株式会社 丸信 社長のブログ

株式会社 丸信 社長のブログ

株式会社丸信 代表取締役 平木洋二のブログ
包装資材販売、シール・ラベルの印刷、紙器印刷加工業を営む株式会社丸信の社長のブログです。


テーマ:

7、8年ぶりにもらった紹介状。

嬉しくない。


指摘されたのは「尿酸値」。

昔から高めではあったが、、

過去には軽めの痛風の発作も2、3度経験した。


尿酸値が高いと痛風や腎臓結石、最終的には腎臓病を引き起こす。

結構怖い。これは放置はできない。再検査行く時間を作らねば。

とりあえず昨日から水を多目に飲んでる。


検査で分かっただけ良かったと思わねば。


さて、


昨日は地元で道経会の勉強会。

仲間のA税理士に講話を頂いた。

多くの企業の経営危機を救った経験を持つ、企業の駆け込み寺とも言える方。

創業時のご苦労話から、倒産の危機救済の経験談。

興味深かった。その中で救えなかった企業さんの話には共感した。


なぜ救えなかったのか?


それは経理をブラックボックス化して月次の試算表が出ない、いや出さないのだ。

それでは流石のA先生でも打ち手が分からない。

粘って数字の開示をお願いしても、情報を隠されてしまったのだ。なぜ開示しないかでさえ分からない。

最終的には顧問を辞退するに至る。その後は不幸な結末に。


血液検査等の数値が分からなければ、どんな名医も適切な治療を施せない。


実はこの1年内に同業2社の経営を引き受けたのだが、当初いずれも月次の試算表が出なかった。1社はそもそも月次で締める習慣がなかった。これでは、外部から来た人間には打ち手が分からない。怖くて仕方ない。今がどういう状態であるかが分からないから。


M&Aの初期の難しさは「会計の統合」にあると知った。


今はなんとか、弊社経理担当役員の頑張りで、2社とも月次の試算表が翌月半ばまでにでるようになった。

コンパスと海図が揃ったので本当の舵取りはこれからだ。


丸信では会社全体と部門別の試算表が翌月の5営業日には「当たり前」のように出る。


実はこれが如何に有難いことか。


9月の試算表にいくつか問題が散見された。

当該部門長らに原因追求と対策の立案をお願いした。


月次の部門別試算表で様々な問題の予兆を掴み、早め早めに手を打っていく。

人間も企業もそれが長寿のコツではないか。


理想は各部門長が自部門の試算表から問題点を掴み、自ら積極的に手を打って行く、そんな組織。

もうそれは「免疫」や「抗体」の世界。

そうなれば、そうそう大病することはあるまい。


自分ももうすぐ50歳。

社内から次の社長を育てると宣言してから数年経つ。

もうそろそろ、そういう部門長が育たなければ道は遠い。









Ameba人気のブログ

Amebaトピックス