コールボックスとは | 東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
2018-09-06 11:02:17

コールボックスとは

テーマ:アンティーク豆知識

コールボックス/caol boxとは石炭入れのこと。
主に小ぶりなキャビネットタイプの石炭入れがそう呼ばれます。

 

18世紀後半までは木材が主な燃料でしたが、ヴィクトリア時代になると主な燃料は石炭になりました。料理やお風呂や暖炉など、家庭でも欠かせないものであり、通常はバックヤードなど屋外にまとめて常備されていて、そこから家の中に運び入れていました。

 

その時はコールバケツ/coal bucketまたはコールペイル/coal pailと呼ばれる持ち手が付いたものを使用しました。コールスカットル/coal scuttleという名も一般的で、「浅い鍋」を意味するラテン語Scutulaが由来とされています。スカットルに詰めた石炭をそのまま火元に入れられるように、シリンダー状の円錐の先を斜めに切った形をしています。

 

 

 

 

当時の上流階級の家庭では使用人を雇うことがステータスのひとつであり、家事はメイドたちに任されていました。メイドたちの朝は、重い石炭をスカットルいっぱいに詰めて家中に運び、暖炉に火を入れることから始まりました。

 

 

 

 

暖炉は高級品であり、その部屋は客間や寛ぎのスペースとして家具調度品も気を配っていました。そのため暖炉のそばに常備するコールボックスも装飾性に優れたものがつくられるようになりました。

 

 

 

 

石炭を見せないという利便性と蓋に装飾を施せることから、様々なデザインの蓋付きコールボックスがつくられました。

 

 

 

 

ヴィクトリア&アルバートミュージアム所蔵のコールボックスは、サテンウッドのマーケットリーが美しく施され、ミラーまで備え付けられています。単なる石炭入れの域を超え、美的価値のある高級家具として完成しています。

 

 

© Victoria and Albert Museum, London

 

 

そんなヴィクトリアンの暮らしを感じさせるコールボックスやスカットルは、現代の生活にどのようにコーディネートできるでしょうか。

 

パンカーダには葡萄とパウフィートの装飾性豊かなスカットルがあります。

玄関に置いて愛犬のお散歩アイテムを収納したり、ガーデニンググッズを仕舞ったり。マガジンラックのように新聞や雑誌を入れておくのもおもしろいかもしれません。

 

あるいはワインのボトルを入れてみたり。

 

 

 

パンカーダにあるボトルだと、ちょっと出てしまいました。

蓋が少し開いています・・。

 

 

 

 

http://pancada.net/item/subcategory_a/post_1611.html

 

アイデア次第で愉しくお使いいただけるアンティークアイテムです。

 

by A

 

 

 

東京の高級アンティーク家具店パンカーダさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]