副業の上司が本業は辞めて、
こちら一本にしろと強い口調で話しますが、
その上司を信じ切ることができません!
 
収入を考えれば本業を辞めてガッリ稼いだ方が良いのでしょうか?
 
鑑定は。
 
母方の祖母をキャッチしました。
 
(明るい天国にいますか?
 
・・・・・はい
 
(その村は,うすへいさんの村ですか?
 
・・・・・はい、ハァーイ、そうそう~
 
(そうですか。何か欲しいものは有りますか?
 
・・・・・うゥ➰ない、ない
 
(教えてください本業を辞めようと思っています。
 
・・・・・辞めなくってもよいよ~
 
(それは、なぜですか?
副業はいつまで  ?
その間にお金をためるのですね  ?
副業は何年続きますか?
 
・・・・・三年間
 
(副業の上司はやり手ですが感情の起伏が激し
いのは、
霊的な事はありますか?
 
・・・・・はい、前世五百年前
 
(仕事は何でしたか?
 
・・・・・遊廓
 
(えエ~遊廓の主人ですか?
 
・・・・・はい
 
(相談者はどんな立場でしょう?
 
・・・・・遊女で主人の女です
 
(では、現在の妻は居ましたか?
 
・・・・・はい、恋人
 
(三角関係でしたか?
 
・・・・・はい、
 
(そのお店はどうしたのでしょう?
 
・・・・・店は倒産して逃げました。
 
(相談者はどうしましたか?
 
・・・・・一緒に逃げました
 
(妻はどうしましたか?
 
・・・・・辛い思いをし別れました。
 
分かりました。
 
相談者は二度目の来店です。
新婚の妻と喧嘩をしてしまい仲直りがしたい
 
再婚なので二度と別れたくないから、
よい知恵は有りますか?
 
この事も相談されました。
 
ここが重要です。
 
副業の収入が良くなっていますが、
今まで培ってきた人脈のお陰です。
 
本人の努力の賜物ですが、
 
上司は高給料を取らせてやっているのだぞ~
と言わんばかりに責めてくるのです。
 
高給料なのだから、
高級時計を身に付けろ~
儲げていることを示し、ブランドを身に付けてセールスをしろ。
 
奥さんにブランドバックを買ってやれ、
 
本業を辞めて1本にしろ   等とやかましく言われます。
 
それだけ言える上司は
毎月百万の小遣いだそうですよ。
 
上司の前職は風俗業でしたから、
やり手経営者として幅広く店を構えて儲かっていたのです、、、
 
やくざに睨まれトラブルを起こしたので、
辞めたと話しています。
 
副業も一攫千金を狙うビジネスなので
上司は成功してますから、
商売の才能は優れていますね。
 
前世を探ると相談者、妻、上司と三人が居ました。
 
当時の仕事が遊廓です。今で言うと風俗業になりますから、
全く同じ事が起きていました。
 
遊廓の主人が上司です。
相談者が遊女です。
妻が恋人でした。
 
三角関係に成っていたのですが、
店は倒産して二人は逃げたそうです。
 
常に支えていたのが
恋人でした。
遊廓の掟ですから主人と別れることは出来なかったのでしょう?
 
恋人とは忍ぶ恋をしていたのですね。
 
今世は相談者が恋人だった妻と結ばれています。
 
妻も上司を気にするが、好きになれない
相手だそうです。
 
ここに前世での関わりが出るのでしょうね。
 
上司の性格は前世と変わらないので、
今世も身勝手な態度に振り回されていました。
 
これではいくら高給でも破滅してしまいます。
 
それを心配して亡くなった祖母が知らせてくれました。
 
副業はよい仕事なので三年は頑張りなさい、その後は離れなさいと伝えてくれたのです。
 
三年で前世の因縁解消が出きるのでしょう!
 
その後は上司と縁を切るそうです。
 
相談者は何となく女性的でした。
妻が男性的なサッパリタイプです。
 
交霊で三人の前世が分かりました。
 
副業は大元の創業者が大儲けしているので、
あと三年~五年で会社を解散すると話しているそうです。
 
霊界から言われた通りになりそうですよ。
 
新企画の副業は危険も有りますから、
いつでも辞められる様にしてくださいとお願いしました。
 
前世時の友より
 
松山光稲
 

五十代の男性

友人が亡く成りました。

幼なじみの男です。
金を貸していたが返済をしないで病気で亡くなってしまった。

 

女房、子供に迷惑をかけて家は抵当に入れ

ギャンブルをしては金を使っていた男です。

友人は天国に行けたのですか。



鑑定は

亡くなってから一年 経った友人をキャッチ出来ました。

(今、どこに居ますか、

 

・・・・・暗い部屋

(一人ですか、

 

・・・・・はい

(どうして暗い部屋にいるか分かりますか

 

・・・・・・はい

(神様はその場所に何年いる様にと言ってますか?

・・・・・・500年

(そんなに長く何故でしょう?

・・・・・前世でも同じ事をしたから

(会いたい人は居ますか、

・・・・・女房、子供に会って詫びたい、

(反省の部屋に行って

やっと自分が何の為に生まれて来たか悟りましたか、?

・・・・・はい

 

分かりました。

霊界から伝わったのは前世相談者と友達、妻も二人の友人、
三人は前世男同志の
友人だったのです。

その時も二人に助けられました

 

ここが重要です。


法律が罰しなくっても
 

神様は許さないのです。


亡くなった友人の今世のお役目は

お世話に成った人達にお返しの為の人生のはずが、、、

 

また、何度も同じ事をしてしまうのは

私たちの魂は成長しないのでしょう!

 

その為に生まれ変わるのですが、

反省のない魂は亡くなって、

    その後、地獄に落ちてしまうのです。


今でも亡くなった友人を恨んでいる人が多くいて、

苦しんでいます。

 

それは騙されて棄てられた女性です。
 

人生を変えさせられた人達です。

必ず罪は霊界で償うのですから、

暗い地獄に500年居ることに成りました。

 

 

 

前世時の友より

 

松山光稲